海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ザグレブ特派員ブログ > 地雷被害も懸念 洪水被害が拡大するバルカン半島

クロアチア/ザグレブ特派員ブログ 小坂井 真美

クロアチア・ザグレブ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月19日

地雷被害も懸念 洪水被害が拡大するバルカン半島


メール プリント もっと見る

地雷被害も懸念 洪水被害が拡大するバルカン半島

昨日お伝えさせていただいた バルカン半島の洪水被害。クロアチア国内のニュースでは、日曜日は1日中このニュースが流れていました。クロアチアのスラヴォニア地方(ボスニア・ヘルツェゴヴィナとの国境沿いの町や村)では被害は拡大しており、日曜日には多くの住民の避難・救助が行われました。

.
家族の故郷の村の近くのシャーマッツでも、まだまだ救助の数は足りないものの、少しずつ救助活動が行われているそうです。赤ん坊と2人、家に閉じ込められていた親戚も、今日スロベニアの救助隊に救出してもらったとの連絡が。家族みんながほっと一息つきました。しかし、一方でニュースではシャーマッツでも数名の死者が出たとの悲しいニュースも。本当に少しでも被害が最小限で済むことを祈るばかりです・・・。

(クロアチア・スラヴォニア地方の様子//出典:JutarnjiLIST

.
避難した人の多くは、身分証明書など最低限の携帯品を除いて、身ひとつで家を離れてきた人がほとんど。現在クロアチアでは学校などが避難所として利用されていますが、避難所には国内から寄付された様々な物資が集まってきています。クロアチアの赤十字や支援団体を通して集められたものの他にも、家にある食料や衣服、生活用品をかき集めて避難所に駆けつける一般市民の姿も。

.
そんな多くの人々の善意のおかげで、現在避難所では食料は足りているようですが、歯ブラシやシャンプー、トイレットペーパーなどの身の回りの品、また、赤ちゃん用のオムツ、ベビーパウダー、ベビーフードなど、ベビー用品が不足しているようです。また今後、長期保存できる缶詰などもたくさん必要になってくることが予想されています。


flooded zone.jpg

(今回の洪水被害のエリアを表した図。水色に染まった部分が洪水被害に遭った地域。
 作成者:Mirnes Kovac氏


この洪水被害がどこまで広がるのかまだ予想がつかない最悪の状態のバルカン半島ですが、今後、この洪水によって引き起こされる地雷被害も大きく懸念されています。ボスニア・ヘルツェゴヴィナをはじめ、今回洪水被害にあった地域にはまだたくさんの地雷が埋まっていますが、今回の洪水により一部の地雷が地中より流れ出てしまいました。(中には不発弾が家の前まで流れ着いたというケースも報告されています。)そのため瓦礫の中に地雷が紛れ込んでいる可能性があり、大変危険な状態となっています。ボスニア・ヘルツェゴヴィナ全土では、現在も9400箇所近くが地雷区域に指定され、約12万もの地雷が地中に埋まっていると言われてます。

.
その中には河川沿いに埋められたものも多く、今回の洪水で地雷区域が地すべりで動いたり、地中から地雷が流出してしまったのです。ボスニア・ヘルツェゴヴィナ政府は月曜日より地雷発掘操作を開始すると述べていますが、現在は泥水で水底の様子がわからず、今度水が引いた後も瓦礫に混ざった地雷による予想不可能な被害も懸念されています。

.
以前「平穏なボスナ川に残された戦争の足跡 」でもお伝えさせていただいたように、ボスニアのわが家の近くにも地雷による立ち入り禁止区域がありますが、そこも今回の洪水により地雷の位置が変わってしまった可能性があります。


(クロアチア・スラヴォニア地方の様子//出典:JutarnjiLIST


テレビから流れてくる故郷の悲惨な状況、悲しむ人々の姿を、家族みんなじっと見つめるしかありません・・・。見覚えのあるシマシマ柄の村の教会 も、通りも家もみんな水に浸かっていました。
「戦争ですべてを失って、やっと乗り越えたのに。一生懸命働いて少しずつ建て直した家をまた失ってしまった・・・。これから一体どうすればいいのか・・・。また全部なくなった・・・。」と泣き崩れる画面の向こうの女性。胸がつまり言葉がでてきません。

.
まだこれからどのような事態になるか予想がつきませんが、1日でも早く水が引き、少しでも多くの人が1日でも早く家に帰れることを祈るばかりです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 自然・風景
2014年5月19日
« 前の記事「家が浸水してしまいました...バルカン半島 過去最悪の洪水被害に」へ
»次の記事「「ありがとう日本」バルカン半島洪水被害 日本からの援助も届いています」 へ
おすすめ記事
    ザグレブ特派員 新着記事
    「世界一美しい夕日の町」に行って来ました
    お土産にもおすすめ♪毎日のマッサージに◎のボディオイル
    【現地レポート】大混雑のプリトヴィツェ湖群国立公園
    もうすぐ夏は終わり?ひんやりするザグレブ
    夏のクロアチア旅行は冷えにご用心
    注意喚起日本人観光客も被害に遭っています
    観光ハイシーズンを迎えたクロアチア
    青の洞窟だけじゃない!クロアチアにある『緑の洞窟』
    1年前の同じ月に投稿された記事
    絶品!ボリューム満点バルカンフード、のどかな風景を満喫!
    平穏なボスナ川に残された戦争の足跡
    ボスニアの小さな街に残るユーゴスラビアの影
    7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字を持つ、1つの国家
    国境を越えた里帰り クロアチアのお隣の国「ボスニア」へ

    ヨーロッパ 航空券情報


    クロアチア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■クロアチアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ザグレブ特派員

      ザグレブ特派員
      小坂井 真美
      学生時代にクロアチアに魅せられ、4年間で10回以上の渡航・短期滞在を繰り返す。2012年秋にザグレブに移住、現地より様々な情報を発信中。 クロアチア旅行に参考になる情報からザグレブでの生活模様まで、「アドリア海の真珠」 と呼ばれる美しいこの国を少しでも身近に感じていただけるようなお話をお伝えしてゆければと思います。個人ブログでもザグレブより色々発信中。
      facebook DISQUS ID @disqus_QZCpoDNYAi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集