海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ザグレブ特派員ブログ > 宿泊せずとも訪れたいザグレブの高級ホテル Espl...

クロアチア/ザグレブ特派員ブログ 小坂井 真美

クロアチア・ザグレブ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月30日

宿泊せずとも訪れたいザグレブの高級ホテル Esplanade Zagreb


宿泊せずとも訪れたいザグレブの高級ホテル Esplanade Zagreb

昨日、今月の特派員ブログのお題である「から揚げ」 についてお伝えしましたが、今日はもうひとつの今月のお題である「最近話題のホテル」についてお伝えします。


最近話題のホテル・・・というわけではありませんが、いつもザグレブで話題が尽きないホテル、街を代表するホテルといえば、やはりエスプラナーデ・ザグレブ


日本の様々なガイドブックにも掲載され、地球の歩き方でも「オリエント・エクスプレスの乗客のために1925年に建てられた。格調の高さと最新設備を合わせもつ。各国大使館主催のパーティー会場にもなる格式のあるホテル。」と紹介される、ザグレブを代表する5つ星ホテル。
(※地球の歩き方2013年~2014年版P.73には「リージェント・エスプラネード」と表記されていますが、正しくはエスプラナーデです)


オリエント急行がパリ=イスタンブール間を国際長距離列車としてかつて走っていた時代、オリエント急行に乗ってザグレブへやってくる乗客、主にヨーロッパの貴族や著名人たちが滞在するためのホテルとして、ザグレブの中央駅のすぐ隣に建てられた高級ホテルです。

(昔のホテルの様子。写真提供はEsplanade Zagreb)


ちなみにオリエント急行といえばアガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」の舞台としても有名ですが、なんでも殺人が起きたのはクロアチアなんだそう。


私はこの小説を読んだことがないのですが、Wikipediaによると・・・


「中東での仕事を終えたポアロは、イスタンブル発カレー行きのオリエント急行に乗り、ヨーロッパへの帰途につく。一等車両にはポアロの他、様々な職業、国の出身者が乗り合わせ、季節外れの満席となっていた。その中の1人、アメリカの富豪サミュエル・ラチェットがポアロを知り、話しかけてくる。それは脅迫状を受け、身の危険を感じ、ポアロに護衛を依頼する、というものだった。しかし、ポアロは興味を持たず、またラチェットに良い印象を持たず、これを断る。列車がヴィンコヴツィとブロドの間で積雪による吹き溜まりに突っ込み立ち往生する中、翌朝、ラチェットの死体が彼の寝室で発見される。」


ふむふむ。。。ヴィンコヴツィは現在のクロアチアの東北部に位置する都市で、ブロドはクロアチアの国境付近、ボスニア・ヘルツェゴヴィナに位置する町。確かにこの小説の殺人事件はクロアチアで起こっていたようです!もしこの小説を読んだことのある方なら、一層クロアチアやエスプラナーデを訪れるのにワクワク感が増しそうですね。ただし、「オリエント急行殺人事件」が発表された1934年、当時このあたりの地域は「クロアチア」も「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ」もなく、「ユーゴスラビア」というひとつの国でした。


そんなユーゴスラビア時代から、オリエント急行の乗客をはじめとした多くの人々や、ザグレブの街を見つめてきたエスプラナーデ。築80年近い建物は、2004年に全面改装されましたが、オリエント急行の乗客が宿泊していた頃の面影が所々残し、優雅かつ荘厳。歴史の感じられるとても素敵なホテルへと生まれ変わりました。落ち着いた優雅なロビーに入ったとたん、素敵なホテルステイの時間への期待度がぐっと増します。


ザグレブに家があるので残念ながら泊まったことはありませんが、知人などがホテルに泊まる際に何度か訪れるごとに「ここに泊まれるなんていいなぁ~」といつも羨ましく思います。
どのお部屋も広々としていて、とっても素敵!

(上の写真はSuperior Room)


(上の写真はDeluxe Room)


バスルームにあるアメニティもロキシタンで統一されています♪


クロアチアではバスタブがなくシャワーのみというところが多く、バスタブがあってもシャワーと同じというところがほとんどですが、エスプラナーデはやはり違います!広々としたバスタブとシャワーが別々になっているため、徒歩の観光が多いクロアチアの旅の疲れもじっくりと癒すことができます。


エスプラナーデ・ホテルの素敵なところは、優雅な空間だけではありません。5つ星ホテルであるのでもちろんサービスは一流ですが、ホテルスタッフがとてもフレンドリーで親切。例えば、ホテルからお目当ての観光地までの道順がわからなかったり、ザグレブでおすすめのレストランなどを尋ねると地図を片手に親切に教えてくれます。もちろん、滞在中に困ったことがあれば親切に対応してくれます。


長年このホテルで勤める女性スタッフの方は「エスプラナーデは私たちスタッフにとって大きな"家"のような存在です。スタッフは大きな"家族"のような存在。このホテルが大好きです。たくさんのスタッフが長年ここで続けて勤めていますし、中には親子2代・3代そろって勤めている人も。またいつもザグレブの人々と共にありたいという気持ちから、1年を通してコンサートなど、宿泊客でない方、地元の方でも参加して楽しんでいただける様々なイベントを開催しています。私も子供の頃から両親に連れられ、イベントや家族のお祝い事があるごとに家族みんなでこのホテルに集まりました。ここはお客様にとって居心地の良い、おくつろぎいただける空間、最高の思い出をご提供できる場でありたいという願いと共に、私たちスタッフにとっても特別な場所なのです。」とニッコリ。エスプラナーデは街を代表する老舗高級ホテルであるだけではなく、ザグレブっ子にも愛される特別なホテルなのです。


その歴史的背景や知名度より、宿泊しない人もひと目その姿を見ようと足を運ぶ方が多いザグレブのランドマーク的なこのホテル。外から眺めるのもいいですが、できることならやっぱり少しだけでもホテルでのひとときを実感してみたいですよね・・・!他に宿泊の予定があるという方は、食事、あるいは1杯のコーヒーやお茶だけでもエスプラナーデで楽しんで、プチ滞在を楽しんでみてはいかがでしょうか?

(お天気の良い日はテラス席で朝食を・・・!)


また、朝食もメニューが豊富でおいしいと評判のエスプラナーデ。もし朝食がついていないザグレブの他の宿に泊まる場合、朝食だけエスプラナーデで食べることが可能です。ブッフェメニュー他に、アラカルトでオムレツ、パンケーキ、スクランブルエッグなどのホットミールを注文することができます(ホットミールも朝食料金に含まれています)。そして、絞りたてのフレッシュジュース、コーヒー、紅茶、クロアチア産のスパークリングワインなどなど、飲み物も種類が豊富。朝からこんなに豪華でおいしい食事が食べられると、すごく幸せで贅沢な気分で1日がスタートできそうです!お天気の良い日はテラス席でぜひ・・・!


またホテル内にあるレストラン・Zinfandel's (ジンファンデルズ)でのランチやディナーもおすすめです。Zinfandel's についてはまた今度詳しくお伝えしますね♪


・~・Esplanade Zagreb(エスプラナーデ・ザグレブ)・~・


住所:Mihanoviceva ulica 1
TEL: +385 (0)1 456 6666
WEB:http://www.esplanade.hr/


※朝食はホテル内のレストラン・Zinfandel's (ジンファンデルズ)にて
月曜日~土曜日: 6:00-10:30
日曜日: 6:30-11:00
朝食のみの料金 : 大人お一人様 175クーナ※約3200円

(9月お題"最近話題のホテル")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 旅行・ツアー・ホテル
2014年9月30日
« 前の記事「クロアチアのレストランで迷ったらコレ・・・!」へ
»次の記事「プリトヴィッツェも!紅葉の季節がやってきました♪」 へ
ザグレブ特派員 新着記事
【クロアチア関連TV番組】2021年3月22日┃NHK2番組にて『クロアチアで続く東日本大震災の犠牲者の追悼ミサ』クローズアップ
冬のクロアチア観光のメリットとは?(クロアチア観光ベストシーズンは?)
地震にコロナとたいへんだけれど......もうすぐザグレブにも春が来ます
【重要】2020年4月中旬までのクロアチア旅行は今すぐ中止を
【速報】クロアチア:日本からの渡航者は14日間自主隔離!旅行計画は慎重に
ザグレブに春が近づいてきました
クロアチア発Twitter はじめました
【クロアチア】ガイド資格の取得と著書発売のお知らせ
1年前の同じ月に投稿された記事
ドゥブロヴニクっ子もおすすめのレストラン!豪快シーフード料理を抜群のロケーションで満喫
絶品! ドゥブロヴニクで1000年以上受け継がれるビターオレンジの砂糖漬けとジャム

ヨーロッパ 航空券情報


クロアチア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■クロアチアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ザグレブ特派員

    ザグレブ特派員
    小坂井 真美
    学生時代にクロアチアに魅せられ、4年間で10回以上の渡航・短期滞在を繰り返す。2012年秋にザグレブに移住、現地より様々な情報を発信中。 クロアチア旅行に参考になる情報からザグレブでの生活模様まで、「アドリア海の真珠」 と呼ばれる美しいこの国を少しでも身近に感じていただけるようなお話をお伝えしてゆければと思います。個人ブログでもザグレブより色々発信中。
    facebook DISQUS ID @disqus_QZCpoDNYAi

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集