海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 芸術の秋、ターナー賞がやって来た!

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年11月 1日

芸術の秋、ターナー賞がやって来た!


メール プリント もっと見る

芸術の秋、ターナー賞がやって来た!

イギリスの現代美術賞、ターナー賞(Turner Prize)をご存じでしょうか? 毎年、英国籍、あるいは英国在住で50歳未満のアーティストに贈られる現代美術賞です。1984年に創設された比較的新しい賞ではありますが、受賞作品の奇抜さが世間の物議をかもすこともあり、大きく報道されてイギリスの人々の注目を集める賞となっています。以前、このブログでもご紹介したことのある北東イングランドのシンボル、北の天使の像「エンジェル・オブ・ザ・ノース(Angel of the North) 」の作者アントニー・ゴームリー (Antony Gormley)氏もこの賞の受賞者です。


さて、このターナー賞、毎年、春に4人の候補者が選出され、秋から新年にかけてノミネート作品が一般公開されます。会場は、ロンドンの国立美術館テートブリテン(Tate Britain)。これまでに一度だけ、2007年にリバプールにある近代美術館テートリバプール(Tate Liverpool)で開催されたことはありますが、その年以外、ターナー賞候補作品の展示会がロンドンのテートブリテンを離れたことは一度もありませんでした。


P1030697z.jpg


ところが、今年、第28回めとなるターナー賞の展示会が、「エンジェル・オブ・ザ・ノース」のあるゲーツヘッド(Gateshead)の近代美術館ボルティック(Baltic Centre for Contemporary Art)で開催されることになりました。開催期間は、2011年10月21日から2012年1月8日まで。入館は無料(ただし、有料のイベントもあります。その詳細については、最後にご紹介するサイトをご覧ください)。これは、まさに千載一遇のチャンスと、早速、モダンアートの新進気鋭の旗手たちの作品鑑賞に出かけてきました。


P1030693z.jpg


ターナー賞展の展示会場は3階。写真撮影は禁止ですが、ターナー賞のノミネート作品の一部が使われているターナー賞展のポスターならいいのではと思ったもので......。


P1030704z.jpg


左から順に、カーラ・ブラック(KARLA BLACK)氏の作品。カーラ・ブラックさんは、1972年にスコットランドのアレクサンドリア(Alexandria)生まれ。グラスゴー美術大学(Glasgow School of Art)を卒業。グラスゴー在住の造形作家。

マーティン・ボイス(MARTIN BOYCE)氏の作品。マーティン・ボイスさんは、1967年、スコットランドのハミルトン(Hamilton)生まれ。グラスゴー美術大学(Glasgow School of Art)を卒業。グラスゴー在住の造形作家。

ヒラリー・ロイド(HILARY LLOYD)氏の作品。ヒラリー・ロイドさんは、1964年、イングランド、ヨークシャーのハリファックス(Halifax)生まれ。ニューキャスル・アポン・タイン・ポリテクニック(Newcastle upon Tyne Polytechnic)を卒業。映像作品を手がけています。ロンドン在住。

ジョージ・ショー(GEORGE SHAW)氏の作品。ジョージ・ショーさんは、1966年イングランドのコベントリー(Coventry)生まれ。シェフィールド・ポリテクニック(Sheffield Polytechnic)、及び、ロンドン・ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(Royal College of Art, London)を卒業。北デボン(North Devon)在住の画家。


鑑賞後の感想はと言うと、う~む。それぞれ、まさにコンテンポラリーアートの最先端の作品と言ったところ。ターナー賞の受賞者は12月の上旬に発表になります。ちなみに、ターナー賞の賞金は25,000ポンド(現在、1ポンドは120円ほど)。受賞しなかった候補3人にも 5,000ポンドずつの賞金が出るのだそうです。さて、この4人の候補の中から誰が受賞者に選ばれるのか、今年のターナー賞発表の日が待たれます。


BALTIC Centre for Contemporary Art
Gateshead Quays
South Shore Road
Gateshead
NE8 3BA


Tel: +44 (0)191 478 1810
Email: info@balticmill.com


開館時間: 10.00-18.00
火曜日のみ :10.30-18.00
入場は閉館の30分前まで


ボルティックのサイトhttp://www.balticmill.com/index.php
ターナー賞展についてのページhttp://www.balticmill.com/whatsOn/present/ExhibitionDetail.php?exhibID=148
ターナー賞のイベントのページhttp://www.balticmill.com/whatsOn/activities/index.php


今回の記事は、ギブソンみやこがお届けしました。
執筆者別に記事をご覧になりたい場合は、以下のリンクより執筆者別目次のページをご利用ください。
ギブソンみやこによる記事の目次はこちら 。ローランズ真弓による記事の目次はこちら

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2011年11月 1日
« 前の記事「帝京祭&日本語教室/Teikyo Festival 2011 & Japanese Lesson」へ
»次の記事「湖水地方「1657チョコレートハウス」のチョコレートドリンク」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    17年ぶりのスノーベンバー
    地元のヒーローが建てた「アラン・シアラー センター」を訪問
    「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」を見ていると
    グラスゴー特派員が2人になりました
    【ローランズ真弓執筆目次】

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集