海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > がんばれ。ラスベガス・マッキャラン空港

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月28日

がんばれ。ラスベガス・マッキャラン空港


メール プリント もっと見る

がんばれ。ラスベガス・マッキャラン空港




apt_5.jpg
マッキャラン空港で発着回数が1番多いサウスウェスト航空



ラスベガス・マッキャラン空港に新しいターミナルが加わります。
・・・とはいっても、まだ少し先の話でオープンは2012年の6月の予定。

現在は70%程度の進み具合ということで、パーキングやターミナルビルはだいぶ形になってきました。

apt_4.jpg
これが新ターミナル-Terminal 3。
最近のはやりなんでしょうか、屋根に角度のついたおしゃれっぽい建物。



apt_3.jpg
東西に一直線に伸びるターミナル。デトロイトの空港みたいに、中にモノレールが走るのかな。



apt_1.jpg
こちらはターミナルの裏側に位置するパーキングビル


ターミナル3が完成した暁には、国際線ゲート6ヶ所、国内線ゲート8ヶ所の、
合計14ゲートが新しく使えるようになる予定。

これによって1年間で6-700万人の旅客増加が見込まれるのだそうです。
現在はターミナル1・2あわせてゲートの数は104、そのうち国際線用は4ヶ所なので、
国際線ゲートは一気に倍以上になるわけですね。


またこのターミナルには税関・入国審査場も作られますが、ここでは1日に2000人をさばけるのだとか。



ここ数年飛行機の利用者が低迷する中、実は海外からラスベガスを訪れる旅客はわずかながら、増えているんですね。
なので、これからラスベガスへの訪問者をふやす鍵を握るのは、海外からのお客様ということになり、
観光局も「ラスベガスブランド」を宣伝しに世界各地へでかけており、玄関である空港も
キャパシティ強化で応えようということでしょう。

そんな背景のものと、先月、XLAirwaysによるパリ(シャルル・ドゴール空港)からの直行便が就航しています。
週2回、9月までの季節運行ですが、なんともうれしいニュースでした。

ちなみに、ヨーロッパからラスベガスへ乗り入れている直行便はBritish Airways(ロンドン・ヒースロー空港)、
Virgin Atlantic Airways(ロンドン・ガトウィック空港)、Condor(ドイツ・フランクフルト空港)。
国際空港という名前の割りには、ちょっと寂しいんですね。

このターミナル新設については、今のご時世、かかったコスト分の効果が出るのかなど、
懐疑的な意見も多いようですが、そこはラスベガスですから、まさにギャンブルに打って出たということでしょうか。


apt_2.jpg
がんばれ。マッキャラン空港。ラスベガスの将来は君の肩にかかっているんだよ。




【以前の記事】
*ラスベガスに降り立つ飛行機たち


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年6月28日
« 前の記事「ヘルシーなフローズンアイス登場」へ
»次の記事「ラスベガスの花火事情」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集