海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ラスベガスのハンバーガーは進化中① (smash ...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年2月28日

ラスベガスのハンバーガーは進化中① (smash burger・スマッシュバーガー)


メール プリント もっと見る

ラスベガスのハンバーガーは進化中① (smash burger・スマッシュバーガー)



最近のラスベガスは、人気のフレンチレストランがカジュアルなレストランに衣替えをしたり、
タパスレストランの人気が出てきたりと、料理も予算も軽めなのがトレンドになってきていますが、
手軽な食事の代表選手ともいえるハンバーガーも進化を始めているようで、
話題にのぼることが多くなりました。

たとえば、セレブシェフ達のレストラン - Bradley Ogden(シーザースパレス)や Hubert Kellerのfleur(マンダレイベイ)、
Laurent Tourondel の BLT Burger(ミラージュ)などでの和牛ビーフを使った高級感あふれるハンバーガーとか、
ニューヨークからやってきた老舗パブP.J.Clarke's(フォーラムショップス)、
各地のビールが揃えられた i ♥ burgers (パラッツオ)のオープンなど、
いまやハンバーガーと言えども、りっぱなメインディッシュのひとつとして、
新たな地位を確立したということでしょうか。
そういえば先日ご紹介した
フードトラック  にも、グルメバーガーと銘打ったトラックがありました。


burger_1.jpg

こちらはパラッツオのショッピングモールにある、名前がかわいい "i ♥ burgers" 。
モールの雰囲気に合わせて、ハンバーガー屋としては少しオシャレな店構え。




一方、庶民の味方-ファーストフード店も、目新しいお店が続々とオープンしています。


ミッドウェストからやってきたSteak'n Shake、コロラドからはsmash burger
そしてローカルによる新しいコンセプトのBachi Burgerなど、
それぞれ「よそとはちょっと違う」ってことで人気が出始めています。

今日は、昨年ラスベガスにやってきた "smash burger"をご紹介しましょう。

burger_11.gif


ネバダ大学の学生でにぎわう一角に現れたこのお店、実は不動の人気を誇るハンバーガーショップ、
In-N-Out Burger」のすぐ隣という強気なオープン。
それでも今のところ、お昼時ともなれば満員盛況となっています。


burger_4.jpg

他のファーストフードショップと比べると、シックな造りの店内。


オーダーを受けてから作り始めるバーガーは、冷凍でないお肉(アンガスビーフ)を使っているのが売り。
鉄板に重しでジュッと焼き付けて(smash)、グリルされます。
サイズは2種類、1/3パウンド(約150g)か1/2パウンド(約230g)。

メニューもいろいろあるのですが、お店のロケーションごとに(州ごとに)、
独自のバーガーがひとつあるのも特徴のようです。
ラスベガスだと、「Sin City smashburger」と名づけられて
目玉焼き・ベーコン・グリルしたオニオンなどが入ったバーガー。
(「Sin City」=歓楽地 ということで、ラスベガスの俗称なんです。)


これがサンディエゴになると、アボガドやサワークリームが入り、
ルイジアナではケイジャン風味のオニオンとなり、
ポテトの産地アイダホではポテトチップスが入ったバーガーになるんですよ。

burger_2.jpg

パンや野菜やトッピングを好きなように組み合わせて、自分だけのオリジナルバーガーを作ることもできます。


この日のオーダーはオールアメリカンバーガーと野菜のフライ。


burger_3.jpg



別料金で頼めるトッピングも、ピクルスのフライトとかチリとかいろいろあって、
これはマッシュルームのガーリックソテーを乗せてもらったもの。

野菜のフライはにんじん・グリーンアスパラ・インゲンなどがかりっと揚がり、
ほんのり甘みもあったりして、つけあわせとして食べるのにぴったり。
(このフライについてだけ言えば、おしいしいんですがちょっぴり割高感あり。)


ジューシーなお肉と新鮮な野菜で作られたここのバーガーは
プチ・グルメバーガー とでもいいましょうか。(笑)
やはりお隣のIn-N-Out Burgerに比べると、お値段高めの分、内容は充実しているなという感じです。
(ハンバーガー $4.99~。でもトッピング $0.49~ やフライ $1.99~、飲み物を頼めばすぐに$10前後になってしまいます。)

残念ながら、いまのところストリップにはお店がないのですが、
ネバダ大学周辺に足を運ぶ機会があったら、ぜひ立ち寄ってプチ・グルメバーガーを試してみて下さい。




人気ブログランキングへ                         Twitterボタン




View Larger Map

smash burger
4725 S Maryland Pkwy
Las Vegas, Nevada 89119
t.702-385-0043
10AM-10PM



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2011年2月28日
« 前の記事「ラスベガスのフードトラック事情」へ
»次の記事「ネオンサインの墓場があった!」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ラスベガスに降り立つ飛行機たち
    'I Love Vegas ' by オバマ大統領
    オバマ大統領がラスベガスへ
    ホールフーズマーケットで地元産の野菜を買うこと
    モニュメントバレーの景色

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集