海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > フリーモント・イーストの元気なフードトラック・イベ...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月11日

フリーモント・イーストの元気なフードトラック・イベント


メール プリント もっと見る

フリーモント・イーストの元気なフードトラック・イベント



vegasstreats_08.13.2011_12.jpg
人気のフードトラック "Slidin' Thru" オリジナルTシャツ - "I Truck Las Vegas"。


このところじわじわと増えつつあるフードトラック・イベントですが、中でも今年3月から始まった
月いちイベントの「Vegas StrEats!」は、コドモからオトナまで、毎回たくさんのフードトラックファンを集めています。


vegasstreats_08.13.2011.gif
'Street" と "Eats"をミックスした"Streats"ってうまいネーミング。


このイベントが行なわれているのは、ダウンタウン。

ダウンタウンといえば、ラスベガスの歴史を語る時にははずせない「フリーモント・ストリート」がありますが、
ラスベガス大通りをはさんで西側には、ご存知「フリーモント・エクスペリエンス」(アーケード天井の電飾ショー)が作られていて、
毎日たくさんの観光客の方々が訪れる場所となっています。

そして、大通りを渡った東側一帯「フリーモント・イースト」のエリアは西側の華やかさとは対照的に、
時が止まってしまったようなレストランや小さなモーテルなどが集まっていて、
治安もお世辞にもいいとは言えないエリアです。

それがここ1-2年で大分様子が変わってきているんですね。


vegasstreats_08.13.2011_13.jpg
正式にはこの通りを中心に「Fremont East District」と名づけられています。

西側をツーリスト・エリアとすると、東側は地元の人たちをターゲットに生まれ変わろうとしていまして、
ローカルを惹きつけるイベントがどんどん増えてきています。



そんなフリーモント・イーストで行なわれている「Vegas StrEats!」は、毎月1回土曜の夕方6時から深夜2時までのイベント。


vegasstreats_08.13.2011_02.jpg

会場はEl Cortezホテル前。
もともとパームツリーが並ぶ歩道があり、その一画をフェンスで仕切って会場にしています。
先月訪れた時は6時を少し回ったくらいだったのですが、すでに長蛇の列でした。


vegasstreats_08.13.2011_03.jpg


入場は無料。
場所柄、入り口ではセキュリティスタッフによるIDの確認と所持品検査があります。
「ナイフとかアブナイものは持ってないね?」とか聞かれるんですが、検査はわりとあっさりしてます。


この日はフードトラック9台と、ストリートウェアやタトゥーのお店が数軒。そして携帯電話販売店の宣伝ブースなど。

広い場所ではないので、夜遅くなるにつれて人ごみは膨れ上がりますが、早い時間はちょうど良い込み具合。



vegasstreats_08.13.2011_08.jpg
ラスベガスのフードトラック旋風のの先駆け、その名も「福バーガー」。
和風な味付けのハンバーガーで人気者。


vegasstreats_08.13.2011_04.jpg

ハンバーガーやスライダー(ちっちゃなサイズのハンバーガー)、サンドイッチ、シェイブアイスからコーヒートラックまで。
つまり、夕食・デザート・コーヒー、すべてフードトラックで楽しめてしまいます。
歩きながら食べるもよし、地面に座って食べるもよし。
この時間はコドモたちを連れた家族連れもたくさんみかけました。



こちらは地元アーティストによるアート・パフォーマンス。

vegasstreats_08.13.2011_10.jpg


いわゆる「グラフィティ」です。


一心不乱に取り組む青年。
ブラシから繰り出される色が少しづつ形を作っていくのを見ているのは、なかなか面白いです。


「グラフィティ」ってたいていの場合、あまりいいイメージがないと思います。

ラスベガスでも今年の春頃レッドロック・キャニオン(自然保護地区)のトレイル内で、
ペトログリフの刻まれた岩にグラフィティが描かれていたのがみつかって大きな問題になりましたが、
こんな風に、描きたい人に自由に描いてもらえるキャンバスを用意する機会をどんどん作ったら、
非常識きわまる描き手も減るんじゃないかと思ったり。
ギャラリーみたいな空間を作って、こういう作品を見てもらえればもっといいかもしれません。

vegasstreats_08.13.2011_09.jpg

「ローカル・アーティストへのサポートを!」・・・よく見るとSの文字がドルマーク($)に。(笑)
もちろんチップを入れる缶も用意されてます。


ライブ・ミュージックのステージもびっしり。
vegasstreats_08.13.2011_06.jpg


DJやストリート系パフォーマーに混ざって「KORABO」 というグループが登場しています。
これは、地元の和太鼓のグループ。
お腹の底まで響き渡るような力強い太鼓のパフォーマンスは、
思わず立ち止まってじっと見入る人たちも多かったですね。



マスメディアの話題にのぼることも頻繁になったストリートイベントですが、
この日はテレビ局のニュースチャンネルの取材も入っていました。

vegasstreats_08.13.2011_05.jpg



街の発展からちょっと置き去りにされていたようなエリアに吹き始めた新しい風。

この「Vegas StrEats!は、いくつもあるイベントのひとつですが、
こういった小さなイベントが徐々に成熟していき、この辺一帯がもう少し足を踏み入れやすい場所になることで
(たとえば、周辺の住民とイベントとの共生がうまくいって治安も向上するとか)
地元コミュニティだけではなく、観光客も呼び込めるアトラクションに育ってほしいと思っている人は少なくないないはず。
私もどんどん参加して応援していくつもりです。


■これまでの関連記事
ラスベガスのフードトラック、おいしく楽しく人気上昇中! [ Apr. 2011 ]
ラスベガスのフードトラック事情 [ Feb. 2011 ]




人気ブログランキングへ   Twitterボタン






記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術
2011年9月11日
« 前の記事「一味違う Jabbawockeez (ジャバウォッキーズ)のショー」へ
»次の記事「ベラージオ・秋のボタニカルガーデンは「園芸の達人」たちも登場」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識
    1年前の同じ月に投稿された記事
    小さくて静かな町:ブルーダイヤモンド
    スプリングス・プリザーブで初めてのムーンフェスティバル(中秋節のお祭り)
    ベラージオ・今年の秋の顔は・・・
    隠れた名所かも?ロストシティ博物館-Lost City Museum

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/19更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集