海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > 荒野の韓流タウンのみぞれ冷麺 マニラ世界の味めぐ...

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月10日

荒野の韓流タウンのみぞれ冷麺 マニラ世界の味めぐり番外編


メール プリント もっと見る

荒野の韓流タウンのみぞれ冷麺 マニラ世界の味めぐり番外編

料理としては歴史が浅く、完成された料理に乏しいフィリピン料理に飽き足らず、その国の、自国の人による自国の人の為の情熱料理を追い求める「マニラ世界の味めぐり」ですが、今回は番外編、先に御紹介した、クラーク経済特区のそばにある「荒野の韓流タウン」の、正に在比韓国人の為のレストランです。


乾いた暑い空っ風が吹く、この西部劇の街のような中にあって、この「みぞれ冷麺」は、まるでオアシスの泉の水といったところ。


韓流の薄味の中にもしっかりダシの効いたスープが「みぞれ状」になっており、一年中暑いフィリピンには最適。特にピナツホ火山の火山灰で乾いたこの地方にはピッタリです。


麺は腰のある黒麺で、みぞれスープとの相性は、酢じょうゆとトコロテンのごとし。


灼熱の外から入れると、冷房の効いた内側はまるでシェルターの様。


韓国料理店「アリラン」。旧フレンドシップ・ゲートの韓流やぐらのすぐそばです。
「荒野の韓流タウン」の記事も参照して下さい。
https://tokuhain.arukikata.co.jp/manila/2014/07/post_111.html

***************************************************************************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 天気・気候・気温 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2014年7月10日
« 前の記事「荒野の韓流タウン クラーク経済特区のベッドタウン」へ
»次の記事「アジア有数の国際的歓楽街: アンヘレスの昼の顔」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      Okada M.A.
      昭和生まれの元美術教師。フィリピンに来た当初は天然繊維製品の開発で各地の辺境を巡り、北は世界遺産の棚田で有名なイフガオ族の村から、南はイスラム文化圏のミンダナオの山中まで巡ってカルチャー・ショックを受けそのまま定住して10年以上。 現在は現地の外資系会社勤務で妻子あり。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集