海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > レゼンデ特派員ブログ > 最終回。ブラジルのかわいいものたち&ハンドメイド

ブラジル/レゼンデ特派員ブログ 小宮 華寿子

ブラジル・レゼンデ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年5月 7日

最終回。ブラジルのかわいいものたち&ハンドメイド


メール プリント もっと見る

最終回。ブラジルのかわいいものたち&ハンドメイド

DSC04352.JPG


最終回の記事は帰国してからになってしまいました。


ちなみにブラジルからの引っ越し荷物は船便で5~6か月もかかるのですよ。ですから半年前に荷物の半分を日本に送っておきました。今はその荷物だけで生活しています。


荷造り時には「こんなの買ったなあ」というものが次々と...。ブラジルで手に入れたお気に入りを一部ご紹介しますね。


DSC04431.JPG


例えば鉄製の工具箱。


DSC04529.JPG


家の修理に来た業者のおじさんが持っていた工具箱がかっこよくて、同じものを探して購入。


DSC03814.JPG


ブラジルではよく売られているホーローのカップ。プリントされた柄のチープ感がかわいいでしょう。


DSC04406.JPG


背面が鏡になっている壁掛け式の小さな飾り棚。これは家で使えると思いますが、


DSC04422.JPG


ポストはどうでしょうね。使い道があるかな?


動物グッズ


分類してみると最も多いものは、動物モノかもしれません。


DSC06837.JPG


ボニート(旅行記事はこちら )で購入した斜め掛けバッグとリュック。


エコツアーの地だけあり、使われなくなった郵便屋さんの袋を再利用して作られています。


DSC03763.JPG


ブラジルは野鳥の宝庫。美しくて大きなインコやオウム、それからハチドリなんかもマンションや学校の庭で身近に見ることがきでき、鳥グッズはかなり集まりました。


DSC04417.JPG


庭でニワトリを飼っている人も多く、工芸品のモチーフによく使われます。


DSC07158.JPG


馬もとても身近な動物。


DSC04527.JPG


これは子供がまたがって遊ぶおもちゃ。


DSC03767.JPG


どこでも買える手軽なおみやげのマグネット。アマゾンのピンクイルカ(旅行記事はこちら )には特に思い入れがあります。


教会グッズ


DSC07163.JPG


自分はキリスト教徒ではないのに、キリスト教グッズが妙にかわいく思えて。ブラジルは世界最大のキリスト教国家。日本人が考える宗教というよりもっと身近にもっとカジュアルにキリスト教のモチーフが街にあふれています。


DSC04444.JPG


首にかけたときに胸側と背中側の両方にキリストやマリアの絵がくるお守りネックレス。


DSC04451.JPG


キリスト教にはたくさんの聖人がいますが、ノッサセニョーラはブラジル独自の聖人。青い衣を纏った褐色のマリアで、ブラジル人から絶大な人気。


DSC04452.JPG


ノッサセニョーラのバックル。


DSC04328.JPG


石膏のノッサセニョーラ。型抜きされた石膏に色を塗るという趣味を楽しむ人たちがいて、その材料屋さんで買いました。


DSC04397.JPG


キリスト教で「平安」「従順」「聖霊」「教会」などのシンボルとして使われる鳩。鳩モチーフの雑貨や飾りもよく見かけました。


DSC03791.JPG


聖書を置く台。古道具屋さんで壊れているものを激安入手。溶接ができるブラジル人の友達に修理してもらい、溶接個所が目立たないよう自分で塗装。我が家に聖書はないのでiPad置き、もしくはレシピ置きに。


ブラジルのハンドメイド


DSC08764.JPG


ブラジルで出会ったかわいいものたちの中には、ハンドメイドがたくさん含まれます。


DSC09771.JPG


これは布製の花モチーフをつなぎ合わせた襟飾り。


DSC09749.JPG


クロッシェ(鍵編み)は女性に人気の趣味でもあります。


DSC05253.JPG


家の前の歩道に椅子を出しておしゃべりしながら一日編んでいたり。話しかければ「売ったりはしてないわ~。全部自分の家で使ってるの。他のも見る?」などと気さくに応じてくれます。


「手作り好きに悪い人はいない。ハンドメイド好き同士はすぐに心が通じあえる」とは私の手芸の師の言葉ですが、その通り!と何度も実感しました。


ブラジルの手芸店


手芸店がこれまた面白い。


DSC09466.JPG


日本ではユザワヤやハンズなど、1軒でなんでも揃う大型店があって便利ですね。


しかしブラジルは小さな専門店形式。材料事に店が違います。布を買う店、リボンを買う店、金具を買う店...。しかも店内を自分で見た限りでは、なかなか欲しい材料は見つからず、「こういうものはありますか?」と聞くと店の人が出してくれます(もしくは他の店を紹介してくれます)。


DSC00988.JPG


他のお客さんを見ていると、自分で店内を探すことなど初めからせず、入店と同時に「○○が欲しい」と店員さんに話しかけ、相談に乗ってもらいながら選んでいます。そもそも買い物は「会話」から始まるのです。


DSC00991.JPG


トールペインティングの材料店に関しては日本より品揃え豊富で立派でした。


DSC09758.JPG  DSC03788.JPG


この店で買った材料で私はデコパージュ初挑戦。裁縫箱や小物入れを作りました。


楽しかった習い事。毛糸刺繍


ブラジル生活後半は習い事をする余裕が少しできました。通ったのはポルトガルから伝わった毛糸刺繍の教室。


_DSC8260.jpg


ブラジルではタペストリー作り(Tapeçaria/タペサリア)と呼ばれています。刺繍糸よりもザクザク進みますし、なんといっても毛糸のポコポコ感が好き。


_DSC1059.jpg


下絵が描かれた地布に毛糸を刺していくので、目を数える必要もなく、教室ではおしゃべりに花が咲きます。子供の学校のママ友達とは違って年齢層は幅広い。どちらかというとおばあちゃんたちがほとんど。それがとても心地良かったのです。


先に習い始めた日本人のお友達が紹介してくれた教室。先生と生徒さん達は毎週、娘を待っていた母親のように私達を迎えてくれました。つたないポルトガル語を一生懸命聞いてくれて、ゆっくり何度でも話してくれて。


_DSC0915.jpg


下絵を描いてくれるのは先生のマルシア(Márcia)。マルシアは小学生の時に叔母さんから毛糸刺繍を教えてもらったそうで、47年間も作り続けています。


DSC00690-2.jpg


マルシアの作品の一つ。横幅が1.5mほどの大きなタペストリーです。教室では生徒たちが壁掛けのほか、クッションカバーやじゅうたんなど、思い思いの作品を作っています。


_DSC1005.jpg


まだ帰国したばかりですが、この教室での時間がたまらなく懐かしく、愛おしく感じられます。ブラジル人が使うサウダージ(saudade)という言葉、こんな気持ちなのではないでしょうか。


日本ではほとんど知られていないブラジルの毛糸刺繍の魅力。そして今回一部をご紹介したブラジルのハンドメイトや手芸店について、一冊の本にまとめることができたら!それがこれからの私の楽しみです。


ブラジルはレゼンデ、名も知られていない町からの発信にご興味を寄せてくださった皆様、約2年間ありがとうございました。またいつか、誌面でお会いできることを願っています。


フリー編集者・小宮華寿子


海外旅行(南米) ブログランキングへ


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術
2015年5月 7日
« 前の記事「暗中模索。ブラジルでの子育て」へ
おすすめ記事
    レゼンデ特派員 新着記事
    最終回。ブラジルのかわいいものたち&ハンドメイド
    暗中模索。ブラジルでの子育て
    リオのカーニバル★チャンピオンズパレード!!! 急遽行ってきました
    リオデジャネイロ州の澄んだ海!ブジオス&カボフリオ☆カーニバル休暇中のビーチは...
    ブラジルのイルミネーションと忘年会恒例ゲーム
    クリスマスバザー各所で。ふつうのおうちで開かれるバザーが楽しい!
    サンパウロのビーチUbatuba(ウバトゥバ)へ。ホスピタリティあふれる宿でした
    ブラジルのおもしろ学校行事。仮装で読書奨励?!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ビキニの国の水着工場!娘とおそろいの生地でセミオーダー
    雑貨を見ながら町一番のケーキが食べられる幸せ♡ショップ&カフェ「Blue Moon」

    ブラジル ツアー最安値


    2017/10/18更新

    ブラジル 航空券情報


    ブラジル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • レゼンデ特派員

      レゼンデ特派員
      小宮 華寿子
      ブラジル在住ライター。出版社編集部員を経てフリーランスに。アラスカの氷河の上からマニラの夜の歓楽街まで各地を取材して歩き、オーストラリアには1年滞在。2013年5月よりリオ・デ・ジャネイロ州レゼンデで家族と共に暮らし始めました。子供は3人。まったなしの育児のおかげで、ブラジルの常識に直面する毎日。大自然や手仕事を探す南米旅行情報を織り交ぜつつ、初心者ならではの新鮮な驚きを綴ります。ご連絡はこちら

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集