海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > アデレード特派員ブログ > 一時滞在ビザ保持者などにも申請資格、家賃補助金の申...

オーストラリア/アデレード特派員ブログ さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月 3日

一時滞在ビザ保持者などにも申請資格、家賃補助金の申請条件緩和(南オーストラリア州)


一時滞在ビザ保持者などにも申請資格、家賃補助金の申請条件緩和(南オーストラリア州)

オーストラリア国内(特にビクトリア州)での感染拡大にともない、ルールなどが日々変更となっています。必要に応じて最新の情報を入手されることをおすすめします。
現在、オーストラリア市民または永住権保持者以外の入国は基本的にはできませんので、ご注意ください。

アデレードヒルズにあるMt. Lofty植物園内ではこんな看板が
(ソーシャルディスタンスのルール:大人のカンガルーの大きさくらいに距離を置いてください)↓


118601831_1573702859504442_3144576859729225141_o.jpg



南オーストラリア州を管轄する在メルボルン日本国総領事館のウェブサイトより(2020年9月3日現在)
【ポイント】
●8月29日、南オーストラリア(SA)州政府は、最大1,000ドルの家賃補助金への申請条件を緩和しました。

8月28日現在、感染者数 25,448名(1月からの合計感染者数)

◇ 内訳
ニューサウスウェールズ州 4019名 クィーンズランド州 1113名、ビクトリア州 18,822名、南オートラリア州 463名、西オーストラリア州 655名、タスマニア州 230名、オーストラリア首都特別地域 113名、ノーザンテリトリー 33名

【本文】
1.8月29日(土)、SA州政府は、最大1,000ドルの家賃補助金への申請条件を緩和しました。これまで条件の一つであったJobKeeperやJobSeekerの受給が条件から除かれたことで、過去一年以上就労されていなかった方や、一時滞在ビザ保持者などにも申請資格が拡大されます。

2.申請資格
預金が5,000ドル以下で家賃が収入の30%以上を占めており、2020年3月30日以降、以下の条件のいずれか一つに当てはまる住宅の賃借人が対象となります。
(1)失業した方
(2)労働時間が20%以上短縮した方
(3)収入が20%以上減少した方
(4)個人事業を経営しており、事業が停止、または売上が20%以上減少した方

3.最大6ヶ月分の銀行口座や収入明細書の提出により審査が行われ、条件を満たしている場合、賃貸人に最大1,000ドルの補助金が支払われます。

4.家賃補助金は以下のリンクより申請できます。申請の締め切りは9月30日(水)です。
https://www.treasury.sa.gov.au/Growing-South-Australia/COVID-19

【参考情報】
SA州首相発表
https://www.premier.sa.gov.au/news/media-releases/news/more-sa-tenants-to-be-able-to-access-$1000-in-rent-relief

当館HP 新型コロナウイルス関連情報
https://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/novelcoronavirus_links.html



【参考リンク】 

日本とオーストラリア間の国際線のフライト情報やブリズベンで体調が悪くなった場合は、こちらも参考に ブリスベン特派員ちえさんの記事

 

メルボルンとアデレードで日本語で対応可能な旅行会社 (日本語 / 在メルボルン日本国総領事館のウェブサイトより)

 

オーストラリア観光局(日本語)

 

南オーストラリア州を管轄する在メルボルン日本国総領事館からの新型コロナウイルスの注意喚起(日本語)

 

オーストラリア政府による情報(英文)

 

SA Healthによる情報(英文)

 

World Health Organization(WHO / 英文)
 
オーストラリアの入出国などビザについて(英文)
 

★★いつもご愛読いただきありがとうございます。オーストラリアは刻々と情報が更新されています。常に最新のものを提供するように心がけておりますが、必要な際は必ず最新の情報を政府公式のウェブサイトなどでご確認ください。
世界で拡大している新型コロナウイルス感染症ですが一刻も早く終息し、またオーストラリアへ観光のための旅行者や留学生が再び来られる日が来ることを心から願っております。
また皆さまにおかれましてもくれぐれもご自愛くださいませ。★★
(文・フォト:さくら麻美/アデレード特派員)

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー
2020年9月 3日
« 前の記事「南オーストラリア州における自己隔離および検査受検支援金の導入、制限措置の一部緩和」へ
»次の記事「子供たちの夢はクリスマス、2020年はアデレード・オーバルで」 へ
アデレード特派員 新着記事
おすすめの飲料水は?(ポートリンカーン便り)
藤の花で彩られるアデレード(アデレード便り)
南オーストラリアではマスク必要?【covid-19関連】
夏になります!
安くておいしいマグロを見つけました!(ポートリンカーンより)
南オーストラリア州でとっても便利なサービス
南オーストラリアの現況【covid-19関連】
フィッシュの名前を持つ貝を探しに(ポートリンカーン便り)
1年前の同じ月に投稿された記事
朝メニューが午後も食べられて、スムージーも美味しいアデレードのカフェ
オーストラリアのビーチで新鮮な野菜とアボカドが絶妙な食感のオープンサンドはいかが?
緑に囲まれたアデレード内のカフェ「ザ・ガーデンズ・キオスク(The Garden's Kiosk)」でのサクサク パイが美味しかった
南オーストラリアのビーチから海の香りを楽しめる旬な話題

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アデレード特派員

    アデレード特派員
    さくら 麻美
    神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動をしていたが、2020年世界の情勢が変わったことから、それらの仕事の休止を余儀なくされ、そのタイミングでマインドフルネスと出会う。学びと実践を続け、瞑想協会認定講師となる。人の心と体を繋げ、自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして現在活動中。
    またアデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。
    プライベートでは、写真・音楽・ハイキング・キャンプ・スキー・クッキングを楽しむ。
    Instagram : asamikiduki
    公式サイト : 「こころの源石」
    公式ブログ : マインドフルネス・ガーデン DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集