海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.35 イタリアで車を運転する時にとっても重要...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月 3日

No.35 イタリアで車を運転する時にとっても重要な標識はこちらです


No.35 イタリアで車を運転する時にとっても重要な標識はこちらです

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。
イタリアで免許を取得してもうすぐ二年が経とうとしています。
イタリアでの運転にもようやく慣れてきたように感じる今日この頃。ただ縦列駐車だけは怖すぎて一人の時にはトライしたことがありません。
そう、停めるのはいいけど、出るのが怖いのです。
何が怖いかというと、前後に"後から"駐車してきた車の寄せっぷりです。
イタリアでも駐車スペースには白線、青線が引いてあり、自分の駐車場所は確保されているのですが、
そんな線は関係なしに完全オーバーして駐車する車が多くいます。
なので、駐車時には問題なくとも、出庫時に泣きをみる可能性が高い!
どこの駐車スペースも市内部はキッチキチなので、私の運転技術では冒険しないほうが身のため、ということで、
駐車は基本的に並列駐車ができる場所か、高級駐車場にて行うことにしています。

そして、マナーも違えばルールも違って、標識・表示ももちろん異なります。
駐車の仕方については以前のブログ、イタリア人ですら理解していない駐車に関する交通標識の見方をお教えします でもお伝えしましたが、
今日は道路を走るうえで基本的に絶対に覚えておいたほうが良い物を三つお伝えしますね。
ちなみに、日本で言う"止まれ"は、赤地に白文字で"STOP"と表記されていますので、見たらすぐにわかりますからご安心を。

IMG_20180615_150859-730x547.jpg
まずはこちら。
赤わく白べたの丸型標識。
これは、"このエリア、もしくはここから先のエリアは、通行できる車輛は制限されています"、という意味です。
ですので、このエリアを通行できる車両はあらかじめなんらかの許可を取得しています。
居住者であったり、通勤者であったり、はたまたそのエリアのホテルに宿泊する観光客であったり。
とっても見過ごしがちな標識です。町の中心地を観光される際はくれぐれもご注意くださいね。
ちなみに、この場合は、下に"バス以外は"とあります。よって、バスのみが通行可能となります。

IMG_20180615_150921-730x547.jpg
そしてこちらの標識達。
青い方はわかりやすく、右側にしか曲がれませんよ、ということ。
上の赤わく白べたの下三角標識。
これは、"あなたには道路に進入する際に優先権はありません"という意味です。
ですので、進入する車線に車輛が通行している場合は待つ必要があります。
そして、この標識とセットの道路標示がこちらです。
IMG_20180615_150929-730x547.jpg
薄い!薄すぎますが、見えるでしょうか? 道路の交差部にある白い三角形が?
これがあるときは「優先権はあなたにはありませんよ、進行車があるときは、この線で止まって待っていてくださいね」ということを記しています。

この表示を見ていただいてもわかるように、とにかく、道路表示はすべてが「薄い」。
見えないものがほとんどです。目を凝らして凝らして、うっすら見えるかな?という程度の物ばかりですので覚悟しておいてください。
あと、標識の量が半端なく多いです。重なるようにして設置されていて、
その上、落書きがあったり、折れ曲がっていたり、下向いていたり、という有様です。
すぐには判断ができないことがよくありますので、あまり飛ばしすぎずに、複雑な標識も見届けられるくらいの余裕をもって運転されることを固くお勧めします。

そしてこの標識を読解することは住民である私たちにとっても非常に難解です。
ご自身の前を走る車が標識読解のためにいきなり大減速したりもしますので、十分に車間距離も取ってくださいね。

イタリアでの旅にレンタカーがあればまた違う旅が楽しめます。
国際免許があればイタリアで乗用車は運転できますが、ルールの確認だけは前もって入念にしてくださいね。

では、またお会いしましょう。
A Presto.

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2018年10月 3日
« 前の記事「No.34 これは必見‼ Grotte di Flasassi:フラサッシ鍾乳洞へ行ってきました」へ
»次の記事「No.36 イタリアで車を運転する時にとってもとっても重要な標識はこちらです」 へ
おすすめ記事
アンコーナ特派員 新着記事
No.58 Tartufi marchigiani トリュフも有名なマルケ州。アックアラーニャまで
No.57 アドリア海でも波が立つ!アンコーナAnconaでSurfサーフィンライフ
No.56 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.1
No.55 Ancona で人気の高いAperitivo(アペリティーヴォ)スポットRAVA
No.54 Grazie mille! Ancona特派員として1年を迎えることが出来ました
No.53 マルケ州で栄誉あるワインの祭典 L'eccellenza delle Marche
No.52 義妹カップル主催の誕生日パーティはAmerican Bakery Jesiで
No.51 海辺の素敵なモニュメント、パセットエリアにある白い建物の正体は‥

イタリア ツアー最安値


2019/3/19更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集