海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.114 自宅でマルケ牛 Carne Mar...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月 4日

No.114 自宅でマルケ牛 Carne Marchigiana を堪能しました


No.114 自宅でマルケ牛 Carne Marchigiana を堪能しました

皆さん、おはようございます。
昨日から高気圧がはりだし、快晴のアンコーナです。
家に籠もりだして3週間以上が経ちました。
家の中だけで24時間過ごす生活にも慣れて、平坦ながらも今では快適すぎる毎日です。

そんな毎日にちょっとした楽しさを添えてくれるのが食事ですよね。
私は自分が料理するので「楽しさ」ではないですが、主人にとっては「楽しみ」のひとつ。
おいしいものを食べると幸せな気分になりますし、買い物も自由にできませんが、なるだけ食べたいものをいただくように工夫をしています。

さて、先週ですが主人が会社からの帰り道にある肉屋さんで大量の肉を購入してきてくれました。
この肉屋さん、以前、ブログでも紹介したお店です。
No.38 こんな暮らしをしています。イタリアの日常~Macelleria:お肉屋さん~編
外出制限があるにもかかわらず、肉屋さんには10人以上の待ち客がおり、彼も購入まで1時間待ったとか。
そうなんです。
ここの肉屋さん、肉を大きな塊から好きなサイズや重さで切り分けてくれたり、お願いしたら味つけまでしてくれるのです。
なので、どうしても時間がかかります。
主人が食べかったのは、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナのようなTボーンステーキ。
こちらの肉屋さんではマルケ州特産のマルキジャーナ牛をどどーんと売っています。
マルキジャーナ牛はビステッカ・アッラ・フィオレンティーナのキアーナ牛とロマニョーラ牛の勾配から生まれ種類で、味わいの濃い赤身が特徴的です。

20200327_191252.jpg

こちら。重さが870g。
持つだけでも重たい......。
初めてこの手の肉を買ってキッチンで焼いたときは、焼きが甘くて中が冷たいままで失敗しました。
が、そんな失敗をしてから、今は肉を買う時は必ず食べ方や焼き方のコツを肉屋さんに聞くようにしています。
以前、この肉を買ったとき「熱々の肉焼き用の鉄板に、表裏ともに4分ずつ焼いたらOK。塩コショウはあとからね」と伝えられていたので、そのとおりにしてこのとおり。

20200329_141256.jpg

20200329_141511.jpg

「はよ食べたい!」と急いで撮ったのでブレブレで申し訳ございません。
いい感じのミディアムで仕上がりました。
食べる前に塩と胡椒をガリガリと振りかけ、主人はそこのエキストラヴァージンオリーブオイルをダバーっと。
彼は脂身が大嫌いで、すべて取り除いて食べます。
私は少々の脂身大歓迎ですので、少しだけある脂身はそのままいただきますので、オリーブオイルはかけずで。
文句なしですばらしい味でした。
「肉」を食べている満足感でいっぱいです。

さて、この日、主人はこのステーキ肉をなんと2枚、そのほかにも大きめのサルシッチャを4本、鶏のもも肉を2枚購入してきたのです......。
20200403_130726.jpg

私は自分のためにもも肉を1枚焼いていただき、彼はなんとこのステーキ肉1枚をほぼひとりで完食しました。
この肉たち、合計でなんとたった€31=4000円程度。
自分の番になるまで1時間も列を作って並んだのだから、このくらい買いたくなった、買わなければいけなくなった主人の気持ちも理解できるというものです。
ちなみにほかの方たちはだいたい€100程度のお肉をどどんと購入されていたとのこと。
マメにお買い物に来られませんしね。冷凍しておけば長く食べれますし納得です。

ぜひマルケ州にマルケ牛を召しあがりにいらしてくださいね!

Buona gironara e Buon Weekend!
よい1日を、そしてよい週末を。Ci vediamo presto.



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
LOCOTABI ロコタビ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年4月 4日
« 前の記事「No.113 今日、2020年3月30日月曜のアンコーナからのブログです」へ
»次の記事「No.115 もうすぐPasqua(復活祭)がやってきます」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.121 シッビリーニ山脈麓にあるOsteria del lago へ
新型コロナウイルス:ローマ在日本大使館からの情報(2020年05月18日)
No.120 ムール貝(Cozze)は手頃で調理も簡単な上にアドリア海産
No.119 メイデーの5月1日はイタリアでは祝日です
No.118 春本番!あと少しあと少し!
No.117 Urbinoへ遠足してきました。Raffaello Degusteriaで特産品を
No.116 最近の毎日の様子......新型コロナウイルス緊急事態下です
No.115 もうすぐPasqua(復活祭)がやってきます
1年前の同じ月に投稿された記事
No.64 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.4
No.63 アンコーナ特派員ですがミラノ・サローネ:Salone del Mobileに行ってきました!
No.62 初見参、Marche州一番(私基準)のOUTLETショップunionmoda
No.61 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.3

イタリア ツアー最安値


2020/5/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集