海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アンコーナ特派員ブログ > No.132 サルディーニャ島での食日記(2日目...

イタリア/アンコーナ特派員ブログ 丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年8月10日

No.132 サルディーニャ島での食日記(2日目夕食 Cena da Su Cumbidu)


No.132 サルディーニャ島での食日記(2日目夕食 Cena da Su Cumbidu)

皆さん、こんにちは。
観光メインだった2日目の夕食は、前日に予約をしていたお店へ。
カリアリの中心地にあるお店の名前は 「Su cumbidu スークンビドゥ」で、港の近くにあるのにお肉料理しか提供していないという頑固なお店です。
位置的に観光客の方が多いですが、地元の人もいらっしゃっていました。

こちらのお店は、前のブログ でもお話した「Aressandro Borghese 4 ristranti」でのカリアリ編で紹介されていたお店のうちのひとつ。

20200719_213438_Resize.jpg

20200719_200234_Resize.jpg

19時半という早目の時間でしたので、お店はガランとしています。
20時を過ぎた頃には、外にある席は満員になり、店内ももう少しは埋まったかな?
やはり2020年の今年はかなり厳しそうですね。

Aressandro Borghese 4 ristrantiはちなみにどのような番組かというと、料理人であるAressandro Borgheseが各エリアでテーマによって選ばれた4つのレストランをめぐり、食事をして評価し、その中の勝者を競うというもの。
その食事をして評価するのは、Alessandroとその回に参加しているレストランオーナーたち。
3人のレストランオーナーとAlessandroが、ひとつのレストランに出向いて食事をし、メニューやサービスなどの4項目で点数をつけ、その合計点が最も点数が高かった店が優勝となります。
イタリアではかなり人気の高い番組のひとつです。

Su Cumbiduは残念ながら優勝はしませんでしたが、印象に残るお店でしたので、主人たっての希望で訪問することにしたのです。

20200719_200252_Resize.jpg

メニューはとても豊富でなかなか決めきれず。とにかくできるだけ地元色の強いものをオーダー。
前菜は「小さなポーションでいろいろと食べたい」というお願いをしたところ、「僕が考えるよ」とウエイターさんが行ってくださり、そのままお任せすることに。

20200719_202422_Resize.jpg

きのこや野菜の甘酢漬け。

20200719_202420_Resize.jpg

マルケ州でも内陸部ではよく食べられている(らしい)カタツムリ。これはおいしかった!

20200719_202430_Resize.jpg

豚の内臓を煮たもの。

20200719_202436_Resize.jpg

豚の肝臓を煮たもの。

これにプラスして、4種類の生ハムやペコリーノチーズなども出てきて、ああ、幸せ。

20200719_202417_Resize.jpg

ワインもサルディーニャの土着品種、Cagnulari カニュラーリ(グラシアーノ種)の赤ワインを。
聞くのも飲むのも初めてでしたが、少し冷やしてあって真夏でもスイスイ飲める。
タンニンもあるのですが、本土の赤ブドウ違ってタンニンがするりと喉を通るように感じられます。
いつも感じますが、やはりその土地で郷土料理をいただくなら、その土地のワインをいただくべきですね。
食事との相性のよさがまったく違います。

そして、前菜のあとにカメリエレ(ウエイター)さんがサービスで、と振る舞ってくださったのがこちら。
Casu marzu カースマルツーと呼ばれるチーズ。
なんと、チーズに蛆虫(ハエの幼虫)が入り込み、その摂食によって発酵が行われ、その独特の風味が味わえるというもの。話しには聞いたことはありましが、こんなところでサービスでいただけるとは!
不思議な甘みがあって、とーーーーってもおいしかったです。いくらでも食べられそう。癖もなくて。

20200719_202651_Resize.jpg

ちなみに、「虫はどうしたの?」と聞いたところ、基本的にチーズの上部にとどまっているらしく、簡単に取り分けることができるので、このお店では取り分けてから提供しているとか。
一緒に食べちゃうという方法もあるらしいです。

20200719_202658_Resize.jpg

前菜の次にオーダーしたのは、フレゴラというサルディーニャ独特のパスタ。
直径が3~5mm 程度の球型のパスタで、いろいろなソースとともに食べられます。
この日はシンプルにトマトソース。お肉も入っていたかな?
酸味がしっかりあって、おいしくいただきました。

20200719_205155_Resize.jpg

主人はメインも食べたいと、山羊肉のグリルをオーダー。
くさみもなくて、仔牛の肉によく似ています。

20200719_205151_Resize.jpg

はぁぁぁぁ。もうお腹いっぱい。

なのに、食いしん坊バロメーターがはちきれた主人は、ここぞとばかりにサルディーニャで最も有名なデザートをオーダー。

その名もセアダス。
パイ生地でサルデーニャ特産のペコリーノチーズを挟み、揚げた上に蜂蜜と柑橘類の削った皮をかけていただきます。
アツアツの上、中のチーズはトロリ......。
どう考えてもデザートとしてのボリュームを超え、完全に夕飯のひと皿です。
甘さは蜂蜜の自然な甘さのみですので、日本人の方の味覚にとっても合って、私もほんのひと口だけを食べましたが、すごく気に入りました。もっと食べたくても食べられない......。

20200719_211053_Resize.jpg

私はデザートはいらないよ、と言ったのですが、「サービスするから」と出されたシャーベット。

オレンジとレモンかな? とてもおいしかったです。ありがとうございます。20200719_210651_Resize.jpg

食事自慢のようになりましたが、どのお皿もすべておいしい。
1日目の魚料理もそうでしたが、味つけが日本人に向いていると実感しました。
量は多いですけどね。
こちらのお店の情報は下に記載しておきます。
ぜひ、ご旅行の際には足を向けられてみてはいかがでしょうか?

では、Buona giornata.

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Su Cumbidu
・Tel: +39070 670712
・住所:  Via Napoli, 13, 09124 Cagliari CA

・URL: https://www.sucumbidu.com/

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
HPでは手がけている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
LOCOTABI ロコタビ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2020年8月10日
« 前の記事「No.131 サルディーニャ島で夏休み2日目~Viaggio in Sardegna」へ
»次の記事「No.133 Fattoria Mancini ブドウ畑で楽しむアペリティーボ」 へ
アンコーナ特派員 新着記事
No.175 ちょっとびっくり!Green Pass グリーンパスを簡単に受領
No.175 6月21日(月)からホワイトゾーンになりました!
No.174 海辺暮らしの醍醐味、Orange Beach でお昼ご飯を
No.173 マルケ州でCovid 19 ワクチン接種しました
No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ
No.171 ピエモンテ州、アルプス山脈の麓のワイナリーへ
No.170 オリーブオイル搾油所 L'Olindaさん見学へ
No.169 エミリア ロマーニャのアグリツーリズムでのお昼ごはん
1年前の同じ月に投稿された記事
No.82 モンテコーネロの頂上La Cimaでビール片手にリラックス
No.81 地中海クルーズのMSCなど、なんとAncona港に寄港いたします
No.80 イタリアを代表する男性用ハイブランドの一つ"Lardini"はアンコーナが本社です
No.79 盛り上がってなんぼの夏!Festa三昧のイタリア生活

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アンコーナ特派員

    アンコーナ特派員
    丹羽 淳子
    イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集