海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > 空のペットボトルは、つぶさない & ラベル...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年7月20日

空のペットボトルは、つぶさない & ラベルをはがさないで!


メール プリント もっと見る

空のペットボトルは、つぶさない & ラベルをはがさないで!

前回の記事、「ドイツのペットボトルは、お店に返すとお金が戻ってきます」 の続きです。保証金(Pfand ファント) がかかっていて、空になったペットボトルやアルミ缶、ビール瓶を「お店に返す」には。


DSC_0949.JPG

ドイツのスーパーには、店内の一角に↑こんな感じの 「空ボトル回収機 (Leergutautomat レーアグートアウトマート) 」が設置してありますので、


DSC_0947.JPG

1、空のボトルを1本ずつ入れて
2、全部入れたらボタンを押すと、
3、返却したPfand分の合計金額とバーコードが印刷されたレシートのようなものが出てきますので、これをレジに持っていくと現金でPfandを返してくれます。 その他に買う物があれば、一緒に出せば合計金額を相殺してくれます。


ここでひとつ注意点! 機械に回収されるときには、ボトルについているバーコードが読み取られる必要があるので、
・ボトルはつぶさない!
・ラベルもはがさない!

これ、日本人は普段のクセでうっかりやりがちなので気を付けてくださいね。


ちなみに、スーパー以外で買ったボトルでも、上記のような回収機があれば保証金は却ってきますし、買った時と別のスーパーへ持ち込んでも(同じ商品を扱っていれば)問題ありません。


とはいえ旅行者は実際にはスーパーではなくて、駅の中のキオスクや、立ち食いのインビスなどでペットボトルやアルミ缶のドリンクを買うことがほとんどだと思います。そういう場合は原則としてはそのキオスクに返せば保証金は戻ってくることになりますが、これは実際には断られることが多いようです。


そしてもちろんベルリンの人たちも、みんながみんな100%空のボトルを回収機に持ちこんでいるわけではなく、そのへんのゴミ箱に入れる場合もあります。実はそれをゴミ箱から集めてスーパーで換金して、生活の足しにしている人も多いのです。


というわけで、旅行者がやむなく保証金付きのボトルをゴミ箱に捨てるのはOKなのですが、その場合には、つぶさずにラベルをつけたまま入れるようにしてくださいね。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ




☆ベルリンホームステイについてはこちら☆  女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇  空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2015年7月20日
« 前の記事「ドイツのペットボトルは、お店に返すとお金が戻ってきます」へ
»次の記事「ベルリンの街を歩く人のファッション」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    サマータイムもうすぐ終了!!10月最後の日曜日からは冬時間です
    一年中クリスマスのお店「ケーテ・ウォルファルト」はベルリンにもあります!
    クリスマスのお菓子、もうスーパーに並んでます♪
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーには「赤」もあるんです!
    ベルリンの壁、建設から崩壊までと今
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ベルリンで魚が食べたくなったら、朝市で!
    新ナショナルギャラリー、2015年からは改装のため閉館
    UバーンやSバーン乗車時は、路線図必携!
    Sバーン工事中! 8/4までベルリン中央駅には停車しません

    ドイツ ツアー最安値


    2017/11/18更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集