海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ボン特派員ブログ > シューマン夫妻のお墓はボンにあります。

ドイツ/ボン特派員ブログ 旧特派員 新井 麻里

ドイツ・ボン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月27日

シューマン夫妻のお墓はボンにあります。


シューマン夫妻のお墓はボンにあります。

ボンといえばベートーベンハウス が有名ですが、実はベートーベン以外にもボンにゆかりのある有名な音楽家がいます。ロベルト・シューマンとクララ・シューマンです。


ロベルトは誰もが知る作曲家ですが、彼の妻であるクララもまた天才的なピアニストとして有名でした。
彼女はシューマンが亡くなった後も精力的に彼の楽曲を演奏し続けました。


クララは最後の100マルク紙幣の肖像画にもなっています(亡くなった3年後から)。
clara-schumann-mark-thumb-7.jpg


その二人の墓がボンのAlter Friedhof という古い墓地にあります。


街の中心にある墓地は大きな木に囲まれ、厳かな雰囲気が漂っています。太陽の光が緑から差し込む墓地は異世界のようで、カメラマンもよく見かけます。


3ヘクタールある墓地の中心には小さな教会もあります。この墓地は特に影響力のあった人が埋葬される墓地で、墓地の入り口付近には著名人の墓がどこにあるかを示す地図があります。


アウグスト・マッケ、ベートーベンの母親やシラーの妻の墓もここにあります。
(その他の著名人はこちら (英語)をご参考ください)

Alter Friedhof4.JPG

もともとザクセン出身の二人ですが、ロベルトの希望でボンに引っ越しました。


ロベルトは晩年精神を病み、ボンにある精神病院に入りましたが、結局自殺をしてしまいました。

8人もの子供を一人で養わなければいけなくなったクララ(亡くなった当初、クララは妊娠中でした)は友人のブラームスに支えられながらも、大変な生活を送ったそうです。


ドイツではひとりにつき、ひとつの墓が基本ですが、二人は同じ墓で眠っています。


墓地の中でもひときわ大きな墓は白い大理石でできており、墓の上部にロベルトのレリーフが彫られており、クララがそれを見上げています。


バイオリンを弾く天使から、この墓が音楽家に関わるものだということが見て取れます。

春には花が芽吹き、大変美しいです。1856年にロベルトはこの墓に埋葬され、その40年後クララも埋葬されました。
schumann1.JPG


3月までは改修中で、幕の下に隠れていましたが、最近足を運びましたら、見られるようになっていました。

是非興味のある方は行ってみてください。日本とは全く違う趣の古い墓地を見に行くのも楽しいと思います。

ボンの中心地から歩いて10分ほどで到着します。

Alter Friedhof2.JPG


ちなみに現在ドイツでは25年あるいは30年しか墓地が貸し出されません。


なんとそれを過ぎると墓石が撤去されてしまいます。契約によってはさらに延長できるそうですが、先祖供養を大事にする日本人からすると、なんだか少しカルチャーショックを受けてしまいます。


Alter Friedhof3.JPG

住所:Bornheimer Straße 53113 Bonn
Stadt Bonn Amt für Friedhofsangelegenheiten
TEL: 0049 (0)228-77 42 56


開門時間
3月〜10月 7:00-20:00

11月〜2月 8:00-17:00


ドイツ(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2016年6月27日
« 前の記事「ケルン大聖堂を仰ぎ見ながら渡るホーエンツォレルン橋」へ
»次の記事「ドイツ料理Königin Pasteteのレシピ」 へ
ボン特派員 新着記事
ハンバーガー「BURGERMANUFAKTUR am Frankeuenbad」
Bonnの進化
ボンの状況
マスクについて
ドイツのクリスマスツリー
こんな時代のBonn生活
ボンから、あけましておめでとうございます
近郊の可愛い街のクリスマスマーケット

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボン特派員

    ボン特派員
    新井 麻里
    結婚を機に2015年3月ドイツに移住しました。現在は英日の翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に日本人観光客向けにガイドも行っています。おいしいもの、おしゃれなものに目がなく、いいものはないか、常に目を光らせています。ガイドとして、現地に住む日本人として、ボンやケルン周辺のおすすめを紹介します。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集