海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ボストン特派員ブログ > クラムシャックで地方料理のフライドクラムを

アメリカ/ボストン特派員ブログ リクター 桂子

アメリカ・ボストン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年7月 1日

クラムシャックで地方料理のフライドクラムを


メール プリント もっと見る

クラムシャックで地方料理のフライドクラムを

前回はロブスターシャック(ロブスター小屋)について 書きましたので、今回はもう一つのニューイングランドの夏の風物詩、クラムシャック(クラム小屋)について。


clamshack1.jpg

 

夏になりますと、ニューイングランド一帯のクラムシャックがオープンします。


ケープコッドのアーノルドのようにレストランのような規模のシャックから


clamshack2.jpg

 

屋外のピクニックテーブルしかない本当のシャック(小屋)まで


clamshack3.jpg

 

さまざまなスタイルがありますが、基本的にシャックはセルフサービス。紙皿の食べ物をプラスチックのフォークや手で食べるという気楽なスタイルのダイニングです。


ロブスターシャック ではゆでロブスターがメインですが、クラムシャックではロブスターはサンドイッチのオプションしかなく、メニューのほとんどは様々なシーフードのから揚げです。新鮮な材料を高温でカラッと、揚げたてが食べられるので、油物が苦手な私でもさくさく食べてしまいます♪


clamshack4.JPG

 

特にマサチューセッツ州でふんだんに取れるクラム(アサリのような二枚貝)や、ホタテの貝柱、ハドックというタラなどのフライがおすすめです!


ニューイングランドに移ってからフライド・クラム、生クラム、ロブスターロール。。。と初めて食べたものが多いのですが、どれもやみつきになる美味しさ。夏の楽しみです。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2013年7月 1日
« 前の記事「地元だからこそ、漁師小屋でロブスター!」へ
»次の記事「夏じゅうお得なイベント、フリー・ファン・フライデー」 へ
おすすめ記事
    ボストン特派員 新着記事
    9月、新学期が始まりました ノースイースタン大学スナップ
    ペイトリオッツ スーパーボール優勝!祝賀パレードのお知らせ
    トランプ新大統領と反対デモ活動
    ハーバード自然博物館に行ってみました
    ビアードパパ シュークリーム屋さんがボストンにもオープン
    6月半ばのバックベイ ボストン街角スナップ
    ボストンからニューヨークまでアムトラックで
    ボストンは今日も雪です

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/25更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ボストン特派員

      ボストン特派員
      リクター 桂子
      小学生の頃から海外で育ち、アメリカ生活も20年以上になります。日本語と英語の他にスペイン語とチェコ語も少しできます。2012年からボストン在住。ITが仕事兼趣味で、旅行が生き甲斐です。他にも美味しい物、アート、アウトドアが大好き!何でも掘り下げてリサーチしてしまうのが癖です。ボストンのさまざまな魅力を発信していきます!ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集