海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 失礼極まりない?アルゼンチン人の電話対応

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月 9日

失礼極まりない?アルゼンチン人の電話対応


メール プリント もっと見る

失礼極まりない?アルゼンチン人の電話対応





telefono.jpg





アルゼンチンで、いくつかのカルチャーショックを経験しましたが、
中でも衝撃的なのは「電話対応」です。


私たち日本人の場合、


   「もしもし、○○です。どちら様でしょうか」
   「もしもし、▲▲ですが□□さんはいらっしゃいますか」



あるいは


   「もしもし、▲▲ですが○○さんのお宅でしょうか」


このようなやり取りがあるのが普通だと思います。
でも、ここアルゼンチンの場合はそうではありません。
日本人からすれば驚くほど 失礼極まりない のです。




ある日の電話。


   私 「Hola? (もしもし)」
   相手「¿Quién habla? (あなた誰?)」



それはこっちのセリフだっつーの。




別の日の電話。


   私 「Hola? (もしもし)」
   相手「¿Es Ana? (あなた、アナ?)」
   私 「¿Se ha equivocado de número? (番号をお間違えではないですか?)」
   相手「・・・ガチャン!」



"すみません"くらい言えないの?




また別の日の電話


   私 「Hola? (もしもし)」
   相手「Miriam? (ミリアム?)」
   私 「(Miriamって、大家さんのことだわ)
      No soy, pero ella es...(いいえ違います、でも彼女なら..)」
   相手「ガチャン!」



話は最後まで聞けよ・・・。




アルゼンチン人は普段、とても礼儀正しく振る舞います。
バスの中で誰かにぶつかってしまった時にはきちんと謝るし、
買い物をする時には、お客さんの方もお店の人に対してありがとうと言います。
そんな礼儀正しい人たちなのに、電話対応はなんて失礼なのかしら!
と、最初のうちは思っていたのですが、
それは私が、自国のものさしでしか物事を捉えようとしていなかったから。
私たち日本人の感覚では、失礼極まりないやり取りに思えても、
おおらかなアルゼンチン人にとっては、ごくごく普通のこと。
だから最近は、「あなた誰?」なんて訊かれても、
「A ver, adivina quién soy! (さあ、私が誰だか当ててみて!)」なんてやり返したり。
我が家にかかってくる間違い電話が、楽しみだったりするのです。


でも先日、間違い電話ではなく、犯罪の臭いプンプンの電話がかかってきました。
その話は「特派員は見た!」 にて、またご紹介することにしますが、
スペイン語を全く話すことが出来なかった2年前なら
電話でのこんなやり取りも出来なかったなーなんて、
自分の成長(?)に、ちょっぴり嬉しくなる私なのでした。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年6月 9日
« 前の記事「骨董市で買うなら,日系の高級磁器メーカー*Porcelanas TSUJI」へ
»次の記事「ブエノスアイレス近郊の旅〜州都ラ・プラタ市〜」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集