海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > エセイサ国際空港からブエノスアイレス市内への行き方...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年1月11日

エセイサ国際空港からブエノスアイレス市内への行き方(2)タクシー/レミスの場合


エセイサ国際空港からブエノスアイレス市内への行き方(2)タクシー/レミスの場合

ブエノスアイレス市内への行き方(2)

  約一日半の旅の後、飛行機を降りてああ!やっとブエノスアイレスに着いたと思ったら、実はアルゼンチン、ブエノスアイレスの国際空港エセイサEzeizaに着いただけなのです。正式にはブエノスアイレスはブエノスアイレスでもブエノスアイレス州エセイサ市にある空港に着きました。

 ですから、写真のようなブエノスアイレスの町まで出る必要がありますので、もうひと頑張りです! 南米の各地に比べてブエノスアイレス国際空港は市内まで結構時間がかかります。距離の問題だけではなく、入国の手続き、荷物が出るのが遅いのと、また税関で一人一人のチェックが原因です。(詳しくは前の記事「ブエノスアイレスへの行き方」参照) P6031017.JPG


 私は空港へお迎えする場合、ファーストクラス、そして預け荷物のピックアップなしの方でなければ、到着時間から1時間ぐらいで空港内で合流することができると計算します。(たまに1時間半以上かかる人もいます)
市内のホテルで合流の場合は、約2時間後と計算します。

 アルゼンチンでは飛行機の発着が「遅れる」ことは普通ですので、お迎えなどを手配していても、飛行機が遅れればそのまま待っていますから便名などの変更がない限り、連絡!!!!などと慌てなくても大丈夫です。まあ、1時間前後は皆 普通のことと考えています。
なお、2013月1月 現在真夏でバケーションシーズンのため、結構空港は混雑しています。
さて、今回は国際空港から市内までの行き方第二弾です。

第一弾はこちらから (1)リムジンバス
ちなみにただいまのドルの両替公定レートは 1ドル=4.9ペソです。値段は物価の変動により変わりますので、この記事の日付現在の目安でお考えください。

2)車移動の場合


a) エセイサ タクシーEzeiza Taxi


((申込場所))
大部分の国際線が発着するAターミナル到着ゲートからの場合、

税関を終了し、晴れて解放されて最初の自動ドアを出たら、
もう一度 自動ドアがあるところを出ます。

そこから 左に出て、右、右に出たら、左に行った、空港ホール中央にあります。
窓口で 行き先を言って、もしくは住所などの紙を見せれば
いくらと言われますので、それを支払えばいいです。先払いですので、安心です。

空港の建物外に出たら、まっすぐ行くと エセイサタクシーと出ている白いタクシーに
支払ったチケットを見せて、乗ることができます。

((運行))
国際空港から24時間運行

((到着場所)) 

自由、行き先を言えばいいです。

なお、ブエノスアイレスの場所に寄っては料金が変わります。


((料金))

 2013年 1月現在 220ペソ (約45ドル)です。


((所要時間))
 市内目的地まで約40 分から1時間 

b) レミス Remis  (ハイヤー)

((申込場所))
大部分の国際線が発着するAターミナル到着ゲートからの場合、
税関を終了し、晴れて解放されて最初の自動ドアを出たら、すぐ左手のカウンターで
申し込むことができます。###荷物をあまり気にしなくて便利 です
もう一度 自動ドアがあるところを出てしまったら、左側に出て、また左側の奥へ
行ってください。同じ窓口の外側の場所になります。

もしくは2回の自動ドアを出てから、レミスカウンターへ。

((料金))

 前払い。現金(アルゼンチンペソ、米ドル)、クレジットカードで支払い可能
 2013年 1月現在 220ペソから300ペソ、45ドルから60ドルぐらいです(会社や車両、距離により違います)


((所要時間))
 市内目的地まで約40 分から1時間 

c) 契約車 (空港出迎え)

   旅行会社などに事前に 出迎えを依頼するものです。
   空港についたら、係員が お名前や会社名またはホテルの看板を持って
   お迎えに出ています。もしくはあらかじめ写真などを交換します。
  ほとんどの旅行社などで行っていますので、事前に相談したらいいでしょう。

   ((申込場所))

出発前に メイルや電話などで依頼。

税関を終了し、晴れて解放されて最初の自動ドアを出たら、
もう一度 自動ドアがあるところを出ます。

そこから 左に出るか、右に出るかなど 打ち合わせしておくと安心です。

((運行))
 到着便によって時間を指定

((到着場所)) 

行き先をあらかじめ決めておけるので、運転手は分かっています。ことばの心配なし。

((料金))

2013年 1月現在 220ペソ程度から、45ドルから150ドルぐらいです(会社や車両、距離により違います)

ただし、日本語ガイドなどお願いしますと、別途料金です。もちろんその方が便利です。
上記 ホテルや目的地までの移動のみとお考えください。

((所要時間))
 市内目的地まで約40 分から1時間 


TOMOKOのお薦め1

 2013年1月から2月 夏季プロモーションにて、
 フアン
カルロス スプリンター社

https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2013/01/post_237.html
では
 お一人の場合は 40ドル、お二人から三人は50ドル です。
 (目的地は原則一つですが、場所によっては問題ないので相談可能。
  国内空港アエロパルケも同料金です)
 それ以上はご相談ください。 
 連絡はこちらから
 スペイン語/英語/日本語で 到着前に
 依頼可能です。到着日時、便名、お名前(ローマ字でも)
 目的地などの情報を添えて依頼してください。また観光や出張の会社訪問などと
 レミス専用車利用としてコンビネーションで依頼することも可能です。もちろん
 市内から空港までも可能です。


TOMOKOのお薦め2

エセイサ空港からブエノスアイレス市の途中の左側に
AFAという看板がありますが、これは アルゼンチンサッカー協会で、
アルゼンチン代表が練習するグラウンドが見えます。注意してみてね!
もしくは運転手に メッシ!などと言うと、指差してシーSi 「そう」と
言ってくれるでしょう!
空港出て、すぐですからカメラをご用意ください。

((ランキング参加中です==他にも楽しい関連旅行/現地情報ありますよ!))
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2013年1月11日
« 前の記事「ブエノスアイレスのお気に入り「鳥がなる木」」へ
»次の記事「やっぱり氷河 ペリト モレノの醍醐味(1)展望台から眺める」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    #ユースオリンピック ブエノスアイレス2018日本初の金メダル・フェンシング上野優佳選手おめでとうございます!
    #ユースオリンピック #日本代表 歓迎レセプション
    #ユース五輪 未来への若者の展望とTOYOTA
    ブエノスアイレスからラプラタ河を越えて国境を越え、ウルグアイへ 
    #Buenosaires2018 オリンピック聖火リレーで日本のTOYOTA車Hiluxが大活躍!
    何でもあるパレルモのイタリア広場近くの「ガレオン」
    #BuenosAires2018 ‏ユースオリンピックお薦め写真スポット!
    9月13日午前0時10分過ぎNHKラジオ深夜便(NHKラジオ第一)「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      相川 知子
      1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集