海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > カーディフ特派員ブログ > St David Day(セントデイビッドデー)と...

イギリス/カーディフ特派員ブログ Mari

イギリス・カーディフ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年3月 3日

St David Day(セントデイビッドデー)と行列ができることがあるWelsh Cake(ウェルシュケーキ)のお店「Bakestones」(ベイクストーンズ)


メール プリント もっと見る

St David Day(セントデイビッドデー)と行列ができることがあるWelsh Cake(ウェルシュ...

事後報告になりますが、31日はSt David Dayでした。

 

St Davidはウェールズの守護聖人のことで、St David Day12世紀からお祝いされているウェールズの記念日です。

 

子供たちは学校で、ウェールズの伝統衣装を着たり、ウェールズ音楽フェスティバルやったり、楽しい行事があるそうですが、大人にとっては祝日になるわけでもなくただお祝いをするだけだそうです。

 

では大人たちはどのようにお祝いをするのか聞いてみたところ、国花であるDaffodil(ダフォディル)(ラッパ水仙のこと)や、国章であるLeek(リーク)(西洋ネギのこと)のブローチを身につけるそうです。

 

 

 

IMG_0332.JPGのサムネール画像

 

国花であるDaffodil(ダフォディル)(ラッパ水仙のこと)

 

 

2016.2.27.IMG_0351.JPG

 

国章であるLeek(リーク)(西洋ネギのこと)

 

 

  

2016.3.1_0382.JPG

 

確かにこのDaffodilのブローチを胸につけている人は、しばしば見かけます。

そして、ウェールズの護衛官のバズビー(毛皮製の高帽)にはLeekの飾りがついているそうです。

 

 

 

 

2016.02.27.IMG_0356.JPG

 

ウェールズといえば、これ!!といった感じで、DaffodilLeekはたびたび登場するアイテムで、ラグビーの国際試合の際には、こんなグッズで応援する人がたくさんいます。

 

 

 

私が感じるところでは、このSt David Dayは「ウェールズ人としての誇り」を確認する日なのかな・・・と思います。去年のSt David Dayに街を歩いていたら、ご老人に声をかけられ、長々とSt David Dayについて説明されたことがありました。

 

 

 

それからもう1つ、St David Dayには、ウェールズの伝統菓子であるWelsh Cakeも食べるそうなので、美味しいお店を紹介したいと思います。

 

 

 

2016.02.27.IMG_0282.JPG

 

【お店の外観】

 

カーディフセントラルマーケットの中にある「Bakestones(ベイクストーンズ)というお店です。

このお店は学校が休みの日など、街が賑わう日には行列ができていることがあります。

 

 

ホームメードケーキのお店で、Welsh Cakeはその場で作って売っていて、作っているところを見ることができます。

 

 

2016.02.27.IMG_0275.JPG

 

トラディショナル、プレーン、ジャムなどウェルシュケーキだけでもたくさんの種類が売られています。

 

 

 

2016.02.27.IMG_0287.JPG

 

上:トラディショナル(レーズンが入っています)

左:チョコレートチップ

右:ジャム

の3種類を買ってみました。

 

 

甘さは控えめで、スコーンとホットケーキの中間のような、口の中でほろほろっと崩れるような食感です。

 

他のお客さんがどれを買うのか、しばらく眺めていたところ、どうやら一番人気はチョコレートチップのようでした。(この3種類の中では私も同感です)

 

 

地元の人曰く、出来立てが一番美味しいとのことで、冷めたらレンジで少し温めると良いと言われました。スーパーで売られている既製品のものとは比べ物にならない美味しさだったので、ぜひ、ウェールズにご旅行の際には、出来立てのものを試してみて下さいね。

 

 

 

Bakestones(ベイクストーンズ)】

Cardiff Central Market

St Mary Street,Cardiff CF10 1AU

営業時間:月~土8001730日曜日は休み

 

パンケーキを購入したお店と同じです。

 

パンケーキについての記事はコチラ をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2016年3月 3日
« 前の記事「シティセンターの美味しいインド料理レストラン「Juboraj」(ジュボラジ)」へ
»次の記事「【3月のお題:変な日本食】焼きそば??」 へ
おすすめ記事
    カーディフ特派員 新着記事
    美味しいカレー屋さんを発見!【Mint and Mustard(ミントアンドマスタード)】
    チケットは取れなかったけど・・・楽しかった!【サッカー】UEFAチャンピオンズリーグファイナル
    見るだけでも楽しい!クリスマス用品を買うならココ!【John Lewis】
    遅ればせながら・・・【テニス】ATPワールドツアーファイナル 私の観戦計画
    カーディフはクリスマスムードでいっぱいです♪
    デリカテッセン「Wally's(ウォーリーズ)」で探すウェールズのお土産
    街中が物語の世界に包まれた「ロアルド・ダール生誕100年イベント」
    食事が美味しいウィーン風コーヒーハウス「Wally's(ウォーリーズ)」

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/18更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • カーディフ特派員

      カーディフ特派員
      Mari
      短大卒業後、ある企業の経理課で12年半、税理士事務所で3年勤務した後、夫の転勤に同行するため退職。2010年夏より香港で生活。さらに転勤になり2014年春からウェールズの首都カーディフで生活を始め現在に至る。手探り状態での生活ながらも、現地情報サイトを参考に美味しいお店や楽しい場所を探すのが今の楽しみ。 DISQUS ID @disqus_vTq6MMilce

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集