海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フィレンツェ特派員ブログ > 先日あったショックな出来事・・・皆様もお気をつけく...

イタリア/フィレンツェ特派員ブログ 旧特派員 カンポルミ寛子

イタリア・フィレンツェ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年3月 6日

先日あったショックな出来事・・・皆様もお気をつけください〜〜


先日あったショックな出来事・・・皆様もお気をつけください〜〜


 先日のコチラ の突然旅、本当に楽しかったんですー!


 この旅行に誘ってくれた日本から来ていた友達の身に起こった事なのですが・・・

 買い物をしようとしたら財布が「忽然と消えていた!!」


のです・・・。


 しかも、その現場にず〜〜っと私も居たのでそのショックさと言えば
尋常ではありませんでした。


 なくなったのに気付いたのは某高級旅行鞄店。


10日以上前から予約をしていた高価なミニカート。
その鞄の中身をチェックして「では、これで」と
支払いをしようとしたとたん・・・

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ない!ない!ない〜〜〜〜!!!!!


本当に夢かと思いました。

なぜなら、ず〜っと一緒に居ましたし、
どこを歩いているときも全く人と接触した瞬間がなかったので
狐につままれているとしか・・・


 
 ただ、唯一一緒に居なかった瞬間があったのが、
とある主要広場の角にある有名バールのトイレ。


 友人は我々親子よりも先に降りて、地下のトイレに行きました。
そこには「50セント」と書いた透明のボックスが置いてあり、
彼女は小銭を探しにお財布を出しました。


 そこに50セントがなかった為に、私に借りようと
上に行き始めたらしいのですが、
その係の女性が呼び止めて

「入って良いよ」的な事を言ったのだとか。


彼女は言われるがままに入ったのですが、
その時になにかされたかという感覚等はなかった・・・

と、言うくらい何も感じなかったとか。

その後に私が娘とトイレに行く為に行ったのですが、
「私はここの客なのにお金を払うのか?」

と、聞くと

「どうぞ、どうぞ」と入れてくれ普通に用を足して
中に居たのはわかっていたので友達にも声をかけて
外に出て来たのでした・・・。


で、誰ともぶち当たる事もなく、
行く所に寄ったりしながら先ほどの高級旅行鞄店へ。


 記憶を巻き戻すと、そのバールでのトイレ???

としか思えないんですよねー!!!!


もちろん、我々でそのままそのバールへ引き返し、座った所を探し、
トイレに飛び込んでおばちゃんに聞き込みをしました。


おばちゃんは「親切にトイレに入れて上げたのに!
裸にしてもいいし、責任者呼んでくれていいし!!」と、プリプリ!!!

 そのまま引き下がるわけにはいかないので、
店の人に声をかけると

「たまに泥棒した後にトイレのタンクに財布を捨ててく奴がいるから」
(おるんかいっ!!)


と、色々と声をかけてタンクや
そこら辺を捜索してくれたのですが・・・

 もしかしたら、そこじゃないかもしれないし、
犯人はあそこには居なかったかもしれないのですが・・・・

全ての人がグルになっていて、
習慣化している可能性もゼロではない!!!!


  今回の事はかなりショックでその友達に対して
何とも気の毒で涙無しには語れないのですが、


こちらに住まれる方も、ご旅行で来られる方も、
いまいちど、鞄から物が飛び出ていく構造になっていないか、
不要な所でお財布を出したりしていないか、
色々な注意を払って頂けます様お願い申し上げます・・・。


 在住20年以上の友達も、バーゲンが始まったころに
バッグのチャックを何度もチェックしていたにも
関わらず、一瞬にしてチャックを開けられて
お財布を持って行かれたという事件も・・・。
 (身分証明書の発行で本当に大変だったようで・・・(涙)

 とにかく、ズバリ!!!レップブリカ広場近辺には
本格的なスリ集団がいますので、ウロウロする時には
細心の注意をどうかよろしくお願い致します。


 トイレの話はともかく、小ぎれいな格好をした、
女子グループにも気を抜かないように!!!!

 またもやニュースででも報道されていたのですが、
ますます腕に磨きがかかっているその筋の人達の
技は本当に目にも留まらぬ早さだそうです。


 


RIMG0662.JPG

 楽しい話題ばかりにしたかったのですが、
是非参考にしてくださいね。

 楽しい旅になる為にも是非!!!!

 


とっても励みになります!
一日一度ポチッとお願い致します♡
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2014年3月 6日
« 前の記事「今年のカルネヴァーレは明日まで!今年訪れたお祭りの様子。」へ
»次の記事「フェスタ・デッラ・ドンナ女性の祭り当日です☆ミモザの贈り物☆」 へ
フィレンツェ特派員 新着記事
イタリアの美食の秋到来! 旬のポルチーニ茸料理を堪能できるおすすめレストラン
フィレンツェ歴史地区の街角で人気を集める老舗スイーツ店のジェラート
フィレンツェ街観光必見ポストで運試し!街角ヒーローの「幸運をもたらすイノシシ像」
チェルタルドおすすめ必見!その2~ボッカッチョの家博物館~
おすすめ必見!チェルタルドのシンボル「プレトリオ宮殿」と日伊姉妹都市交流が育む友情を映す二つのシンボル
エスターテ(夏)真っ盛り!ティレニア海沿いのビーチで日常スイッチをOffにしてみませんか
中世時代の美食家も絶賛した!チェルタルド名産赤タマネギのマーマレードジャム
「世界最高級ワイン・ブルネッロ」の郷、モンタルチーノ村を訪ねて
1年前の同じ月に投稿された記事
復活祭とフィレンツェのお雛祭りフェスタ
空から大地からのメッセージを受け取ろうin Firenze
フィレンツェエキナカがリフレッシュ中!!!

イタリア ツアー最安値


2020/7/14更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方Web特派員募集