海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 富士の麓の石の博物館【奇石博物館】

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月22日

富士の麓の石の博物館【奇石博物館】


富士の麓の石の博物館【奇石博物館】

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


8月も後半に入り、学生の長い夏休み期間も残すは、あと1週間ちょっと。
夏休みといえば自由研究という事で、今回は、この場所へ訪れてみましょう。


富士宮市は山宮にある、奇石博物館
pic_l1.jpg
アクセスは、以前とりあげた白糸の滝 より、県道72号線を東に向かって車でおよそ10分。


博物館の入館料金は、大人一人700円。小中高生一人300円。
20名以上の団体、または障害者手帳を持参の場合は、100円引きになるほか、
ホームページにある割引券をプリントして持参しても同様の割引を受けられます。
pic_l2.jpg
館内には様々な鉱物をはじめ、化石などの歴史的価値の高い石なども展示されています。


そんな中から、いくつか珍しい石を掲載。まずは、ポークストーン
pic_l3.jpg
その名の通り、まるで豚肉の塊のような姿が特徴的な、面白い石です。


中生代白亜紀の荒海を征したとされる肉食海棲爬虫類、モササウルスの化石
pic_l4.jpg
こちらは現在放送中の、騎士竜戦隊リュウソウジャーでも、リュウソウゴールド及び
パートナー騎士竜であるモサレックスの、モチーフとなっている、海に棲む大トカゲ。


そして、奇石博物館イチオシの石の1つが、このテレビ石ウレキサイト)!
pic_l5.jpg
光ファイバーのように石の結晶が光を通すので、向こう側にある光景が浮き上がります。


また奇石博物館にて行われている体験教室にて、このテレビ石を使った
指輪作りが行われていたため、自分も参加して、実際に指輪を作ってみました。
pic_l6.jpg
テレビ石や指輪の材料は、館内にあるミュージアムショップにて販売されており
お家で作る事もできるので、これを自由研究で作ってみるのも面白いかもしれません。


こちらは、蛍石方解石といった光る石を使って作られた、銀河鉄道の模型。
pic_l7.jpg
石の中には、このように紫外線を受けて光る物もあります。これも研究題材に良いですね。


それから、宝石わくわく広場という別館では、宝石探し体験も行われています。
pic_l8.jpg
こちらは普段、土日祝日のみの営業となりますが、夏休み期間中のみ毎日開催されています。


参加費用500円で、砂の中に隠されている宝石を、30分間、探し放題!
pic_l9.jpg
もちろん見つけた宝石は、お土産に持って帰れるので、頑張って探しましょう!
賢者の石とよばれるサイコロ状の石を見つけられれば、より高価な石と交換してもらえますよ!


大人も、子供も、夢中になれる石の世界へ。ぜひ1度、足を踏み入れてみてください。


開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日は、夏休み期間以外の水曜日(祝日の場合は翌日の木曜日)。
他、年末と1月下旬には、1週間程度の休館日もあるので、HPで確認してください。


奇石博物館HP:http://www.kiseki-jp.com/index.html
住所:静岡県富士宮市山宮3670番地  TEL:0544-58-3830

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年8月22日
« 前の記事「その歴史、日本じゃあ二番目だ。【伊豆・三津シーパラダイス】」へ
»次の記事「【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】」 へ
おすすめ記事
静岡・富士特派員 新着記事
【富士岡地蔵堂】樹齢600年の巨木【子育てオオイチョウ】
【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】
【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】
【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】
幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】
【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】
富士の麓の石の博物館【奇石博物館】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集