海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【富士岡地蔵堂】樹齢600年の巨木【子育てオオイチ...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年10月16日

【富士岡地蔵堂】樹齢600年の巨木【子育てオオイチョウ】


【富士岡地蔵堂】樹齢600年の巨木【子育てオオイチョウ】

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


長いこと続いた残暑も一段落して、ようやく秋らしい気候となりました。
秋といえば紅葉狩り。という事で、今回は、この場所に訪れてみましょう。


静岡県道22号線 三島富士線、通称 根方街道の富士岡交差点より
南東の住宅地の中に位置する、富士岡銀杏地蔵尊。(富士岡地蔵堂
pic_s01.jpg
お堂の後ろにそびえ立つ、巨大な1本のイチョウの木。大型台風が通過した後なので、少し葉が
散ってしまった印象ですが、それ以外は特に目立った被害もなく、力強い姿を見せてくれました。


しかし葉っぱが色づくには、まだ時期尚早。なので、10年前に撮影した画像を載せておきましょう。


それが、こちら。黄色く色づいたイチョウの葉が、とても美しかったです。
pic_s02.jpg
これらの葉っぱが、すべて1本の樹から生えているのですから驚きですね。


樹高26m。目通り6.2m。東西南北に伸びる枝張は、およそ11mという巨木。
pic_s03.jpg
樹齢は、推定600年。昭和46年に、静岡県の天然記念物に指定されました。


幹から枝にかけて、無数に垂れ下がっている乳状下垂。
pic_s04.jpg
大きなイチョウの木には、よく見られる物ですが、これだけの規模の物は珍しいとの事。


その姿から、子育て大銀杏(オオイチョウ)とも呼ばれ、子育ての願掛けもされているようです。
子育て大銀杏についてのお話は、富士市のHPに詳しく書かれているので、そちらをご覧ください。


広報ふじ HP:富士の民話あれこれ 銀杏地蔵


境内の、すぐ裏を流れるのは、以前、滝巡りでご紹介した赤淵川。
関連記事:【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】


普段は水量が少ない川ですが、台風上陸の後だけあって、少し増水しています。
pic_s05.jpg
川の下流にある青い橋は、岳南電車の鉄橋です。通過した車両には
ちょうど今の時期的に、ハロウィンの装飾が施されていました。


住宅地の、入り組んだ狭い路地の先にある、巨大な1本のイチョウの木。
本格的に色づくのは、12月の上旬との事で、その頃が見頃となります。
pic_s06.jpg
ただ、地蔵堂の前にでるL字の道は、車1台分ほどの幅しかないため
もしも訪れるのであれば、ルート選びには気をつけてください。


富士岡銀杏地蔵尊 住所:静岡県富士市富士岡81

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年10月16日
« 前の記事「【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】」へ
»次の記事「【井川湖】湖畔に鎮座せし白き大仏【夢の吊橋】」 へ
おすすめ記事
静岡・富士特派員 新着記事
【伊豆・三津シーパラダイス】新感覚展示エリア【ペンパラ】
沼津にOPEN! 県下最大級の商業施設【ららぽーと沼津】
【いぼとり不動】富士の湧水にうたれる原田の滝不動【イボガミサン】
【井川湖】湖畔に鎮座せし白き大仏【夢の吊橋】
【富士岡地蔵堂】樹齢600年の巨木【子育てオオイチョウ】
【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】
【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集