海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【東伊豆町】伊豆アニマルキングダムの生き物たち【動...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年5月27日

【東伊豆町】伊豆アニマルキングダムの生き物たち【動物園】


【東伊豆町】伊豆アニマルキングダムの生き物たち【動物園】

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


緊急事態宣言の全面解除を受け、少しずつ日常が戻りつつある今日この頃。
動物園や水族館も、6月から営業再開する施設が多いようで何よりです。


さて今回は、前回の日本平動物園に続き、動物園の第2弾。
伊豆アニマルキングダムの生き物たちを、ご紹介します。


関連記事:【静岡市】日本平動物園の生き物たち【動物園】


僕が、アニマルキングダムへ訪れたのは、2012年の事。
日本平動物園同様に、かなり前なので、その当時に撮影した動物たちとなります。


アオメキバタン
anikin01.jpg
黄色い冠羽に、目の周りの青色が特徴的な、オウムの仲間です。
この個体は、アッコちゃんと呼ばれ、伊豆稲取駅の駅長も務めていました。


ブラックバック
anikin02.jpg
ねじれた長い角が特徴的なウシの仲間で、リーダーのオスは背中の毛が黒く変化する特徴があります。
サファリゾーンにはほかにも、オリックスシマウマムフロンエランドといった草食動物がいます。


ホワイトタイガー
anikin03.jpg
アニマルキングダムの一番の顔ともいえるホワイトタイガーは、ベンガルトラの変異種です。
2012年当時は、ハクウンハクアユキミメープルという、4頭がいました。
現在は、メープル(2018年没)の子供となる、シロップシュガーコットンが活躍しているようです。


ミナミシロサイ
anikin04.jpg
サファリゾーンにて、ひときわ存在感を放っているのが、この巨大なシロサイたちです。
半世紀近くを生き、国内最高齢とされたプーは、残念ながら2020年の1月末に亡くなってしまったそうです。
そのため現在は、アフ君と、リカちゃんの2頭が、ほかの草食動物と共に暮らしています。


アミメキリン
anikin05.jpg
シロサイとならんで、サファリゾーンの巨大な草食動物となる、キリン。
当時は、シンナオコ夫婦に、2009年のクリスマスイブに生まれたイブオの、親子3頭がいました。
現在は、イブオも大人になり、お嫁さんにやってきたイロハと、母ナオコの3頭が健在のようです。


伊豆アニマルキングダムも、しばらく訪れていないうちに、だいぶ世代交代が進んでいるみたいですね。
僕も、新型コロナウイルスが収束したさいには、いずれまたデータの更新を兼ねて訪れてみたいと思います。


■伊豆アニマルキングダム
・URL: http://www.izu-kamori.jp/izu-biopark/
・住所: 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344
・TEL: 0557-95-3535

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年5月27日
« 前の記事「【静岡市】日本平動物園の生き物たち【動物園】」へ
»次の記事「【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスのショーで活躍する海獣たち【水族館】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【伊豆の国市】四季と景色を楽しむ葛城山の公園【伊豆パノラマパーク】
【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】
【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】
【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】
【熱川バナナワニ園】熱帯果樹とニシレッサーパンダに会いに行く【分園】
【熱川バナナワニ園】熱帯植物とアマゾンマナティーに会いに行く【本園】
【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】
【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】
1年前の同じ月に投稿された記事
【はじめまして】ゼロからの富士登山

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    わや猫さん DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集