海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【富士市】ふじのくに田子の浦みなと公園【富士山ドラ...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年4月22日

【富士市】ふじのくに田子の浦みなと公園【富士山ドラゴンタワーとディアナ号】


【富士市】ふじのくに田子の浦みなと公園【富士山ドラゴンタワーとディアナ号】

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


田子の浦港の西岸。
旭化成の工業団地を海沿いに進んでいくと、海岸線に現れる、ふじのくに田子の浦みなと公園
tago.jpg
ここはもともと、富士シンボル緑地公園として整備が進められていた場所で、2011年に行われた田子の浦港築港50周年記念の式典で発表された愛称が、ふじのくに田子の浦みなと公園という、現在の公園の名前となっています。


その後、2013年に展望広場が完成。2017年に歴史学習施設ディアナ号も造られました。
さらに翌2018年には、展望広場に公園のシンボルとなる富士山ドラゴンタワーも建てられました。


ディアナ号は、江戸時代に日本へ開国と通商を求めて来航した、ロシアの軍艦です。
tago2.jpg
その際、安政大地震に見舞われ大破し、最終的に現在の富士市沖で沈没してしまいました。


これらの歴史資料は、以前訪れた戸田造船郷土資料博物館に数多く残されています。
関連ブログ:もう1つの深海への窓口!駿河湾深海生物館


また、この復元されたディアナ号の船内にも、それらの資料や、ディアナ号の鎖が展示されています。


ディアナ号の甲板へ上って景色を眺めれば、気分はまさに航海士?
tago3.jpg
ちなみに歴史学習施設ディアナ号の開館時間は、09:00~16:00。
月曜日(月曜が祭日の場合は翌火曜日)が休館日となっています。


そして公園のもうひとつの目玉となる、展望広場の富士山ドラゴンタワー。
tago4.jpg
螺旋階段をまとう八角形のフォルムは、富士山頂の8つの峰をイメージしているそうです。


今回、久しぶりに富士山ドラゴンタワーへ訪れたのですが......
以前見たときには、もっと黄土色だったと記憶していたタワーが、なんだか青白くなっていました。
光の当たり方のせいか? あるいは素材に用いられている富士ヒノキが退色してしまったのでしょうか?
まるで青龍へと進化したかのような、そんなふうに思えなくもありません。


富士山ドラゴンタワーの上から眺める、田子の浦港と富士山。
tago5.jpg
タワーが建つ前からも眺めはよかったのですが、タワーのおかげで一段と見晴らしがよくなりました。


港の対岸にある富士と港の見える公園に加えて、富士のいい展望地となっています。
関連ブログ:【富士市】タイトルそのまま富士と港の見える公園【田子の浦仏舎利塔】


そしてなんと2020年には、もうひとつ。港東側の海岸線沿いにも、新しい公園がオープンしたそうです。


紅白の防波堤灯台に挟まれた、田子の浦港の入口。
tago6.jpg
赤い灯台がある対岸側に、その新しい公園があります。
次回は、そちらの様子も見に行ってみましょう。


今回見た以外にも園内には遊具のある冒険広場などがあるので、子供がのびのびと遊ぶのにもいい公園です。
ただし吉原駅からは港を挟んで反対側に位置しているので、歩いて来るとなると40分はかかってしまいます。
イオンタウン富士南からでも25分ほどの道のりとなるため、アクセスには車を利用する方がよいでしょう。
園内の駐車場は150台近くの普通車を停めることができるので、駐車場のキャパシティも充分だと思います。


■ふじのくに田子の浦みなと公園
・URL: https://www.city.fuji.shizuoka.jp/fujijikan/bringup/kb719c00000052io.html
・住所: 富士市前田地先
・開園時間: 8:00~17:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年4月22日
« 前の記事「【沼津市】伊豆水軍が拠点をおいた城山の公園【長浜城跡】」へ
»次の記事「【富士市】田子の浦港東側の海岸線に完成した新公園【鈴川海浜スポーツ公園】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】
【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】
東京スカイツリーに全集中!鬼滅の刃コラボイベント【天空への願い】
【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】
【熱川バナナワニ園】熱帯果樹とニシレッサーパンダに会いに行く【分園】
【熱川バナナワニ園】熱帯植物とアマゾンマナティーに会いに行く【本園】
【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】
【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】
1年前の同じ月に投稿された記事
【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスの生き物たち【水族館】
【富士宮市】1年を通して楽しめる桜の公園【富士山さくらの園】
【富士宮市】5分で登れる富士山の景勝地【明星山公園】
富士宮で7つの滝巡り【天子の七滝】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集