海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年10月14日

【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】


【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


ここ数年で、さまざまな動物園や水族館を巡るようになった僕ですが、その際に活用しているのが、dポイントクラブスペシャルクーポン

関連リンク:https://dpoint.jp/coupon/special/index.html


このクーポンは、dポイントクラブの4thステージ以上の会員のみが利用できるのですが、
なかには利用料金が通常の半額以下になったりと、非常にお得な優待を受けられたりします。


今回は、そんなスペシャルクーポンがきっかげとなって訪れた場所からひとつ。


JR藤沢駅より、小田急江ノ島線に乗り換えて、およそ7分。終点となる片瀬江ノ島駅へ到着です。
enosui-1.jpg
相模湾へと流れ込む、境川の河口を目前に建つ片瀬江ノ島駅。まるで竜宮城のような外観が目を引きます。


駅から南に進み、国道134号線を渡ると、そのすぐ先がもう片瀬漁港です。
enosui-2.jpg
今回は行きませんが、江の島へは境川の対岸側から渡ることができます。


海岸線沿いに続く134号線を少し西へ進むと、目的の新江ノ島水族館へと到着。
enosui-3.jpg
湘南海岸を目前にした、最高のロケーションに建つ水族館です。


もともとは、1954年から1960年代にかけて造られた3つの水族館施設があったそうですが、2004年にリニューアルオープンされ、現在の新江ノ島水族館となりました。


近代の設計にて造られた新しい水族館ということで、館内には目をみはる物がいくつもあります。


そのなかでもメインとなるのが、水量1000tを誇る相模湾大水槽
enosui-4.jpg
2階建ての建物を貫く高さ9mの大水槽で、およそ100種類2万匹もの生物が展示されているそうです。
下田海中水族館のアクアドームペリー号の水槽が600t、60種1万匹なので、いかに大きいかわかります。
関連ブログ:【下田市】入り江の中の水族館【下田海中水族館】


ルートは2階から1階へ。相模湾大水槽の周りを、ぐるっと回り込むように続いているため、さまざまな角度から槽内をのぞくことができるのも、この大水槽のポイントでしょう。


そして、そんな相模湾大水槽と肩を並べるのが、クラゲファンタジーホール
enosui-5.jpg
こちらは広い一室を丸々クラゲの展示エリアとし、ホール内にある14槽すべてにクラゲを展示しています。
その規模の大きさもさることながら、プロジェクションマッピングを活用した幻想的な演出もすばらしいです。


また、クラゲにおいては、クラゲサイエンスというコーナーも別に設けられています。
60年以上クラゲを研究してきたという、えのすいならではの強みとも言えるでしょう。


なお、クラゲファンタジーホールにある球型水槽をイメージした、クラゲプラネットドリンク(館内飲食764円)
という商品も、本館2階にあるオーシャンカフェにて販売されています。
enosui-7.jpg
湘南の海を眺めながら、オーシャンデッキで飲むクラゲプラネットドリンク。
新江ノ島水族館へと訪れた際には、ぜひこの1杯を体感してみてください。


さて生き物以外にも、日本初の有人潜水調査船しんかい2000が展示されているのも、えのすいの特徴です。
enosui-6.jpg
この展示室では、しんかい2000のコクピットも再現され見ることができました。
こういう点もほかの水族館ではまずない、新江ノ島水族館の特色となっています。


今回は初めて訪れたということもあって、ざっと見て回る感じになってしまいましたが、
それでも十分すぎるほど、新江ノ島水族館の魅力を体感することができました。

ちなみに、そんな新江ノ島水族館で僕が最も驚かされたのは、フウセンウオホテイウオといった、ダンゴウオの仲間の水槽でした。
ダンゴウオの仲間自体は、ほかの水族館でも見たことはありますが......ひとつの水槽の中で、ひしめき合っている姿は、インパクト大です。
このダンゴウオたちが暮らす水槽は、ぜひ実際に新江ノ島水族館へと訪れて、その目で確認してみてください。


■新江ノ島水族館
・住所: 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
・TEL: 0466-29-9960
・入館料: 大人2500円、高校生1700円、小中学生1200円、3歳以上800円
・開園時間: 9:00~17:00、冬季10:00~17:00(入館は閉館時間の1時間前まで)
・休園日: 2022年1月25日~1月27日
・URL: https://www.enosui.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年10月14日
« 前の記事「【富士市】岩本山の麓に祀られた、もうひとつのおしゃもっさん」へ
»次の記事「【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】
【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】
東京スカイツリーに全集中!鬼滅の刃コラボイベント【天空への願い】
【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】
【熱川バナナワニ園】熱帯果樹とニシレッサーパンダに会いに行く【分園】
【熱川バナナワニ園】熱帯植物とアマゾンマナティーに会いに行く【本園】
【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】
【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】
1年前の同じ月に投稿された記事
【下田市】入り江の中の水族館【下田海中水族館】
【川根本町】8つの橋を巡る八橋小道【接岨峡】
【富士宮市】源頼朝が見つけた太鼓石が祀られたお寺【遠照寺】
【富士宮市】源頼朝の伝説が残る滝【陣馬の滝】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集