海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > ネス湖再び、そして、インヴァネスへ

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年6月26日

ネス湖再び、そして、インヴァネスへ


メール プリント もっと見る

ネス湖再び、そして、インヴァネスへ

去年の夏訪れたネス湖 へ再び出かけてきました。今年は比較的お天気のよい年回りなので、今度こそ晴天のネス湖が見られだろうと期待して出かけたのでしたが、雨でした……。それでも、前回の霧にけむるネス湖よりは視界がきいたので、ネス湖畔にたたずむアーカート城(Urquhart Castle)の姿をはっきりと見ることができました。


P1080627x.jpg


13世紀に築城されたアーカート城は、ネス湖やネッシーをのぞむ名所として知られています。今は廃墟となっていますが、お城の手前に建つビジターセンター経由で見学できます。


P1080629x.jpg


入場料金(2009年現在)は、おとな7ポンド。子供(6〜16歳)3.50ポンド。(現在1ポンドは160円ほど)


P1080630x.jpg


P1080613x.jpg


アーカート城のあとは、その北西に位置する村ドラムナドロヘット(Drumnadrochit)まで足を伸ばしてみました。そして、村に2館あるネッシー博物館もカメラにおさめてきました。


P1080643x.jpg


こちらが、村の駐車場からの坂道を登りきったT字路の右手にある、「ネス湖センター(Loch Ness Centre) 」。入館料金は、おとな6.50ポンド。子供4.50ポンド。


P1080645x.jpg


そして、こちらがT字路の左手にある「ネス湖の怪物ビジター展示センター(Loch Ness Monster Visitor and Exhibition Centre) 」入館料金は、おとな5.50ポンド。子供4.00ポンド。


どうやらこのネッシーの博物館ライバル同士のようです。懐具合とネッシーへの関心度によって両方の博物館を見学するか、ひとつに絞るか、それとも素通りしてしまうか迷うところですね。わが家は素通りしてしまったので、どちらがお勧めとも言えませんが、両館とも日本語の説明もあるとのことです。


ところで、ネス湖のネッシーは、日本では、もっぱらネッシー(Nessie)ですが、イギリスでは、ネス湖の怪物「ロッホ・ネス・モンスター(Loch Ness Monster)」とも呼ばれています。ということは、「ロッホ(Loch)」が湖で、「ネス(Ness)」が湖の名前というふうに理解されがちなのですが、実は、「ロッホ」とは、川のように細長く水をたたえている場所のこと。ただ、川は「ロッホ」とは呼ばれません。細長い湖や細長い海の入り江などが、「ロッホ」ということになるのだそうです。


さて、ネス湖見物のあとは、さらにネス湖沿いを北上し、ネス湖から流れ出るネス川(River Ness)の河口にあるインヴァネス(Inverness)に向かいます (インヴァネスの「インヴァ(Inver)」は、河口という意味) 。インヴァネスは、スコットランドの山岳地帯唯一の都市です。ネス湖観光の拠点となっているので、ネス湖を訪れる観光客は立ち寄る街なのですが、去年は素通りしてしまったので、今回は、夕暮れ時の街を歩いてみました。


P1080469x.jpg


P1080467x.jpg


こちらが、1836年に築城されたインヴァネス城(Inverness Castle)。


P1080444x.jpg


現在は、裁判所として利用されています。お城のこちら側に建っているのは、スコットランドの山岳地帯では一番有名な女性フローラ・マクドナルド(Flora MacDonald)の像 。彼女が有名になったいきさつについては、こちらの回 をごらんください。山岳地帯のヒロイン、フローラが手をかざして眺めているのは……。


P1080454x.jpg


ネス川の流れ。対岸には、インヴァネスの家なみと聖アンドリュー大聖堂(Cathedral Church of Saint Andrew)がのぞめます。川沿いには散歩道が設けられていて、淡く柔らかな光に包まれる風景をながめながら心地よい散歩が楽しめました。


アーカート城(Urquhart Castle)のサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2009年6月26日
« 前の記事「古代ローマ帝国のお風呂チェスターズ」へ
»次の記事「リンリスゴー宮殿、イングランドとスコットランドの婚礼パーティー 1」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリスの夏至の夜空のミステリー
    初夏の森を行けば
    初夏の野原を行けば
    今に生きるビクトリア朝の暖炉

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/20更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集