海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 簡単!ぱっくり腹われスコーンの焼き方

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月 4日

簡単!ぱっくり腹われスコーンの焼き方


メール プリント もっと見る

簡単!ぱっくり腹われスコーンの焼き方

パメラさんに元祖スコッティッシュスコーンのレシピ を教えてもらって、しばらくご無沙汰していたスコーンをここのところ何回か焼いているうちに、ふと思いついたのです。だれでも簡単に背高、腹われスコーンが焼ける方法を。


P1130539z.jpg


これが腹われスコーン。見栄えがよいだけでなく、食べるときに半分に割りやすいという利点があります。けれども、カフェやベーカリー、スーパーの棚にならんでいるスコーンで、背高、腹われになっているのは稀です。というのは、すべてのスコーンを均一に腹われにするのはそう簡単ではないからなのでは?


ちなみに、一般的な腹われスコーンの焼き方は、パメラさんのレシピの中にも書かれているように、生地をのしたあと3つ折りにし、さらにのしてもう一度3つ折りに。わたしは折らずに生地を3つに切って重ねるを2回くり返したりするのですが、要は、生地をのして打ち粉をし、3つ折りにすることによって生地に層を作り、抜き型で抜いてオーブンへ。オーブンの中でふくらむ過程でその層の分かれめが腹われになるという仕組みなのです。


ところが、スコーンを背高にするためには生地を厚く抜かなければなりません。とくに、口どけのよいスコーンを焼くには生地はやわらなくないといけないので、厚く抜くのはなかなか難しいのです。できるだけ細身のシャープな切り口を持つ抜き型にふんだに粉をはたいて抜いても、生地が型にくっついてなかなかきれいに抜けません。抜くときにせっかく作った生地の層が押しつぶされたり、斜めにかしいだり。オーブンの熱のあたり方も影響するとは思うのですが、背高スコーンほどピサの斜塔のように傾いて焼きあがってしまいやすいのです。


というわけで、一度に焼くすべてをほぼ同じ背高腹われスコーンに焼きあげるのは至難のわざ。だから、カフェやベーカリー、スーパーで見かけるスコーンが背高腹われになっていないのじゃあと思うのは、わたし自身、全部を均一な背高腹われスコーンに焼くことができないから。


でも、もし半分の厚みの薄さに抜くのならやわらかい生地でも均一に抜くのは難しくありません。そして、その均一な薄い生地を2段に重ねて焼けば、いつもの厚みの生地のちょうどまん中に水平な層を作り出すことになるのでは? ふと思いついたそんなアイデアで、焼いてみたところ、


P1130613z.jpg

 
焼いたスコーンのみんながみんな背高で腹われになりましたよ~。


ただ、何しろ生地がやわらかいので下の生地が上に重ねた生地の重みで平たく広がり気味になっているものも。その解決策としては、下の生地はほんの少しだけ小さめの型で厚めに抜いて重ねる。あるいは、水分量を少し抑えて固めの生地にすることも可能ですが、スコーンのやわらかさは半減することに。


などといった微調整が必要かもしれませんが、このアイデア、背高腹われスコーンを焼きたいと思っている方の一助となればと、前回のパメラさんのスコーンレシピの補足としてご紹介してみました。さて、焼きあがったスコーンは腹われになっている部分を割って、お好みのトッピングをのせ、


P1130640z.jpg


外はサクっ、中はふんわりしっとりの、ホームメイドならではの出来たてほやほやを召し上がれ~。


今回の記事は、ギブソンみやこがお届けしました。執筆者別に記事をご覧になりたい場合は、以下のリンクより執筆者別目次のページをご利用ください。ギブソンみやこによる記事の目次はこちら 。ローランズ真弓による記事の目次はこちら 。ところで、新しいブログをはじめました。もしよろしかったら、こちら からご覧になってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2013年11月 4日
« 前の記事「パメラさんの元祖スコティッシュスコーン」へ
»次の記事「今年は登れたザ・サドル」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    エリサベスさんとの再会とテムズ川の夜景
    帝国戦争博物館とベルリンの壁

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集