海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > タモン(グアム)特派員ブログ > [レポート] グアムで一番大切な祝日『Libera...

グアム/タモン(グアム)特派員ブログ 旧特派員 鶴賀 奈穂乃

グアム・タモン(グアム)特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年7月21日

[レポート] グアムで一番大切な祝日『Liberaion Day(リバレーション・デイ)』


[レポート] グアムで一番大切な祝日『Liberaion Day(リバレーション・デイ)』



先日の『地球の歩き方』の記事 でも告知しましたが、今日はグアムの人たちにとって一年で一番大切な祝日で、1944年にグアムが解放されたことをお祝いする『Liberaion Day(リバレーション・デイ)』。

Liberaion Day(リバレーション・デイ)』のお祭りそのものは6月24日から8月2日まで、パセオ球場とチャモロビレッジのすぐそばで開催されていますが、やはりこのイベントのクライマックスは今日なのです♪


0907212.jpg

事前に団体や個人でキャノピーを張るためのスペースを購入していて、当日は写真のように大勢の人たちがバーベキューをしたり、持ち寄ったお食事を楽しみながら次々と現れるパレードを楽しみます。各村ごとの山車も出て、それぞれにグアムらしさやそれぞれの村を演出します。



0907213.jpg

これはバリガダ村の山車なのですが、先端にはグアムを象徴するラッテストーンとカヌー、そしてグアムの伝統的な衣装に身を包んだ子供たちや大人たちと、彼らを日本軍から解放したアメリカ軍の兵士が手を振っています。

0907214.jpg

そう。以前の記事にも書きましたが、実はこの『Liberaion Day(リバレーション・デイ)』は、真珠湾攻撃の2日後から31ヶ月間にわたった、日本軍の占拠からアメリカ軍が解放してくれたことをお祝いする祝日です。

実はグアムは1521年にマゼランによって発見され、1565年にスペイン王国の領地と宣言されてから、ずっといずれかの国の支配を受け、原住民族チャモロ人は苦難の時代を過ごしたといわれています。1899年に333年間続いたスペイン統治が終了し、アメリカ領となってから、アメリカはグアムにおける英語教育と衛生教育を進めました。そこへ1941年、アメリカ軍が手薄だったグアム島を日本が占拠し、アメリカ軍をかくまった地元住民への残酷な拷問を行ったと伝えられています。
実際7月21日はアメリカ軍がグアム島奪還のためにAsan(アサン)とAgat(アガット)に上陸した日で、その約20日後、8月11日にグアムはアメリカ領となりました。

そのため今日のパレードには多くの軍関係者が集まっていて、VIP席にはグアム知事や政治家、ミス・グアムといった人たちのほかに、軍の高官たちが席を構えます。

日本軍からの解放をお祝いするグアム解放記念日。
私はなんとなく日本人がはしゃいでいいのかわからず、いつもこっそりパレードを見て帰ります。過去の戦争の責任はいつまで感じていたらいいのか。でも失ってはいけない気持ちのような気もして、この日はいつもちょっと複雑な気持ちになります。


*フォトアルバムはこちら で。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年7月21日
« 前の記事「[告知] グアムで部分日食を観察しましょ!」へ
»次の記事「[レポート] グアムから見た部分日食」 へ
おすすめ記事
    タモン(グアム)特派員 新着記事
    Carabaos on Vacation カラバオを探して!
    5月のお題①"スタジアム"で4年に一度の祭典が行なわれています⭐︎
    4月お題② これって何の"交通標識"?!
    Guam・We're #1(グアム・ウィー アー ナンバーワン)その①
    4月のお題① "旬の野菜"いろいろ
    熊本県熊本地方を震源とする地震により被害に遭われた皆様へ
    Happy Siblings Day♡(ハッピー シブリングス デー)
    ご心配をおかけしました

    グアム ツアー最安値


    2018/12/15更新

    グアム 航空券情報


    グアム旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■グアムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集