海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 人気の北杜市"田舎暮らし"の楽...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月21日

人気の北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「山菜を満喫」


人気の北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「山菜を満喫」

CIMG8287.JPG
突然ですが、これはうちの庭です。雑然としていて恥ずかしいんですが、20年ほど前に、ここ北杜市明野町に越してきて庭を楽しむようになりました。
さて。「人気の北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方」第3回は、山菜です。
第1回は → 「定点観測」
第2回は → 「野鳥観察」
CIMG8290.JPG
クリスマスローズと混在している庭ですが(笑)、蕗がちゃんと収穫できるんです。
CIMG6135.JPG
ふきのとうが採れるのは、北杜市では2月3月。
TS3Q0984.JPG
こんなふうに、けっこう採れるんです。ふきのとうは天麩羅や蕗味噌が美味しいですよね~
CIMG8293.JPG
5月の風吹くこの季節は、蕗の茎の煮物の季節。毎朝、白いご飯にのせていただいています。
CIMG3615.JPG
そして、山ウドの季節でもあります。庭にも小さなウドがあるんですが、写真はご近所の方にいただいたものです。ウドは白い部分を酢味噌和えなどにするのがスタンダードですよね。白い部分を多くするために、陽の光をさえぎるようバケツなどをかぶせて育てるんですよ。
CIMG3621.JPG
皮を剥き水にさらした白い茎の部分は、酢味噌和えも美味しいんですが、好きなドレッシングやポン酢でいただいてもイケます。簡単美味しい! 田舎暮らしを始めて覚えました。葉は天麩羅に、剥いた皮はきんぴらにして楽しみます。
CIMG3629.JPG
おなじく5月が旬のホタルイカと合わせてパスタにすれば、ワインにも合いますね。
CIMG9736.JPG
これは、ご近所のお庭で採れたというコシアブラ。
CIMG6348.JPG
これは我が家の裏庭にあるタラの芽です。
CIMG9738.JPG
どちらも天麩羅にすると美味しいんですよね。より山菜の味わいを楽しむために塩でいただきます。
CIMG8276.JPG
こちらは、『道の駅はくしゅう』 で買ってきたウコギです。道の駅のほかにも山菜も売っている産直野菜売り場が北杜市にはたくさんあります。山で採れた新鮮な山菜もあるので、探してみるのもいいですね。
CIMG8285.JPG
ウコギは、混ぜご飯にぴったりの山菜なんです。お店で買うときに調理法を教えてもらったり、ご近所の方に聞いたりしながら少しずつ山菜に馴染んできました。
山菜を楽しむいちばんのポイントは、新鮮なうちに食べること。庭で収穫しても、いただいても、買ってきても、その日のうちに食べれば美味しさ倍増間違いなしです。
CIMG6591.JPG
今、庭で木の芽が葉を広げています。山椒の木の葉っぱが「木の芽」なんですね。木の芽和えとかもありますが、わたしはもっぱら葉っぱのまま、お味噌汁やお吸い物の薬味にしたリ、焼いた肉や魚にのせたりして楽しんでいます。実がつけば冷凍しておいて、煮魚を煮るときなどに鍋に入れれば簡単に山椒の風味を味わえます。


山に山菜採りに出かけるのもいいですが、北杜市では身近に手軽に山菜を楽しむことができます。
冬のあいだに身体に溜まったものをデトックスするのにも、山菜の苦味は効果的だそうです。自然が身近にあるということは、それだけ人の身体にもいいことがあるっていうことなんでしょうね。
いかがですか。北杜市で山菜を楽しむ生活、始めてみませんか。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 自然・風景
2019年5月21日
« 前の記事「南アルプスの天然水が美味しい~『道の駅はくしゅう』」へ
»次の記事「もしわたしが山梨のお土産BOXを3,000円でつくるなら~酒の肴編」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山の展望抜群!中央自動車道「双葉サービスエリア(下り線)」
富士山オンパレード!お見せします~富士山いろいろ
旅って、いいな~ポルトガル・リスボンでカウントダウン!
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~薪ストーブ
ゆったり時間とスペシャルティコーヒーを楽しめる珈琲店~「AKITOCOFFEE(アキトコーヒー)」
夢に見た本屋さんに行きたいのなら、アメリカヤの階段を上って~「mountain bookcase(マウンテンブックケース)」
レトロ時間をアメリカヤで~ゆったり時間が流れるカフェ「ボンシイク」
Jリーグ観戦に行ってきました~J1昇格に向けて、がんばれ!ヴァンフォーレ甲府
1年前の同じ月に投稿された記事
旬の野菜、土地の野菜で心も身体も健やかに~『農カフェhakari』
水と緑のフュージョン!緑燃ゆる渓谷道を歩く~『吐竜の滝』
縄文時代中期の集落跡『梅之木遺跡』オープン!
木工体験が楽しい!自然木のぬくもりを大切に~『自然木工房ONO』

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集