海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > トイレで◯◯を発見

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年7月30日

トイレで◯◯を発見


メール プリント もっと見る

トイレで◯◯を発見

クルーガー国立公園(Kruger National Park)での1泊2日弾丸サファリ を終えてマカド(Makhado)に戻る道中、トイレを使うためにガソリンスタンドに立ち寄った時の話です。

洗面台に置かれた意味深な箱は何?

ここは有料だったので、1ランドを掃除のおばちゃんに渡してドアを開けてもらうと(田舎は有料の場所が多いです。遠出する時は小銭の用意を忘れずに)、すみずみまで掃除されたとても清潔なトイレでした。


1307_choice02.jpg

青い箱が洗面台の上に


用を済ませて手を洗うために洗面台に向かうと、その角に何やら箱を発見......。ラベルには「選択(Choice)」と書かれています。一体これは何でしょうか。


1307_choice01.jpg

南アフリカ政府が無料で配っているチョイス・コンドーム


そうです、箱の中に入っていたのはコンドームです。実はこのチョイス・コンドームは、南アフリカ政府が無料で配布しているもの。医療関係の施設はもちろん、ホテル、クラブ、バー、キャンパス、公衆トイレなどさまざまな場所で手に入れることができます。それにしてもどうして、政府がコンドームを無料で配る必要があるのでしょうか?


コンドームをHIV/エイズ蔓延防止の切り札に

1307_choice03.jpg

「カレシの元カノの元カレを、知っていますか」南ア版


南アフリカでもっとも深刻な社会問題の1つに、HIV/エイズがあります。HIV感染者は南アフリカ国内で560万人で、これは1ヵ国のHIV陽性者数として世界でもっとも多い人数です。


2004年に公的な医療機関で薬(抗レトロウイルス薬。略称ARV)が無料で配られるようになって以降は感染が即刻死につながる病気ではなくなってきているものの、HIV感染者に対する偏見や差別は(南アフリカだけの話ではありませんが)まだまだ社会に根強く残っています。また、HIV/エイズによって働き盛りの世代を失って残された家族や、両親に先立たれたエイズ孤児(210万人とも言われています)たちが厳しい生活を強いられる現状には変わりありません。


さて、南アフリカのHIV/エイズに関する説明を続けると長くなってしまうので、話をコンドームに戻したいと思います。


コンドームは言うまでもなく、セックスをする時に使うものです。エイズウイルスは、性的・血液・母子という3つの経路で感染しますので、この中の1つである性的感染、つまりセックスによる感染を予防しようということで、政府がコンドームを配っているという訳です。


ところが......人々に選ばれない政府発のチョイス・コンドーム


無料で手に入るのだから、みんなが使ってくれるはず......ところが、そう簡単にはうまくいかないのが、この問題のむずかしいところです。


南アフリカエイズ財団(South Africa AIDS Foundation)が2012年にアンケート調査を行った結果 、回答者の95%から「より使ってもらうためには、コンドームのブランド見直しが必要」との答えが返ってきたそうです。いくつかコメントを紹介します。


「政府から配られるものよりも、お店でクオリティが高いものを買った方がいい」(32歳、男性)


「政府が無料で配っているコンドームを使ったら男が下がるじゃないか。ブランドが新しくなっても使わないよ」(25歳、男性)


「チョイス・コンドームの香りが好きじゃないの。もっと魅力的なものにするために、香りや色の種類を増やすべきだわ」(23歳、女性)


「少なくとも3年に1回はブランドを見なおした方がいいと思うわ。今までのものには悪いうわさが多いし、私たち若い世代は新しいもの、たくさんのバラエティがあるものが好きだから、ブランドを新しくしたらニーズも増えると思うの」(18歳、女性)


南アフリカ政府発のチョイス・コンドームは今後生まれ変わって、「選ばれる」ようになるのでしょうか。僕としては、クオリティ云々よりも「男が下がるじゃないか」というコメントに難しさを感じますが......。


しばらく気にかけてみたいと思います。


参考情報

関心がある人は下記の記事も読んでみてください。


・ようこそコンドーム大国へ

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/01/post-1923.php


・Poll Results on Choice Condoms

http://www.aids.org.za/poll-results-on-choice-condoms/


・Free condoms not the youth's Choice

http://www.iol.co.za/news/south-africa/kwazulu-natal/free-condoms-not-the-youth-s-choice-1.1413195#.UfZATWSOCKw


・Choice facts about condoms

http://www.timeslive.co.za/thetimes/2012/10/08/choice-facts-about-condoms


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 美容・健康・病院
2013年7月30日
« 前の記事「世界遺産でJAZZ! ジャズ・イン・ザ・クレイドル」へ
»次の記事「もしもアフリカでシナボンを食べたくなったら」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集