海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > ヨハネスブルグで男子厨房に入る

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月28日

ヨハネスブルグで男子厨房に入る


メール プリント もっと見る

ヨハネスブルグで男子厨房に入る

「南アフリカで何を食べてるんですか?」という質問をいただいたので、普段の食生活について書いてみたいと思います。

南アフリカ人は家庭で何を食べているのか

まずは僕の食生活の話をする前に、南アフリカの主食の話を少しだけしておきたいと思います。


......と書いておいてアレなんですが、実は「南アフリカ人が食べているものはこれ!」とはっきり言い切るのは結構むずかしいんです。というのは、南アフリカが黒人、白人、カラード、アジア系からなる多民族社会であることを反映して、食生活も民族ごとに全然違うからです。


そんな多様性を尊重しながら「主食」を1つ挙げるとしたら、主に黒人に食べられているパップでしょうか。パップとは、トウモロコシの粉をお湯で練り上げたもので、見た目はちょっとお餅に似ているものです。(パップについては過去記事「民族で違う「おふくろの味」 南アフリカの主食パップの話 」にまとめています)。


1306_pap03.jpg

伝統的な野菜とパップ。リンポポ州の村にて


このパップは僕も村でいただいたり、その辺の食堂で食べることがあります。ただ、さすがに自宅でも毎日パップという訳ではありません。


和洋中なんでもあり! ヨハネスブルグでの自炊生活

では次に、僕が自炊で何を食べているのかについてです。


主食はお米やパン、パスタ、中華麺など、その日の気分によって決めています。料理も和・洋・中・エスニックなど色々ですね。大都市ヨハネスブルグでは南アフリカならではの豪快な肉の塊はもちろん、チャイナタウンなどではアジア食材も手に入るので、和食だって意外と簡単にできちゃいます。


南アフリカでの自炊生活で1つ難点を挙げるとすれば、新鮮な魚が手に入りにくいことです。ヨハネスブルグは海に面していないので、魚屋さんでも仕入れを毎日行っていないためです。 もしかすると、ケープタウンやダーバンでは事情がだいぶ違うかもしれません。


僕は1ヵ月の大半をリンポポ州のマカドという街で過ごしていますが、マカドにいる間はもうちょっと頭を使う必要が出てきます。


残念ながら、マカドには新鮮な野菜が手に入る八百屋さんや、アジア食材の品揃えが豊かなチャイナタウンはありません。大手スーパーで手に入る限られた種類の野菜をを使い回す工夫が必要です。美味しいパンを食べたいなと思ったら自分でつくる必要があります。でもここはどうにかやりくりして、毎日の食卓に変化をつけています。


ということで、手元にある写真を何枚か共有します。もしかるすと「アフリカ」のイメージからは遠いかもしれませんが、参考になれば嬉しいです!


1312_kitchen04.jpg

インゲンのミモザサラダ、ひよこ豆のサラダ、烏賊と焼きトマトのストラッツァプレッティ、豚バラ肉の低温ロースト、パン


1312_kitchen05.jpg

菜心の炒めもの、焼き豆腐の香菜ソース、ぶり大根、あら汁


1312_kitchen01.jpg

鱒のちらし寿司


1312_kitchen03.jpg

チェブジェン(セネガル料理)


南アフリカ ブログランキング


(12月お題"キッチン")


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2013年12月28日
« 前の記事「ヨハネスブルグでのクリスマス難民化にご用心!」へ
»次の記事「園芸店が週末マーケットに大変身 Fourways Farmer's Market」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集