海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 灯台の下で味わうシーフード/ナミビア・スワコップム...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年3月 4日

灯台の下で味わうシーフード/ナミビア・スワコップムント情報


メール プリント もっと見る

灯台の下で味わうシーフード/ナミビア・スワコップムント情報

旅先での初めての食事が美味しいと、なんだかいい滞在になりそうな気がするのは僕だけでしょうか。


南部アフリカクルーズ の終着地はナミビアのウォルビスベイ。8日間を過ごした船とお世話になった人たちに別れを告げて、隣町のスワコプムント(Swakopmund)へと移動しました。


1502_lighthouse04.jpg


スワコプムントに到着して最初に入ったのが、海岸に近い22 Degrees Southというレストランです。直訳すると「南緯22℃」ですね。スワコプムントの北をこの緯線が通過していること、あるいはこの緯線がナミビアとボツワナの国境を決めていることが由来なのかもしれません。


1502_lighthouse01.jpg


まだスワコプムントに到着したばかりだったので、お店まで迷わずに行けるかな?とちょっと心配になりましたが、「灯台を目印に歩けば大丈夫よ」とゲストハウスのオーナー。なるほど灯台はとても目立つので、道に迷いたくても迷えそうにありません。


芝生が綺麗な外のテラス席はとても気持ちよさそう!と思ったら、お昼時は少し過ぎていたにもかかわらずなんと満席......。ギラギラ照りつける太陽を避けてお店の中で待つこと10数分、こまめに人の移動を確認して、ちょうどテーブルが空いたところで店員さんに声をかけてテラス席を無事確保しました(サービススタッフは忙しくて気が回っていなさそうだったので)。


1502_lighthouse02.jpg


この日は夜にドイツ料理を食べる予定があったので、軽くつまみながら飲むという感じで3品を注文。まずは生牡蠣です。うん、美味しい!


1502_lighthouse06.jpg


もう一品軽くつまめるものを、と思って頼んだのはフリットミスト。魚や烏賊、あと隠れてしまっていますが小エビがたくさん入っていました。揚げ具合がよく、素材の質も高いです。この時点でビールをお代わりしたような気が。


1502_lighthouse03.jpg


こちらは海老と魚の盛り合わせ。海老はちょっとスパイシーで、モザンビークを思い出す味。魚は軽く粉をはたいてソテーしてありました。海老の身がパサパサではなくてぷりっとしている様子、写真から伝わるでしょうか。


1502_lighthouse05.jpg


灯台の真下に位置しているだけあって、少し歩くと海岸が見えてきます。海岸にもカフェやレストランはありますが、どこも混み合っていてゆっくりとはくつろげなさそうな感じ。リラックスできるテラス席に美味しい料理、数分歩く価値はある一軒です。


お店の情報

●名称

22 Degrees South


●住所

Inside the Actual Lighthouse, Am Leuchtturm Street, Swakopmund, Namibia


●電話

+264-64-400380(ナミビア)


●ホームページ

ありません


Twitterもよろしくお願いします!

記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございます

ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立った、面白かったらワンクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2015年3月 4日
« 前の記事「コールドドリンクを買ってくれ」へ
»次の記事「地元の人にも、観光客にも愛されるレストラン/ナミビア・スワコプムント情報」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ホシヤブガメと地ビールのいい関係
    今年もやります「ヨハネスブルグ地ビール祭」 チケット絶賛発売中!
    わざわざ足を運ぶ価値あり! ボルダーズビーチのアイスクリーム屋さん
    石炭が雨で濡れたので、只今から計画停電を行います

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集