海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > ソウェトで自転車に乗って走る、走る! 旧黒人居住区...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 笠原 由晶

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月25日

ソウェトで自転車に乗って走る、走る! 旧黒人居住区で大冒険(中編)


メール プリント もっと見る

ソウェトで自転車に乗って走る、走る! 旧黒人居住区で大冒険(中編)

アパルトヘイト下に都市で働く労働者のために都市近郊に造られた居住区タウンシップの中で、ヨハネスブルグ郊外に設けられたソウェト(Soweto)は最大級のものの1つです。この街を自分の足でしっかり見て回ろう!ということで、Soweto Bicycle Tour に参加しています。


| 前編 | 中編 | 後編 |


旧労働者宿泊所が集まるエリアへ 足元には汚水が流れる

1506_soweto09.jpg


ガイドさんによる体力チェックを終えてから再び走り始めて間もなく、かつて男性専用のホステル(簡易宿泊所)として使われていた建物が軒を連ねている場所に到着しました。


1506_soweto10.jpg


これはシャックと飛ばれる掘っ立て小屋。見るからにすきま風が入り込みそうな構造で、この時期はとても厳しそうです。足元には汚水が流れています。ガイドさんの話によると、ここはソウェトの中でも生活インフラの整備がもっとも遅れている地域なんだそうです。


「ソウェトの人々は、反アパルトヘイト運動の先頭に立って不公正と闘ってきた(ガイドさん自身もソウェト蜂起に参加)。民主化が果たされたのに格差は広がり、富むのは一部の権力者だけ。共に闘ってきた仲間が政権を運営して20年も経つのに、今でもこんな環境での生活を強いられている人がいるんだ」とガイドさんは現状への憤りを隠しません。


1506_soweto06.jpg


子どもが人なつっこいのはどこでも同じ。後をついてきた子どもが「ンジャーニ」と挨拶してきたので「ンポケーリンジャーニ」と返したら、ちょっとビックリしていまいした。まあ、こんな顔をしたアジア人がシャンガーン語(南アフリカの公用語の1つ)を片言でも話すとは思わないよね。


ソウェト蜂起の現場を経て、2人のノーベル平和賞受賞者を生んだビラカジ通りへ

1506_soweto12.jpg


続いては住宅地を抜けて、ソウェト蜂起で13歳の少年ヘクター・ピーターソンが殺害された現場に到着です。


1506_soweto20.jpg


ヘクター・ピーターソンは、学校教育におけるアフリカーンス語の強制を受けて学生が主体となって行ったデモ行進、いわゆるソウェト蜂起の最中に、警察からの発砲によって亡くなりました。


この時の写真が全世界に出回ったことで、子どもにすら発砲するアパルトヘイト政権の残虐性が明らかに。これをきっかけに、国際的なアパルトヘイト批判の声が一気に高まったと言われています。


1506_soweto19.jpg


現在この場所には記念碑が設置され、当時の様子を伝えるヘクター・ピーターソン記念館も建てられています。週末ということもあってか、記念碑の前でたくさんの人が記念撮影をしていました。


1506_soweto13.jpg


少し自転車を走らせて、ネルソン・マンデラ元大統領の旧宅に到着です。「この通りは世界で唯一、二人のノーベル平和賞受賞者を輩出しているんだ。ソウェトのビバリーヒルズだよ」とガイドさん。ここでも、たくさんの人が記念撮影をしていました。


さて、出発からもうすぐ2時間が経とうとしています。この後もう一箇所立ち寄ってツアーは終了するはずだったのですが、これが思ってもみない展開に......後編に続きます!


| 前編 | 中編 | 後編 |


最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています。下のバナーかテキストをクリックしていただくと、ランキング順位が上がります。記事が役に立った、面白かったらクリックで応援お願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカ ブログランキング


記事のこぼれ話や南アで見つけたちょっと珍しいもの、独自に集めた南アフリカニュースなどについてつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです♪



ご意見・ご質問をお待ちしています!


下のコメント欄または kasahara.yoshiaki★gmail.com にどうぞ(★を@に変えてください)。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2015年6月25日
« 前の記事「ソウェトで自転車に乗って走る、走る! 旧黒人居住区で大冒険(前編)」へ
»次の記事「ソウェトで自転車に乗って走る、走る! 旧黒人居住区で大冒険(後編)」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    行ってきました、喜望峰!(その2)
    行ってきました、喜望峰!(その1)
    ワールドカップが人気過ぎてコンゴ民主共和国が停電の危機?!
    「勝ち抜けはコートジボワールとコロンビア」 南アフリカのメディアが分析
    巨大な壺がお出迎え ちょっと怪しげな中華食堂
    南アフリカのアジア人

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      笠原 由晶
      大学卒業後、料理人見習いなどを経て国際協力NGOに6年間勤務。妻の海外駐在を機に退職し、2012年4月から南ア在住。現在はハウテン州ヨハネスブルグとリンポポ州マカドを往復しながら、主夫業やニュース記事の翻訳を行う日々です。元バックパッカー。1981年京都府生まれ。南アでの愛称は「かちゃ」。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集