海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > ワーリントン Wallington でチャリティ ...

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年3月24日

ワーリントン Wallington でチャリティ ショップ巡り


ワーリントン Wallington でチャリティ ショップ巡り

ワーリントン Wallington にあるドイツ系スーパー、リドル Lidl に行く時は、その周辺にあるチャリティ ショップにも立ち寄る事を毎回楽しみにしています。チャリティ ショップとは、欧米や韓国などでは広く普及していて、70年の歴史を持つイギリスでは、国際協力のみならず、動物や自然保護、障がい者への支援、医療支援などを目的とした店が10,000店以上あります。(出典: 日本チャリティーショップ・ネットワーク

649D0807-0A22-4365-BFDF-4907340F1F1D.jpeg

数々のチャリティ団体

よく見かけるメジャーな団体は、昨年不祥事により著しいイメージダウンを被った、貧困撲滅を主に掲げる Oxfam、ガン患者への支援を目的にする Cancer Research、教育支援に尽力する Ofsted 等があります。その他にも、孤児や障がいを持つ子供のサポートを行なったり、キリスト教団体であったり、心臓病に特化した患者への支援、ホームレス、はたまた猫を護る為の団体であったり、思い付く限りの支援をする団体とショップがあります。

C316213C-0ABD-4EAE-B57A-C18442C511AE.jpeg

街角のチャリティショップに行ってみよう

大抵の町にはこれらのうちの、どちらかのショップがあるのですが、売られている品物は大体その周辺に住む市民からの物が多いはずなので、同じ看板を掲げる店でもバイヤーによって置かれている物が違うのと同じで、各地域によってセンスが微妙に異なる気がします。なかでも、私はこちらのワーリントン地域がお気に入り。まず、同じ通りに何種類ものショップが固まって軒を連ねているので、お目当ての物が見つかるまで何軒もハシゴをする事ができます。

4297AB45-3B1A-4732-AB81-436E2C4221F9.jpeg

売られている物も他地域に比べて幾分お洒落で、陳列の仕方からして見やすく綺麗で、購買意欲をそそられます。どちらも店員さんはボランティアで働いているのですが、この街では長年働いていそうな人が多く、いつ行っても同じ人がやっていたりすると、「あ、まだ元気でやってるんだ」とホッとして落ち着きます。特に、こちらの British Heart Foundation にいつもいるおじさんは、多分あまり興味を持つお客さんはいないだろうに、団体の為に会計時に色んな宣伝めいた声掛けをし、会計終了時には「とっても素敵で楽しく良い週末を!」のように?普通の挨拶よりもかなり長い文章でお見送りをしてくれます。恐らくとっても仕事熱心で、心の底からこちらの団体に賛同し、身をもって貢献しているのだろうと思われます。

82967EF0-9C7A-4854-8ECB-5EF2E0F71AF6.jpeg

日本ですと、リサイクルショップには物を「売りに」行きますが、こちらはそういうシステムはなく、完全なる寄付になります。タダの元手でこんなに(全般的に、中古でも結構お値段はする)売っちゃって、結構割のいい商売だよな、なんて性悪な事を考えたりもしてしまうのですが、ぐちゃぐちゃに寄付される物を綺麗に整えて、センスよく(意識高い系のお洒落なお店ですと、陳列する際に店員さんがディスプレイを一歩引いて確かめたりと、こだわっています。)並べたりするのは確かに骨が折れる事だし、勿論利益は団体の活動や経費に使われているのだから、十分消費に貢献する価値はあるよな、とも思います。

1F1D16FE-693C-4EDD-AA4B-F09AAD86E052.jpeg

何より、中古だけでなく、例えばポストカードなどは新品で、しかもスーパー等では見掛けないオリジナルでユニークなデザインだったりと、商品自体の価値も高いです。また、お気に入りや高級めのブランド品が中古価格という、掘り出し物に出逢えるのも魅力です。お菓子などの食品も置いている場合があり、組織柄フェアトレードという、これまた社会貢献できるチョコレートだったり、しかもそれがお洒落で珍しいデザインのパッケージだったりする事も多いです。

09092331-E520-4137-88EE-824A53CEDE9A.jpeg

お店での寄付の仕方

これまで日本にいた時は、そんなに気軽に何かを寄付したり支援する機会はなかったのですが、イギリスのチャリティ ショップですとこのように、自分も楽しみながら意図せずとも自動的に、その団体の支援になる点もものぐさな私には便利です。なお、購買ではなく品物自体を寄付したい場合、お店に持参すれば引き取ってくれます。その際、イギリスの納税者はギフト エイドという、そのショップの支援団体に、より多くの資金が落ちる仕組みに賛同する事を推奨されます。その為のカード作成を求められがちですが、一度作ってしまえば次回からはほぼ手続きなしで、すんなり渡せるので会社員など、税をイギリスに納めている人は登録すると双方にメリットがあります。

Cancer Research UK ワーリントン店
住所: 19 Woodcote Road, Wallington, SM6 0LH
アクセス: 鉄道 Wallington 駅徒歩約5分
営業時間: 日曜以外の9時〜17時
URL: https://www.cancerresearchuk.org/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 生活・習慣・マナー
2019年3月24日
« 前の記事「英語の勉強にも役立つデモ参加〜子供達による気候変動ストライキ〜」へ
»次の記事「イギリスの母の日 マザリング サンデー」 へ
ロンドン4特派員 新着記事
ちょっと地味?お堀がロマンチックな英ボディアム城
イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」
イギリスのディスカウント店「TKマックス」で年中お得にお買い物
レトロ・モダンな商店街が魅力!ロンドン南部の町サリー州「ライゲート」
デザート・ワゴンが魅力の、イギリス老舗スペイン料理店「エル・ニド」
クリスマスはどうなる?ロンドン町なか最新レポート
現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」
スコットランドの祝日「聖アンドリュー・デー」

イギリス ツアー最安値


2021/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集