海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > アンジェリーナの絶品ランチ付き!ギャラリー・ラファ...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月27日

アンジェリーナの絶品ランチ付き!ギャラリー・ラファイエットの新ショッピングサービスがお得


アンジェリーナの絶品ランチ付き!ギャラリー・ラファイエットの新ショッピングサービスがお得

pse1.jpg


空港の有料ラウンジや列車のグリーン席など、少し金額を出せば、ゆっくりと楽な時間が過ごせるのに、もったいない気がして結局我慢したことってないですか? 私はそういうことが多々あるのですが、それを躊躇せず「出してもいいな」と思えるようなサービスが、パリの百貨店ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店で始まりました。


「パリジャン・ショッピング・エクスペリエンス」というもので、特別料金を払うと、店内のプライベートラウンジへのアクセスやランチやデザート、復路送迎などが付きます。「買い物でお金使うのに出費を増やすのはちょっと......。そもそもお金持ち向けのサービスでしょ」と、最初は内心思ったのですが、体験せず決めつけるのも良くないと思い、取材してきました。

pse2.jpg


パリジャン・ショッピング・エクスペリエンスでは、1人69ユーロ、2人99ユーロ、3人129ユーロに料金設定されています。つまり人数が増えた方が1人あたりの料金は安くなります。そして同サービスには、以下の7つが付いてきます。


1. 復路送迎(パリ市内)
2. 館内プライベートラウンジへのアクセス
3. クロークの利用
4. 優先免税サービス
5. 購入商品の宅配サービス(パリ市内)
6. アンジェリーナでのランチまたはデザートタイムの食事
7. 限定ショッピングバッグのプレゼント


pse3.jpg


1は、パリ市内からギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店まで、ギャラリー・ラファイエットが手配したハイヤーで送り迎えしてもらえます。つまり買い物後のデパートからホテルまで、ドア・ツー・ドアで行けます。初めての人には分かりづらいパリの地下鉄やバスなど公共交通機関を使わず、スリに出会う心配もなく帰路につけます。


2のプライベートラウンジは、ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店内にある、お得意さま用の部屋で休憩ができます。しかもラウンジではドリンクがサーブされます。ソフトドリンクだけではなくシャンパンも頼めますよ。


pse4.jpg


3のクロークは、特に冬は重宝するサービスです。デパートに着いたらまず分厚いコートをクロークに預けて、身軽な服装で店内をショッピングできます。


4は、購入した品物の免税を、プライベートラウンジのスタッフが書類作成してくれます。多くの人で混み合っている一般向けの免税書類作成コーナーではなく、並ばずに手続きが済んでしまいます。


5は、24時間以内に購入商品を宅配してもらえるサービスです。復路
送迎が付いているので、ある程度のものでしたら楽に持ち帰れますが、かさばるものや、1つ1つが重いものをたくさん買うという人には重宝するサービスです。


pse5.jpg


6は、ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店に入る「アンジェリーナ」で、ランチもしくはサロン・ド・テを楽しめます。ランチ時間帯の場合は、本日のランチと飲物(グラスワイン含む)。サロン・ド・テの時間帯であれば、2種類のお菓子と飲物(シャンパン1杯含む)が付いてきます。


7としてもらえる、ギャラリー・ラファイエットの限定ショッピングバッグも、おしゃれでかわいいです。


pse6.jpg


数あるパリの百貨店系のサービスの中で、パリジャン・ショッピング・エクスペリエンスは私自身かなりおすすめ度合いが高いのですが、パリに初めて来る人の場合、これだけではお値打ち感が伝わらないかもしれません。そこで、さらに細かく計算して、お値打ち具合を明らかにしていきます。


まず、1のパリ市内の復路送迎ですが、パリ市内にある私の家(パリ左岸の中央部寄り)から、ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店までの料金を、フランスのタクシー会社G7のアプリで運賃計算してみたら、片道がおよそ17〜21ユーロと出ました。


6のアンジェリーナでの食事は、ランチ利用でもサロン・ド・テ利用でも、30ユーロほどかかります。復路送迎と合わせて1人50ユーロ。パリジャン・ショッピング・エクスペリエンスの1人利用分に近くなります。パリの中心部のホテルではなく少し離れた場所なら、さらにタクシー代はかかりますし、他のサービスを合わせてもお得感があるのではないでしょうか。


pse7.jpg


つまり、パリジャン・ショッピング・エクスペリエンスを使って、朝ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店で買い物しつつ、アンジェリーナでランチ(モンブランを食べたい人はサロン・ド・テ利用にしてもいいですね)。買ったものは宅配便でホテルへ送ってもらい、ギャラリー・ラファイエットからは手ぶらでパリ市内の別の目的地まで送迎車で向かう(またはホテルに帰る)、なんてことが可能です。


パリ滞在中の目的に、ギャラリー・ラファイエットでの買い物とアンジェリーナの予定を入れている人は、積極的に使って十分に元が取れそうなサービスです。


pse8.jpg


申し込みはギャラリー・ラファイエットの公式サイト から。そして「地球の歩き方 パリ特派員ブログ」読者向けの割引コード「ARUKIKATA」を使えば、表示料金からさらに10%割引になります。


ギャラリー・ラファイエット到着後は、本館1階にある「ル・コンシェルジュ」で受付をしてスタートです。


pse9.jpg


ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店では、パリジャン・ショッピング・エクスペリエンス以外にも、同コードで割引対象となる体験型アクティビティを開催しています。過去のブログ記事でも各サービスを取材していますので、併せてチェックしてみてください。


・マカロン教室
日本語でお菓子作りを学べる!ギャラリー・ラファイエット「マカロン教室」に参加してみた


・フランス産ワインのテイスティング
ギャラリー・ラファイエットの巨大ワインコーナーでテイスティング教室を楽しもう


・ファッションショー
気軽にパリコレ気分、ギャラリー・ラファイエットのファッションショーは誰でも参加が可能


【データ】
Galeries Lafayette Paris Haussmann(ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店)
住所:40 Boulevard Haussmann 75009 Paris
営業時間(本館・紳士館):9時〜20時30分(日曜は11〜20時)
営業時間(グルメ・メゾン館):8時30分〜21時30分(日曜は11〜20時)
定休日:1月1日、5月1日、12月25日
最寄り駅:地下鉄7、9号線Chaussée d'Antin La Fayette


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2019年8月27日
« 前の記事「第二次大戦「パリの解放」75年記念パレードが8月25日に開催される」へ
»次の記事「パリの新スポット「パリ解放博物館」でレジスタンス運動と地下施設を見学しよう」 へ
パリ特派員 新着記事
ワクチン証明提出で待機10日に短縮、フランスから日本への入国最新レポート【2021年10月9日】
パリの最高級ホテル「ブリストル」の看板猫ファラオンが退職し後継に息子のソクラット
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ予約が開始、2021年テーマは「明日への希望を歌おう」
パリのプランタンにエッフェル塔展望できる新スポットがオープン、世界最大級のサステナビリティフロアも
さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化
フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】
ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】
ワクチン接種証明提出で日本入国後の待機日数が14日間から10日間へ緩和【2021年10月1日〜】
1年前の同じ月に投稿された記事
ルーブル美術館に隣接、便利なカルーゼル・デュ・ルーブルの使い方
パリで話題、街角にある小用専用トイレ「ユリトロトワール」とは?
フランスのご当地キャラ、アステリックスの世界に浸れる遊園地「パルク・アステリックス」へ行こう
ヤノベケンジ×堀木エリ子「SHIP'S CAT」展がパリのカルーゼル・デュ・ルーブルで2018年8月28日まで開催中【ジャポニスム2018】
パリ5区で開催中のアート企画「Illustres ! C215 autour du Panthéon」でパンテオン周辺を巡ろう
パリを一望しながらくつろげるギャラリー・ラファイエット屋上テラス「ラ・パイヨット」
最新情報満載! 『地球の歩き方 aruco パリ 2019~2020年版』発売中です

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集