海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 日本入国後隔離の様子、検疫所が確保する宿泊施設と自...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年4月17日

日本入国後隔離の様子、検疫所が確保する宿泊施設と自主待機場所【新型コロナ渡航その3】


日本入国後隔離の様子、検疫所が確保する宿泊施設と自主待機場所【新型コロナ渡航その3】

7821.jpg


前回および前々回から引き続き、フランスから日本へ入国する際の様子をお伝えしています。


第1回「フランスから日本への帰国体験談、出発72時間前PCR検査証明の取り方
第2回「フランスから日本への入国の様子、羽田空港検査から隔離場所までの流れを順に解説


新型コロナウイルスの水際対策のため、フランスから日本へ入国する際の検疫が強化されています。そのため、以前より度々パリ特派員ブログでレポートしている状況から、大幅にシステムが変わっています。


2021年4月10~11日時点における、実際の入国体験を3回(フランス出国準備と検査証明/フランス出国と日本入国まで/検疫所指定の隔離ホテルと個別の待機場所まで)に分けて紹介します。

7828.jpg


検疫所が確保する宿泊施設と自主待機場所について


飛行機が無事日本に到着し、検疫も終わり入国したら、いよいよ14日間の隔離が待っています。


現在フランスは「新型コロナウイルス変異株流行国・地域」に指定されています。そのためフランスから日本に到着した人は、検疫所長の指定する場所での待機が求められます。そして、入国後3日目(入国日は含まれず)にあらためて検査を行い、陰性と判断された場合は検疫所が確保する宿泊施設を退所できます。


退所後は、検疫所が確保した宿泊施設からバスで到着空港へ戻り、そこから各自が公共交通機関の利用を避けて移動のうえ、入国後14日間の残りの期間を自宅や個別に確保した宿泊施設で待機することが求められます。つまり、順調に進めば「検疫所が確保する宿泊施設で3日間」「各自が手配する待機場所で11日間」の計14日間です。


「検疫所が確保する宿泊施設」は宿泊費および朝昼夕の3食が公費で賄われます。各自での手配は必要なく、また施設の希望・選択はできません。検疫所により割り振られます。「各自が手配する待機場所」については自己負担です。こちらは各自で手配が必要です。


羽田着アパホテルでの3日間隔離の様子(私の体験)


7822.jpg

▲宿泊施設で提供される食事例


今回の帰国において、私には検疫所が確保する宿泊施設として「アパホテル&リゾート両国駅タワー」が割り当てられました。日本入国後は、外部との接触がないようにグループで移動し送迎バスへ。そして羽田空港から1時間以内くらいの所要時間で、同ホテルに到着しました。14時過ぎに飛行機が羽田空港に到着し降機、すべての手続きを終えてホテルにバスが到着したのが21時半頃でしたので、約7時間かかりました。


バスがホテルに到着すると、密を避けるため数人ずつバスから降り、チェックインの手続きをします。チェックインの際には、体温計と部屋のカードキー、隔離期間中の注意事項が書かれたパンフレットが渡され、施設内でのスケジュールや禁止事項などの説明があります。その後、その日の夕食であるお弁当を渡され、部屋へ移動。長い1日が終わりました。


3日間の隔離期間中は、自分の部屋から一切出ることが禁じられています。ホテルの供用部分(廊下やロビーなど)も立ち入り禁止です。アパホテル&リゾート両国駅タワーの部屋の広さは、シングルまたはダブルでともに11平方メートル。そこに140cm幅のベッド、机、ユニットバスが入っていますので、室内で動けるスペースはかなり限られます。


7819.jpg

▲今回私が宿泊した部屋


スーツケースはベッド下に収納できるようになっていますが(今回、私はスーツケース2つと手荷物で帰国しました)、広げっぱなしにしておくと部屋の中のスペースはほぼなくなります。高層建築のためか部屋の窓は開きません。


私は部屋で過ごすことに、それほどストレスを感じない性格ですが、今回(私が宿泊したアパホテル&リゾート両国駅タワーの場合)は「部屋のスペース的に動くことができない」ことに、かなり負担を感じました。11平方メートルの部屋で3食同じような味付け・容量のものを食べ、3日間を動かず過ごす必要があるため、それを踏まえ入所者は個々に対策を考えておくといいと思いました。また3日間の健康管理については食事のウエイトが大部分を占めることになりますので、その状況を含めて、同ホテルの場合は食事内容がもう少し考慮されるといいとも感じました。


部屋の様子と3日間の食事については、「地球の歩き方パリ特派員」のTwitterアカウントに全食を載せましたので、そちらもご参照ください。



3日間のスケジュールは以下のような流れで進みます。


【0日目】
21:30頃 チェックイン


【1日目】
7:30 朝食配給
8:00 検温し専用サイトから報告
12:00 昼食配給
18:00 夕食配給


これとは別にアプリでの位置情報確認が午前と午後にランダムであり、厚生労働省「健康状態確認のお願い」メールの返信も必要。


【2日目】
7:30 朝食配給
8:00 検温し専用サイトから報告
12:00 昼食配給
13:00 退所バスの希望日時を連絡(後述)
18:00 夕食配給


これとは別にアプリでの位置情報確認が午前と午後にランダムであり、厚生労働省「健康状態確認のお願い」メールの返信も必要。


【3日目】

7:00 PCR検査
8:00 朝食配給
8:00 検温し専用サイトから報告
12:00 昼食配給
17:00 PCR検査結果と退所の通知
18:30 バスで羽田空港第3ターミナルに戻りそこで解散


これとは別にアプリでの位置情報確認が午前と午後にランダムであり、厚生労働省「健康状態確認のお願い」メールの返信も必要。


検疫所が確保する宿泊施設入所の注意事項(私の施設の場合)


7825.jpg

▲アパホテル&リゾート両国駅タワーの部屋に備え付けられていたアメニティセット


WiFiは無料(50Mbps前後)、テレビあり(VOD無料)、また部屋の電話から外線通話は不可です。ミニバータイプの小型冷蔵庫あり(簡易的な冷凍装置付き)。トイレなどは自室のもののみ使用可能です。スティック状のインスタント緑茶とコーヒー(粉末クリームと砂糖含む)あり。ペットの同伴不可です。飲酒・喫煙は禁止。


家族などからの差し入れやデリバリー、ネットショッピングは可能(21:00~翌9:00の宿泊施設着は不可)ですが、各室へは到着日翌日の午前中に届けられます。Uber Eatsなども頼めますが、同様に到着日翌日の午前に各部屋に渡されます。そのため常温で保存がきかない食品(例:すし、サンドイッチ、牛丼、カツ丼、コンビニ弁当、おにぎりなど)は取り寄せられません。荷物が各部屋に届けられる際には、職員立ち合いのもとで、アルコール飲料および危険物がないか中身の確認があります。


食事は一律で、時間になると部屋の外のドアノブに袋に入れられてさげられています。館内放送が流れたあとに、マスクを着用のうえ、部屋のドアを開けて食事を回収します。食事には毎回アレルギー表示のメモが添えられています。またアレルギーの有無は、空港到着時の検疫でその旨を聞かれていました。


7824.jpg

▲宿泊施設で配給された食事


宅配便の宿泊施設からの発送はできません。ホテル内での外貨両替は対応していません。コインランドリーはあり。有料(1回500円/洗剤自動投入、乾燥30分100円)で利用時間は10:00~17:00。コインランドリーの使用は人数制限があるため、内線で事前に利用を伝えて使います。タオルやお茶などの備品が足らない場合も、内線で伝えると補充されます。


ゴミは、配食時に配られるゴミ袋に入れて廊下に出しておくと、職員が回収します。


退所バスの運行日時について


7826.jpg

▲退所日に行ったPCR検査のキット


検疫所が確保した宿泊施設での滞在3日目の検査で陰性と判定された場合、フライトの到着空港である羽田空港第3ターミナルへ送迎が行われます。送迎は全員が乗車し無料。宿泊施設での解散はできません。


退所日の退所バスは、検査日(3日目)の16:00頃を予定していますが、検査に時間がかかった場合は遅れることもあります。検査結果に要する時間がかかる場合は、翌日10:00頃の便に振り替えられることもあります。


検査日の16:00のバスではなく、最初から翌日10:00のバスを選ぶことも可能です。その際は、1泊余分に検疫所が確保した宿泊施設で泊まります(費用は公費)。


羽田空港第3ターミナルから自主待機場所への移動方法


7827.jpg

▲羽田空港第3ターミナル到着ロビー


空港から各自が確保した待機場所(11日間)へは、公共交通機関を使わず移動することが求められます。公共交通機関を使わない移動とは、家族などの車による出迎え、ハイヤーの手配、検疫所が用意した巡回バス(海外からの待機帰国者専用:無料)などです。空港にアクセスしている列車、バス、モノレール、飛行機、タクシーは使えません。


私の待機場所は、検疫所が用意した巡回バスが通るルートにありますので、そのバスを使いました。同バスは空港周辺を定期的に2ルートで回っています。時刻表と乗車に際しての注意は、東京検疫所のウェブサイト をご覧ください。


7823.jpeg

▲検疫所が用意したバスの時刻表(東京検疫所のウェブサイトより)


自主待機中も、専用アプリによる位置情報の確認は、ランダムに行われます。時間が決められているわけではありません。アプリのビデオ通話による連絡含め、私自身もどのような判断で実施しているかはわからないため、時間などは詳細にお伝えすることができません。決められた通りに自主待機している分には、特に負担になるような通知と内容ではありません。


*同記事は2021年4月10~11日に移動した時点のものであり、出入国のシステムは今後も変更が予想されます。日本行きの準備には、日仏関係当局のサイトをあわせてご参照することを強くおすすめします。


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@shuzuiyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 交通・鉄道・航空 夜遊び・クラブ・お酒 旅行・ツアー・ホテル 治安・渡航安全情報 美容・健康・病院 通信・携帯・インターネット
2021年4月17日
« 前の記事「フランスから日本への入国の様子、羽田空港検査から隔離場所までの流れを順に解説【新型コロナ渡航その2】」へ
»次の記事「5月3日以降に外出制限緩和と中旬以降に美術館やテラス席の再開目指す、仏首相が会見【新型コロナ】」 へ
パリ特派員 新着記事
パリの最高級ホテル「ブリストル」の看板猫ファラオンが退職し後継に息子のソクラット
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ予約が開始、2021年テーマは「明日への希望を歌おう」
パリのプランタンにエッフェル塔展望できる新スポットがオープン、世界最大級のサステナビリティフロアも
さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化
フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】
ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】
ワクチン接種証明提出で日本入国後の待機日数が14日間から10日間へ緩和【2021年10月1日〜】
10月に日仏郵便局のコラボ切手が発売、グレンダイザー限定切手も仏で同時リリース【日本郵便×ラ・ポスト】
1年前の同じ月に投稿された記事
外出制限下でGWへ 1年前を振り返るとパリもいろいろありました
パリで探すルイ16世の足跡 フランス革命から断頭台に登るまで
2020年のイースターは家で楽しむ!ピエール・エルメとダロワイヨの復活祭限定チョコレート

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集