海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > ドイツの高速道路A3 レーゲンスブルク〜ニュルンベ...

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年3月 5日

ドイツの高速道路A3 レーゲンスブルク〜ニュルンベルク


ドイツの高速道路A3 レーゲンスブルク〜ニュルンベルク

バイエルン州は、この一週間学校が冬休みです。
ファッシング(カーニバル)の時期です。


昨日、家族で日帰り旅行に出掛けましたが、その前半の車を運転した私は改めて実感しました。
高速道路、かなり運転が大変です。


私は免許歴数十年ですが、普段は自転車が中心で、車の運転は大嫌い。
そういう前提ですが、もし、日本からドイツに来たばかりの方、旅行でレンタカー移動をされる方、
もしかしたら参考になるかもしれません。

何が大変かというと、ドイツの高速道路は、(多分)ご存知のように制限速度がありません。
勿論、工事現場や、カーブの多いところなど、制限速度があるところもありますが、大概はありません。


一応時速130kmを想定しているようですが、時速140kmちょっと出している車が多いと思います。
私達夫婦は、普通時速120kmで運転をします。そういう車も結構います。
問題は、バスやトラックが時速100kmで走行し、普通車が時速120〜140kmで、そして、時速160km程度の車がそこに混じります。


追い越さずにゆっくりと走ればストレスにならないでしょうが、安全運転で時速120kmで走っていることとします。
すると、追い越し車線に出るときに、後続車との車間距離やスピードの差を見ながら走るわけですが、車の混雑状況により、またはトラックの台数が極端に多い場所では、かなり大変です。


昨日私が走った高速道路、アウトバーンの3番(ドイツ語ではA3と言います)では、まさにトラックの台数が非常に多く、交通量も多いので本当に大変。1時間走って、もうダメ、と運転手を交代してもらった私は、その後20分間、心臓ドキドキ、腕がガタガタの状態でした。(普段私がよく使うレーゲンスブルク〜ミュンヘンのA93は、ここまでひどくはありません。)


また、スピードを出す車の中には、前の車が邪魔だと車間距離を必要以上に縮めて圧力をかけてくる運転手もいます。
追い越すとき以外は、右側車線を出来るだけ走り、他の運転手を荒立てないようにすることも大切です。
ちなみに、ドイツの高速道路での事故の多くは、追越車線で発生しすることを、頭の隅にとどめておいて下さい。


ドイツを車で移動しようと計画されている方、くれぐれも安全運転で、無理のない運転を心がけて下さい。
近隣の国の高速道路事情を含めた情報は、昨年2018年の4月にご紹介しています。こちら をご覧ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2019年3月 5日
« 前の記事「バイエルン州歴史博物館のオープンは、2019年6月5日!」へ
»次の記事「アディダスとプーマのアウトレット・ストア」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
イースターエッグ
天気が悪い日でも思いっきり遊べる、ナバダバドゥー
こんなドアを探してみよう
聖エメラム教会
レーゲンスブルク、観光便利情報
ヴァルハラ神殿まで行ってみましょう。
カフェ「アナはパンとコーヒーがお好き」
30年戦争中に建てられた、三位一体教会
大聖堂で探してみよう! その1
ドナウの支流のレーゲン川が凍りました
ガラス工房「Glas 49」
ミュンヘン国際空港
文房具、プレゼントのお店「シャウ・ヒ」
貧しい国を助けるコンセプト、雑貨屋さん「ウナ・テラ 一つの地球」

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集