海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 「カプチーノ」について

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月24日

「カプチーノ」について


「カプチーノ」について

私が喫茶店でカプチーノを飲む度に、ブログ上で色々コメントを書いています。
以前は、カプチーノはカプチーノであったのですが、美味しいカプチーノを知って以来、せっかくお金払うなら、美味しいカプチーノを飲みたいと思う気持ちが強くなりました。


まだ、そんなカプチーノ・ワールドに出会われていない方のために、今日は少しお話しようと思います。


実は私は東京で一人暮らしをしていた時代に、渋谷の喫茶店でカプチーノを一度だけ飲んだことがあり、私にとっては当時とても素敵な経験でした。
田舎暮らしをしていたら、そんなカプチーノとの出会いもなかったかもしれません。


そして、ドイツに来ていなかったら、
そして、義兄がバリスタの勉強をしていなかったら・・・
きっとこんなにこだわらなかったでしょうね。


IMG_7975.jpg

上の写真は、我が家の台所にある機械です。
写真右にあるのが、コーヒーミル。
手前がエスプレッソの機械です。これは重さが19kg。台所にどしっと存在感を持っています。



スイッチをつけてから機械が温まるまで15分は最低かかります。なので、朝起きたら、真っ先にスイッチを入れるのが日課です。
一応イタリア製の機械です。私がドイツに来てから実は3台目。古くて故障がちだった1台目と同メーカー、同スタイルの新しいものを合体させて2台目となり、その後より良い機械を求め、2台目を下取りに出し、現在ある3台目を購入。
ただ、機械が良くても、コーヒーを入れる人の腕が良くないと、せっかくのコーヒーも美味しいものになりません。
コーヒーミル(豆を挽く機械)も、コーヒー豆の種類を変えると、調整し直す必要があります。


私達は、バリスタの資格を持つ義兄からカプチーノの入れ方を伝授してもらっています。ですから、ほどほどのカプチーノは作れますが、流石にラテアート(泡立てたミルクで絵を描くこと)は出来ません。なぜなら、そのためには、まず完璧な状態のミルクが必要だからです。


ミルクを泡立てるのも、温度に気をつけながら、泡立つ音を聞きながら、正確な判断が必要なのです。

IMG_7981.jpg


まあ、私の腕では、これくらいのレベルですね。小さな気泡がいくつかありますね。これを、ミルクポットに入った状態で、机にトントンとし、多少気泡を消すともう少しはいいものになっていたはず(苦笑)。


プロのものは、例えば
IMG_3829.jpg

こんな感じです。泡のきめ細やかさが全く違います。
泡が細かいと、コーヒーに絡まるので、コーヒーそのものもまろやかになる訳です。
ちなみに、ここはイタリア人のバリスタのコーヒーが飲める、カフェ・バルバロッサ の作品です。

今度、喫茶店でカプチーノを注文し、ラテアートがあれば、ニンマリしてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2019年5月24日
« 前の記事「洪水情報 2019年5月23日正午頃」へ
»次の記事「第16回レーゲンスブルク・クラッシックカーラリー【予告編】」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
遅くまで太陽を楽しめる絶好の場所
良い季節です。ロッククライミングも大盛況。そして美味しい食事も忘れずに。

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集