海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > シュタットアムホーフの帽子屋さん、lilo(リロ)

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月10日

シュタットアムホーフの帽子屋さん、lilo(リロ)


シュタットアムホーフの帽子屋さん、lilo(リロ)

シュタットアムホーフというのは、レーゲンスブルクの北の地区、ドナウの川の向こう岸です。
ここは、ドナウにかかる石橋が、去年6月まで9年間工事中であったことの打撃を受けてはいましたが、また少しずつ活気を取り戻している地区、かつては、レーゲンスブルクの入り口にある町として、被害にあったり、ペストの流行った時代は、その打撃を受けたり、色々難しい地区でもありました。


歩道が極端に広い、シュタットアムホーフのメインストリートの両サイドに、幾つものお店が並んでいますが、その中の一つをご紹介します。


Liloという名前のお店は、その経営者である、若い帽子職人さんのお名前のようです。
IMG_9597.jpg


いつも、いつか入って見たいと気になっていたお店。
今日はショーウィンドウにあった、犬の柄の可愛い布で作られた、「平凡な」帽子が気になって、思い切って入って見ました。


小さな店内にたくさんの帽子が飾られています。いくつかのパターンがあって、布や、麦わらの帽子を中心に、作品が展示されており、奥の部屋で、実際に作業をされているようで、素材などが保管されています。お気に入りのパターンで、好みの色や布を指示し、特注することも可能です。その場合、およそ3週間の制作時間を予定する必要がありますが。

IMG_9596.jpg

そんな中で、私の目に留まったのが、雨の日用の帽子です。
ドイツで、雨の日に被る帽子なんて意識して見たことがなかったのですが、ガイドという職業がら、夏の暑い日には麦わら帽子を被り、冬にはフェルトの帽子を被る私。雨の時の帽子を所有していなかったのです。
(ドイツ最古の帽子屋さんとして知られる大聖堂斜め前の帽子屋 さんから、私はたくさん帽子を買っているので、帽子はもう要らないのですが、この雨の日用の帽子には非常に魅力を感じました。)


IMG_9595.jpg

次の雨の日に、団体旅行で私がご案内させていただく場合、ここの帽子きっとかぶっていることでしょう。
はい、お値段は正直決して安いものではありません。
でも、ちゃんとした専門の勉強をされた帽子職人さんが、ここシュタットアムホーフにお店を出しつつ、一つ一つ手作業で作っていらっしゃるわけですから、お金がかかるのは当然のことですよね。値段を見ずに、素敵!と思ったものを購入するのが一番だと思います。もし、私が自分で製作して他の人に売るのであれば、私だってこれくらいの値段をつけると思います。(私も洋裁をするので、気持ちはとっても分かります!)


なんて言いながら、私は一つ買って、そこから自分なりに型紙をおこして、新しく作ってしまうかもしれませんが(笑)。


お店の外観は、こんな感じです。

IMG_9598.jpg

バスターミナルから、旧市街に向かう際、右手にあります。石橋にたどり着く、ちょっと手前のことです。住所は、Stadtamhof 9になります。

IMG_9599.jpg

公式ホームページは、こちらからどうぞ。
http://www.lilokincaid.de

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2019年8月10日
« 前の記事「どこで泳ごうかと悩んだら。天気が良ければ、そうでなくてもオススメ、エアティーバート」へ
»次の記事「またまたシュタットアムホーフの職人さんのお店を紹介します!Kussというお店です!」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)
1年前の同じ月に投稿された記事
シュトラウビングの市民祭、ゴイボーデンフェスト
レーゲンスブルクで泳ぐ
ネパール・ヒマラヤ・パーク
ドナウ川の水量が下がっています
夜のレーゲンスブルク

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集