海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > やっぱり美しい。ため息をつくような初夏の夜景。

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年7月 9日

やっぱり美しい。ため息をつくような初夏の夜景。


やっぱり美しい。ため息をつくような初夏の夜景。

ドナウの流れるレーゲンスブルクは、世界遺産都市となってからもう14年。
月曜日の夜、石橋を自転車で渡ったとき、ふと見たピンク色に染まる空と上の方の夜の匂いがする濃い色の空とドナウに反射する光、町の街灯や建物の照明などの融合体の美しさにうっとりしました。
自転車で数名一緒に走っていたので、流石にちょっと待って!と言いづらく、とりあえず慌てて時計を見たところ、21時58分。
よし、明日天気がよければ、この時間にまたここに来よう!と思いました。


さて、家族で久しぶりに遅い時間へ町へ繰り出すことになった火曜日(コロナの影響で子供たちは今週は学校へ行かないので、こんなとんでもない計画が立てられたのですが)。

IMG_6351.JPG

夕食後、少し片付けてから20時45分頃、車で町に繰り出しました。駐車場に車を止めて、歩いてドナウの川にかかる石橋を目指します。
このまま進んで行くと、典型的な絵葉書の写真の撮影スポットです(ドナウの中州にあるソラートホテルの入口と反対側に、散歩道があります。そこは行き止まりですが、すてきな写真が欲しい方はぜひ一度行ってみてください)。


平日の夜なのに、若者がたくさん。ガラスのワイングラスとワインのボトル1本を持参して、カップルで飲んでいる人も居て、美しいから写真を撮らせて欲しいところでしたが、私も家族で過ごす時間なので、我慢我慢。


テイクアウトのピザと瓶ビールを持って、ピクニックマットを敷いて、というグループも。
石橋の付け根にもピザ屋さんがあるし、瓶ビールも簡単に買えるので、旅行者でも地元の人の真似をして、そんな夕べを楽しんでもいいですね。とにかく、コロナが落ち着くことを望むのみです。

コロナで外出を控えている間に、世の中は時計が止まったようになっているような気がしていますが、やっぱりいつものようにたくさんの人でにぎわっています。

IMG_6359.JPG

IMG_6398.JPG

IMG_6360.JPG

↑上の写真は、ドナウの川に映る建物がいい感じですよね。なんて、パッと携帯で撮影しただけですが、ガイドとして以前フォトジャーナリストさんを案内した際に、こんな角度で写真をとっていらっしゃったので、いいなと思った記憶が蘇ってきました。


普段、石橋のすぐ西のこの地区をしっかり観察することがないので、へえ、こんな家があるんだなあ、と思いながら写真を撮影。実は生まれも育ちもレーゲンスブルクの主人も、同じようなことを言っていました。


IMG_6401.JPG

石橋から旧市街を見たところ。橋のど真ん中は人がいませんが、これは、橋の左右に人がたむろしていて、通行人が途絶えると、ときどきこんなシャッターチャンスがあるのです。普段だと、ここに団体観光客などが移動をするため、ものすごい混みようですが。観光客が減るとこうなんだね、という感じを疑似体験できます。
実は、地元民にとっては観光客が多いことに対しては賛否両論です。ですから、皆さんも人が多いところではとりわけ、写真に夢中になって左右に飛び出さないように、道のど真ん中をどーんと陣取らないように、ご協力お願いしますね。


実は、子供も日中習いごとや外遊びでかなり疲れていたので、もう少し遅い時間まで待ちたいところでしたが、帰宅することにしました(もちろん、合間にお約束のアイスクリームを食べたので、目的は達成!というところです)。

IMG_6409.JPG

ブリュックマンドルという名前の石の像が石橋にあります。
12世紀に造られたレーゲンスブルクの象徴となる石橋。


今回石橋近辺のみを歩いたのですが、この石橋については、とっておき情報があります。
2018年4月6月 に石橋についての記事を書いていますので、そちらもぜひご覧ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2020年7月 9日
« 前の記事「初夏を家族で楽しむコース、アルトミュールタール」へ
»次の記事「吹奏楽器ファン必見、良心的な修理とアドバイスを受けられる場所プライショル」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
バイエルン料理のレストラン、アウアーブロイに行きました。
ドイツ人と誕生日
寒くなってもにぎわう園芸店に行ってきました。
【コロナ関連状況】10月の感染者数と学校、そしてレーゲンスブルクの様子
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
1年前の同じ月に投稿された記事
レーゲンスブルクのカフェ人気店上位常連、リナルディ
小さな醸造所、そしてそこで行なわれる醸造コース
プルーフニング城
夜中までも盛り上がる、ジャズウィークエンドと旧市街の夜景
ドイツ最古の音楽学校、卒業演奏会のお知らせ【予告】
バイエルン州で最大級のジャズフェスティバル、ジャズ・ウィークエンド【予告】
美味しいイタリアのサラミが食べたい人が行くべきお店、メルカート
歴史的ソーセージ屋さんで見つけた!暑い夏の日に手軽に飲める飲み物
ビッグバンド・コンサート、日曜日の夜、無料です!【予告】
バイエルン州歴史博物館の展示をしっかり見てきました
レーゲンスブルク東部地区、レン広場周辺
第23回 レーゲンスブルク市民祭

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集