海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > レゼンデ特派員ブログ > 迷子ペンギンにも会った!「イリャ・グランジ」後編

ブラジル/レゼンデ特派員ブログ 小宮 華寿子

ブラジル・レゼンデ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月26日

迷子ペンギンにも会った!「イリャ・グランジ」後編


迷子ペンギンにも会った!「イリャ・グランジ」後編

イリャ・グランジへの週末旅行。前編 でご紹介したボートツアーの続きです。



そろそろ陽も傾いてきた頃、レストランがあるビーチに立ち寄り、遅い昼食をとりました。大人達が食後のコーヒー片手にのんびりしていると、岩場から子供達の騒ぐ声。



何事かと駆けつけると、思いもよらない動物が!



018A.JPG 018B.JPG



マゼランペンギンです。



アルゼンチンやチリなど、もっと南の寒い地域の沿岸を主な繁殖地としているペンギンです。マゼランペンギンには、繁殖地を旅立って2~3年かけて海上を回遊、再び繁殖地に戻るという性質があり、その旅の途中に迷子になるペンギンがいるというのです。リオデジャネイロ付近や時にはもっと北の海岸に姿を見せることもあるそう。



無事にふるさとの繁殖地まで戻れるといいのですが...。子供達は迷子ペンギンが心配で、なかなかこの場を離れようとしませんでした。



山道を歩いて辿りつく絶景ビーチ



日曜日は2グループに分かれて「Lopes Mandes」というビーチを目指すことに。ブラジルで最も美しい海岸の一つと言われています。



トレッキングを楽しみたい人は約3時間のトレイルを歩いて宿からビーチまで。小さい子供がいる家族は、ボートで近づけるところまで近づき、最短コースだけ歩くことにしました。



我が家は最短コースで。それでも2歳児を抱え、5歳児の手を引いて歩くのは疲れるものです。ビーチサンダルで山道に入ったことを後悔しつつも、途中幾度となく会ったサルに励まされ、歩くこと40分ほど。



018C.JPG 018D.JPG



小道の先の視界が突然開け、たどり着いたのは3キロに渡って続く開放的なビーチ!



鬱蒼と茂る森との対比が印象的です。波打ち際から海と森とを見つめると、原始の風景に出合えたような気持ちにも...。



この日は夕方までここでのんびり過ごしました。



018E.JPG



秘密にしておきたいくらい素敵な島



イリャ・グランジでの過ごし方はまだまだたくさんあります。ガイド付きの本格的トレッキングツアーもあれば、マウンテンバイクで熱帯雨林を走り抜けることもできます。スキューバダイビングやシーカヤックも楽しめます。私もまた必ず訪れたいと思う本当に素敵な島であり、日本の多くの方にも訪れてみていただきたいです。



一方で、このまま旅行者が増え続けたらこの島は大丈夫かな?という気持ちにもなりました。何十年後でも何百年後でも、希少な動植物と美しい海岸が、迎えてくれる島であって欲しいです。



イリャ・グランジはエコツーリズムを掲げる島。この島を訪れる全ての旅人がそれを知っているだけでも、島の未来が変わってくるような気がしました。



018F.JPG 018G.JPG

記事向上のために教えてください。「役に立った」「興味深い」などの場合はクリックお願いします。

海外旅行(南米) ブログランキングへ




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2013年10月26日
« 前の記事「リオから一番近いパラダイス「イリャ・グランジ」前篇」へ
»次の記事「11月のハロウィンパーティ☆ブラジルのハロウィン事情」 へ
レゼンデ特派員 新着記事
最終回。ブラジルのかわいいものたち&ハンドメイド
暗中模索。ブラジルでの子育て
リオのカーニバル★チャンピオンズパレード!!! 急遽行ってきました
リオデジャネイロ州の澄んだ海!ブジオス&カボフリオ☆カーニバル休暇中のビーチは...
ブラジルのイルミネーションと忘年会恒例ゲーム
クリスマスバザー各所で。ふつうのおうちで開かれるバザーが楽しい!
サンパウロのビーチUbatuba(ウバトゥバ)へ。ホスピタリティあふれる宿でした
ブラジルのおもしろ学校行事。仮装で読書奨励?!

ブラジル ツアー最安値


2021/3/31更新

ブラジル 航空券情報


ブラジル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

地球の歩き方Web特派員募集