海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > レゼンデ特派員ブログ > リオデジャネイロ州の澄んだ海!ブジオス&カボフリオ...

ブラジル/レゼンデ特派員ブログ 小宮 華寿子

ブラジル・レゼンデ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月20日

リオデジャネイロ州の澄んだ海!ブジオス&カボフリオ☆カーニバル休暇中のビーチは...


リオデジャネイロ州の澄んだ海!ブジオス&カボフリオ☆カーニバル休暇中のビーチは...

昨年に引き続き、子供達の学校と幼稚園がお休みの1月は日本に一時帰国しておりまして、ブログの更新を長らくご無沙汰してしまいました。


P2150031.JPG


ブラジルは先週末の土曜日から水曜日(2015年は2/14~2/18)までカーニバル休暇で、ブラジル人たちはこのカーニバルが終わってからやっと、「1年が始まった。そろそろ本腰入れないと」と動きだします。これまで本腰を入れられなかった私もすっかりブラジル人です。


というよりその実、ブラジルと日本を行ったり来たりでかなり疲労困ぱい。雪がちらつく日本から灼熱の真夏レゼンデ。きっちり昼夜逆転の時差。飛行機の中に25時間、乗り継ぎ等含めて30時間の長旅。


さらに今回は私一人で子供3人を日本からブラジルに連れて帰ってきて、それはもう珍道中であることは想像していただけるかと思います。


P2150004.JPG


時差ボケがやっと完治したのは、このカーニバル休暇を利用して一日中太陽にあたっていたからかもしれません。


リオデジャネイロの海といえば、コパカバーナ海岸やイパネマ海岸が有名ですが、州都リオデジャネイロの街から2時間ほど離れれば、もっともっとずっと水が澄んだ海があります。


DSC07331.JPG


同じリオデジャネイロ州内でも、リオの街から西に行けばイリャグランジ(Ilha Grande。以前の紹介記事はこちら )がありますし、東に行けばブジオス(Búzios)やカボフリオ(Cabo Frio)、アハイアウドカボ(Arraial do cabo)といった美しいビーチを擁する町があります。


ブジオスとカボフリオ、アハイアウドカボは隣り合った町なのですが、何連泊かするのであればブジオスがおすすめ。


DSC07322.JPG


たくさんのビーチがあるのですが、上の写真のような小さなビーチにも、ボートタクシーでアクセスできます。


DSC07344.JPG


おしゃれなショップやレストランが立ち並び、ブジオスは様々な面で「整っている」ビーチリゾート。アルゼンチンなどからの海外旅行者も多いです。


DSC07441.JPG


しかし今回の休暇で訪れたのはカボフリオとアハイアウドカボ。ブジオスに比べてしまうと町の中に「何もない」のですが、海はこんなにきれいでした!


P2160061.JPG


出会う人々はどことなく素朴。滞在中の1日はボートツアーに出かけたのですが、乗り合わせた黒人の青年が、常に私達家族が付いてきているかを見守ってくれていました。


私達も旅行会話くらいであればポルトガル語が理解できるのですが、その青年はずっとジェスチャーで色々伝えてくれるのです。


そんなことがあって、気づいたこと。ブラジル人も私達を見て「どうしよう、外人が来た!言葉が通じない!」と思うんだろうなって。


私は人見知りで小心者なので、はじめて訪れる店などで、店員のブラジル人に対して「話しかけにくい....」と思うことがしばしば。でも一言こちらから「こんにちは」と挨拶すると途端にその人の顔がほころぶのです。


仕舞いには全く聞き取れないスピードで話し続けられることになるわけですが、ほころぶ前の無愛想にも見える顔は、私と同じように相手も緊張しているからなんですよね。


ビーチでも同じようなことがありました。子供達を砂浜で遊ばせていると、なにやら視線を感じます。女の人と目があったからニッコリしてみると、すぐさま近づいてきて、「子供達と一緒に遊んでいい?」と聞かれました。「日本人なの?日本大好き!」とも。


P2170090.JPG


それをきっかけに次から次へと他のブラジル人も輪に加わり、うちの子供達はたくさんのブラジル人に遊び相手になってもらっていました。日本人の子供がポルトガル語を話す度に皆が顔を見合わせ笑顔に。息子も娘もうまいなぁ、喜ばせるの。


男の人達が投網で小魚を獲ってきてくれて、砂で作った池に放すなど、砂浜遊びは盛り上がっていました。「海水浴客の多いこの海で投網を投げてきたのか!」というのにも驚きましたが、もう一つ、不思議な生き物を集めている人達を発見。


P2150022.JPG


エビの仲間の甲殻類のようですが、名前はわかりません。波打ち際の砂を浅く掘り返すように触ると見つかるのですが、かなりすばしっこく、捕まえたらすぐにペットボトルなどに入れていきます。


「持って帰ってどうするの?」と聞くと「油で揚げて食べるのよ。とっても美味しいんだから!」と。


今度はうちの子供達もこのエビもどき集めに夢中。それを見たブラジル人達がこぞって手伝ってくれるものだから、こんなに集まってしまいました。


P2150036.JPG


帰り際には「ポウサーダ(ペンションのこと)に泊まっていて、料理ができないのでこれも食べてください」と丁重に言い訳をして、手伝ってくれたブラジル人に渡してきました。


DSC05243.JPG


カーニバル期間中でしたから、夕方からは海岸沿いに仮装した人が集まってきます。仮装好きのブラジル人ですが、カーニバル中の男性の仮装は「女装」が定番。


コンサートやコンテストなどといったイベントがあるわけではなさそうですが、海岸通り全体が野外パーティ会場のようになります。


人が集まりだらだらっとお酒を飲んでおしゃべりして、イスを持ち込む人もいれば立って飲んでいる人もいるし、踊る人達もいれば見ている人もいるしといった感じです。だらだらっとしていますがリオのカーニバル会場のような治安を気にする緊張感など無縁で、皆リラックスしていました。


DSC07513.JPG


実はあと1か月と少しでブラジルを離れ、帰国することが決まりました。おそらくこれが泊まりがけでの旅は最後になります。ブラジルらしさを目いっぱい感じた旅がまた一つ増えました。子供達の心の中にはどう残っていくのかな...。


ブログはブラジルを発つまで続けたいと思います。もう少しお付き合いいただけると幸いです。


今回もお読みいただきありがとうございます。「役に立った」「興味深い」などの場合はクリックしていただけるとうれしいです↓↓

海外旅行(南米) ブログランキングへ


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2015年2月20日
« 前の記事「ブラジルのイルミネーションと忘年会恒例ゲーム」へ
»次の記事「リオのカーニバル★チャンピオンズパレード!!! 急遽行ってきました」 へ
おすすめ記事
レゼンデ特派員 新着記事
最終回。ブラジルのかわいいものたち&ハンドメイド
暗中模索。ブラジルでの子育て
リオのカーニバル★チャンピオンズパレード!!! 急遽行ってきました
リオデジャネイロ州の澄んだ海!ブジオス&カボフリオ☆カーニバル休暇中のビーチは...
ブラジルのイルミネーションと忘年会恒例ゲーム
クリスマスバザー各所で。ふつうのおうちで開かれるバザーが楽しい!
サンパウロのビーチUbatuba(ウバトゥバ)へ。ホスピタリティあふれる宿でした
ブラジルのおもしろ学校行事。仮装で読書奨励?!
1年前の同じ月に投稿された記事
土曜日からカーニバルが始まるリオ! 2015年以降の日程もお知らせ
ペルー旅行のベスト3!街歩きが楽しいクスコとほっこりニンニクスープ
高山病とコカ茶・アルパカも登場 ペルー勝手にランキング7位から4位
旅程&マチュピチュだけじゃない!ペルーの魅力ベスト10
マチュピチュ周辺のトレッキング事情。かなり熱いです!

[an error occurred while processing this directive]

ブラジル ツアー最安値


2019/6/26更新

ブラジル 航空券情報


ブラジル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

地球の歩き方Web特派員募集