海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ2特派員ブログ > ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月13日

ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ


ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ

先日、山の上でバカンスしたいなと思いつき、イタリア最北部に位置するオーストリアの国境に近い街、ボルツァーノ(伊語:Bolzano)及びその周辺のレノン高原を訪れたので、前回のトリエステ旅行に続き旅の記録をご紹介させて頂きます。
※「ローマ発!興味深い国境の町トリエステを訪れて」はこちら からどうぞ!


Bolzano_3.jpg


今回、訪れたボルツァーノは、2つの独立した県が一緒になった州「トレンティーノとアルト・アディジェ(伊語:Trentino-Alto Adige)」にあるアルト・アディジェ(伊語:Alto Adige)側の中心都市です。この特徴的な州の州都は、トレンティーノ(伊語:Trentino)側にあるトレント(伊語:Trento)になり、同州は特別自治州に指定され、イタリア国内には同様の自治州が5つあります。そして、それぞれ異なる性格を持った二つの県が広大な地域から成るため、場所によっては受ける印象も異なってきます。


Bolzano_5.jpg


ボルツァーノに到着するとイタリアを離れていつの間にオーストリアへ行っているかのような錯覚に襲われ、言語的にもイタリア語とドイツ語が公用語となっているだけあって、2つの言語が街のあちこちで見かけることができます。実際、イタリアの歴史よりもオーストリアの遺産をはるかに受け継いでいることから、建物もイタリアという感じがしない特徴的な街でもあり、レストランやホテルもイタリア名とドイツ名が並び、紛らわしい印象を受ける。


Duomo di Bolzano.jpg


市内にあるボルツァーノの大聖堂(伊語:Duomo)やその街並みと少し郊外にあり、宮廷詩人たちが広く語り伝えたと言われる恋愛物語の「トリスタン物語」のフレスコ画で有名な中世の城であるロンコロ城(伊語:Castel Roncolo)もイタリアにはない雰囲気を醸し出している。


Castel Roncolo_2.jpg


中世より築かれたボルツァーノの街を中心としたチロル地方は、19世紀からバイエルン、オーストリア、ナポレオンのイタリア王国に次から次へと支配され、最終的にはオーストリアに帰属されるもの束の間で第一次世界大戦後にはイタリアに割譲されている。まさにイタリアらしさも垣間見えるオーストリアの街という雰囲気を作り出しているのかもしれません。


Costalovara, Bolzano_2.jpg


児童文学の「アルプスの少女ハイジ」の場面にあるようなアルプスのおとぎの国をもっとも強く感じられるのが、雄大な山々に囲まれ、風光明媚な自然風景が広がるレノン高原(伊語:Altopiano Renon)がその一つだろう。


Altopiano Renon_2.jpg


アルプスの連なる山々から発するエネルギーを感じながらハイキングする場所で知られています。このレノン高原へは、ボルツァーノの街よりロープウェイで高原ハイキングへの入口となるソープラボルツァーノ(伊語:Soprabolzano)まで約12分程度で結ばれ、ソープラボルツァーノから乗車できる100年以上の歴史を持つレノン高原鉄道もまたこの高原ハイキングを充実させてくれる。


Ferrovia del Renon_1.jpg


この高原地域は、比較的イタリア語話者が多いボルツァーノと違ってドイツ語話者が中心になっていることからホテルやレストランも主にドイツ語で標記されている。また、この地を訪れるならレノンの土柱(伊語:Piramide di terra del Renon)は外せないだろう。侵食という自然現象が作り出したこのレノンの土の柱は、塔の上に帽子を被ったような形状が特異な印象を受ける。日本では徳島県にある阿波の土柱、アメリカ合衆国のブライスキャニオン国立公園の土柱と並んで、「世界三大土柱」の一つとして取り上げられているようだ。


Piramide di terra del Renon.jpg


高原ハイキングを中心に旅するなら是非、レノン高原内にあるペンション滞在がお勧めです。高原にあるペンションの宿泊料金にリッテンカード(ドイツ語の"リッテン=Ritten"は、イタリア語のRenonを意味し、レノンとなる)が含まれているペンションが多いので、このカードを使えば、滞在期間中に高原鉄道やロープウェイへの乗り放題、さらにボルツァーノ市内の博物館等の観光施設が無料で入場できるという嬉しいメリットを受けることができる。
※Ritten Cardについてはこちら


Costalovara, Bolzano_4.jpg


また、華やかなクリスマスマーケットと雪化粧した山々と煌びやかで美しい白銀の世界を持つことから"イタリアのクリスマスの都"でも知られているボルツァーノは、避暑地として有数の山岳リゾートとしての楽しみだけではなく、冬でもまた違った顔を覗かせてくれるので、タイミングが合えば再度、訪れてみたいものだ。


Lago di Costalovara.jpg


【アクセス方法】
ローマより1日1便のイタロ(伊語:ITALO)が運営する特急利用にて約4時間45分。トレニイタリア(伊語:Trenitalia)は1日5便で約4時間30分。又は、ベローナ経由にて普通列車にて約2時間30分とアクセスも可能。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景
2018年9月13日
« 前の記事「ローマ発!興味深い国境の町トリエステを訪れて」へ
»次の記事「秋の夜長には夜のヴァチカン美術館で芸術の秋を極めよう!」 へ
おすすめ記事
    ローマ2特派員 新着記事
    パラティーノの丘で ローマ建国神話を訪ねて
    フェンシング大国"イタリア"に挑戦する一人の日本人
    ローマ近郊でもっとも美しい海に出会えるビーチリゾート"スペルロンガ"
    ローマの水瓶!ブラッチャーノ湖とブラッチャーノの町
    秋の夜長には夜のヴァチカン美術館で芸術の秋を極めよう!
    ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ
    ローマ発!興味深い国境の町トリエステを訪れて
    避暑地"カステッリ・ロマーニ"地方で気ままなローマ郊外散歩

    イタリア ツアー最安値


    2018/11/16更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ2特派員

      ローマ2特派員
      田澤 龍太郎
      2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集