海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.70パリの「シャルリー・エブド」行進情報(1...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月11日

No.70パリの「シャルリー・エブド」行進情報(1/11)とフランスにおける「言論の自由」について所感


No.70パリの「シャルリー・エブド」行進情報(1/11)とフランスにおける「言論の自由」について所感

 フランスにおける言論の自由は、広く人口に膾炙し、ヴォルテールのものとされる下のフレーズに要約される。

  • « Je ne suis pas d'accord avec ce que vous dites, mais je me battrai jusqu'à la mort pour que vous ayez le droit de le dire. »
  • (あなたの意見には反対です。でも、あなたがそれを主張する権利は、命にかえても守りましょう)

 今回のシャルリー・エブド銃撃テロ事件 に、これだけ多くのフランス人が反応した理由の一つは、この「言論の自由」が、フランス人にとって、非常に重要なものだからだ。


 「言論の自由」は、もちろん他国でも擁護されているものだが、フランスではその概念が少しく異なるように思う。例えば、今回の事件にあたり、ワシントン特派員のフランス人記者が「アメリカのメディアは、(問題となった)シャルリー・エブドの風刺画を公表しようとしない」と発言しており、そのあたりにも「言論の自由」という概念自体の相違を感じさせられた。


 1月7日水曜日の事件よりこの方、多くの追悼集会や追悼行進が組織され、数多の人々が集まっているが、かといって、フランス人が皆シャルリー・エブドの出版物に賛成していたかといえば、決してそうではない。


 シャルリー・エブドの読者はごく一部に過ぎず、ヴォルテールではないが、むしろ眉をひそめて見ていた人のほうがずっと多いはずである。それにも拘わらず、集会に人が集まるのは、「言論の自由」を失うものかという意思表示であろう。また、その後ろには、反骨精神を尊ぶフランスの伝統も見え隠れしている。


 しかしながら、追悼の意と逆境への支援から始まった「Je suis Charlie(私はシャルリー)」という標語が、もし、ひとり膨張し、シャルリー・エブドを英雄のように持ち上げるようなことになったりすれば、抵抗を覚えるフランス人は、これまた少なくないはずである。

 もし、それに加えて、「左」の勢力が、この人々の動きを政治に利用しようとすれば、フランス人(特に知識層)は、案外すっと距離を置くのではないかと思ったりもする。


 ただ、中国の反日運動で身をもって知ったことだが、大衆のエネルギーというのは、つくづく無視できないものであるから、今後どのように世論が動くのかは、目が離せないところでもある。


 この週末、フランス各地で集会が予定されている。追悼の意と連帯を示すために集まった人々の意思が、そのまままっすぐ表明される集まりとなるよう祈っている。

70-1.jpg

  • パリでの追悼行進
  • 1/11(日)15時、la place de la République(レピュブリック広場)
  • 3コース(boulevard Voltaire、Bastille、avenue Philippe Auguste)に行進。最終的にplace de la Nation.(ナシオン広場)で集合予定。

《注意》

本日1/10には、ポー、ニース、オルレアン、マルセイユなどで、合計30万人が集まりました。ここリールでも強風と雨の悪天候の中、2万5千人が集まり、沈黙の行進を行いました。
明日のパリの集会も、多くの人出が見込まれており、非常な混雑が予想されます。集会への参加意思が強い場合を除き、この時間帯はレピュブリック広場方面を通るのは避けたほうが無難でしょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2015年1月11日
« 前の記事「No.69フランス北部トゥルコアンとベルギーを含むその周辺2015年イベント一覧」へ
»次の記事「No.71【コラム】越えられない国境はない:フランス、マジノ線」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集