海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.135フランス北部からイギリスへの道まとめ:...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年4月14日

No.135フランス北部からイギリスへの道まとめ:ユーロスター・バス・トンネル・フェリー


No.135フランス北部からイギリスへの道まとめ:ユーロスター・バス・トンネル・フェリー

 フランスの北の端、ノール県の県庁所在地Lille(リール)はベルギーとの国境近くにあり、首都パリからは230キロメートルも北。フランス地図だけを見れば、「都から遠いはずれ」のようなイメージがありますが、もっと大きな目で見ると、決して「はずれ」ではありません。


 具体的に数字を並べてみましょう。


ベルギー首都ブリュッセルから110キロメートル。
イギリスの首都ロンドンから240キロメートル。
オランダ首都アムステルダムから300キロメートル。
ドイツのケルンからも300キロメートル。
ルクセンブルグからも約300キロメートルの距離。


 特に高速鉄道の発達により、パリとはTGVで約1時間、ブリュッセルとは40分。ユーロスターでロンドンとは80分で結ばれているという近さ。


【ユーロスター】


 というわけで、ビジネストリップはもちろんのこと、観光でも、行き先がロンドンならば、一番便利な移動手段はユーロスター となります。

135-1.JPG

ユーロスター


 ただし、ユーロスターの難はやはり値段。時間帯によりますが、片道100ユーロ以上はかかります。一人ならばまだしも、家族数人で移動となるとかなり痛い出費です。

【国際バス】


 時間に余裕がある方は、No.87 でもご案内したiDBUS (イデビュス) を利用すれば、一人29ユーロの安さで、リールからロンドンへ運んでもらえます。所要時間は5時間40分。


 ヨーロッパを結ぶ国際バスの老舗Eurolines(ユーロライン) ももちろん通っています。


 ただ、目的地がロンドンでない場合は、ユーロスターiDBUSが便利とも限りません。

 ロンドンより東のカンタベリーなどは、ドーヴァー港からもそれほど遠くないので、車のある方には、特にユーロトンネルフェリーがお勧めです。

135-2.JPG

印象的なドーヴァーの白い断崖


【ユーロトンネル】


 ユーロトンネル というのは、列車に車やバスごと乗って、海底トンネルを渡るというもの。列車は、空洞のワゴンが連なるようにしてできていて、列車に乗っている間、車を降りて、体を伸ばすこともできます。


 人数ではなく、車一台の値段ですが、イギリスに滞在する日数によって、利用料金が変わります。最安で、32ユーロ(1-2日の滞在)から。スタンダード(長期滞在可)だと、102ユーロから。トンネルの中を通る時間は35分ですが、その前後も走るので、1時間近く列車に乗っているような印象があります。


 ユーロトンネルは、自転車でも乗ることができます。時期によって値段が異なりますが、自転車は片道18イギリスポンド から。

 お天気が良ければ、イギリスの田舎を自転車で走るのはさぞかし気持ちがいいことでしょう。


 実は、前述のイデビュスユーロラインもこのユーロトンネルを通ります。イデビュスは、ロンドン行きのみですが、ユーロラインは、リール⇔ロンドンだけでなく、リール⇔ドーヴァーの利用もできます。往復62ユーロから。


【フェリー】


 車で渡る話に戻ると、ユーロトンネルのあるカレからは、フェリーも多く出発しています。

 こちらのサイト では、My Ferry Linkや、DFDS Seaways、P&O Ferriesといった船会社とユーロトンネルの時刻表と値段の比較ができるようになっています。


 フランス北部で一番大きな港はカレですが、リールから見ると、カレよりも近く、90キロメートル弱の距離にあるのが、ダンケルク


135-3.jpg

ダンケルク・カレ・ドーヴァー・リールの位置関係


 このダンケルクからも、ドーヴァー行きのカーフェリーが出ています。


 船会社は、DFDS Seaways ダンケルク⇔ドーヴァー以外に、カレ⇔ドーヴァーや、アムステルダム⇔ニューキャッスルなども運航しています。車一台+大人一人で、片道49ユーロから。


135-4.JPG

DFDS社の船


 先日初めてこの便を利用しましたが、他の船がないためか、コントロールも混雑がなくスムーズで、快適な船旅でした。対岸のドーヴァーまで所要時間2時間10分。船の中には喫茶店やレストランが複数あり、のんびり過ごすことができます。


135-5.JPG

船内の様子


 デッキはなく、外には出られないようになっているのが残念でしたが、小さなお子さん連れには、かえって安心できる作りだと思います。

 船内には、レートはあまりよくありませんが、両替施設もあります。


 ユーロスター、長距離バス、ユーロトンネル、フェリー。移動目的や目的地に合わせて、その都度、より良い移動方法を選んでみてください。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2015年4月14日
« 前の記事「No.134本日パリRER Cは麻痺状態です(4/13)」へ
»次の記事「No.136英仏海峡の向こうはコジーな魅力にあふれたイギリスの田舎:カンタベリー、ライなど」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集