海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.235フランス北部にしかない伝統スポーツって...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月22日

No.235フランス北部にしかない伝統スポーツって?


No.235フランス北部にしかない伝統スポーツって?

フランスの北、トゥルコアンには、複数のBourloire(ブルロワール)と呼ばれる場所が存在します。


235-1.JPG

ブルロワール


ブルロワール?と聞いて首をかしげるのは、外国人ばかりではありません。フランス人だって知らない名前です。実際、6万語を解説するフランスの代表的辞典『Le Petit Robert(ル・プティ・ロベール)』にも載っていない単語なのです。


実は、「ブルロワール」は、「Bourle(ブルル)」をする場所のこと。ブルルというのは、ここノール県に残る古いスポーツです。ゲームといった方が近いかもしれません。

いつ頃発祥なのかはわかりませんが、古くは1382年の8月4日に、公道でブルルをすることを禁じる文書が残っていますから、それより前から庶民の間に広まっていたものと考えられます。


ブルルというのは、このゲームの名前ですが、使うのもブルル。


235-2.JPG

クルミの木で作ったブルル


形は丸いチーズに似ています。トゥルコアンでは、主にクルミの木の芯を使ってつくったブルルを使います。これを細長い形のブルロワールで転がして、反対側に描かれた円の中心「étaque(エタック)」と呼ばれる場所に一番近いところにブルルを転がしたものが勝ちとなります。


235-3.JPG

白い円の中心にエタックがあります

写真では良く見えませんが、転がす力が強すぎると、行き過ぎて、円の向こうの溝に落ちるようになっています。
なんとなく、フランスの南部発祥のペタンクとボーリングを混ぜたような感じですね。


簡単そうに見えますが、実はブルロワールの地面は、平面ではなく、微妙に湾曲していて、それぞれ特徴があります。また、ブルル自体も左右対称な重さではなく、転がす面も均等には作ってありません。ですから、ボーリングのボールのようには、まっすぐ進まず、ふらふらと曲がりくねりながら進むようになっています。


235-4.JPG

まっすぐとは進まないブルル


競技は通常4人ずつのチームで対戦し、多くの場合8回戦まで行って、点数を数えて結果を出します。


自分の番が終わったら横で一杯やりながら、他の人のブルルを眺めたりします。上に、「スポーツというよりゲーム」と書いたのはそのためです。


このブルル、面白いことに、ノール県では多く残っているのに、すぐ南のパドカレー県では一か所も見つけられていないそうです。

ところが、南にちょっと間をおいて、フランス西部、Angers(アンジェ)のあたりにも残っているのだそうです。不思議な話です。


また、このあたりと長く歴史をともにしてきたベルギーにももちろん、ブルルの伝統が残っています。


フランス・ノールのブルル協会本部は、トゥルコアンにあります。


そこで見せてもらったブルル。普段使うものの他、非常に重いガイアック(日本語名ユソウボク)と呼ばれる木で作った大きめのブルルもありました。足の上に落とすと大変なことになると会長さんは笑っていましたが、いや、まず持ち上げられないでしょう、という重さ。


235-5.JPG

ガイアックのブルルの重いのなんの...


地方によっては、もっぱらこのガイアックのブルルを使うようです。


昔は、カフェの裏や工場の空き地に設置されていたブルロワール。その後屋根もつけられて、屋内になりました。一日の仕事のあとの大人の気晴らしだったのでしょう。


ノール県では今も31のブルル・クラブ が活動しています。


No.234 に書いたように、トゥルコアンでは、来週週末もヨーロッパ遺産の日のイヴェントが続いています。ブルロワールも5か所で一般見学可能、お試しもさせてもらえます。


  • 1) コンコルド・ブルロワール(住所:2 rue de Seclin, Tourcoing)9/26(土)14時~19時と、9/27(日)9時~13時。
  • 2) エクスポジシオン・ブルロワール(住所:27 rue de Strasbourg, Tourcoing)9/27(日)9時~13時
  • 3) ノートルダム・ド・コンソラシオン・ブルロワール(住所:105 rue du Pont de Neuville, Tourcoing)9/26(土)14時~19時と、9/27(日)9時~13時。
  • 4) ノートルダム・ド・ルルド・ブルロワール(住所:119 rue Ingres, Tourcoing)9/26(土)15時~19時
  • 5) 聖クリストフ・ブルロワール(住所:34 rue du Moulin Fagot, Tourcoing)9/26(土)14時~19時、9/27(日)9時~13時


フランス北部にしかないアクティヴィティ、この機会にぜひ親しんでみてください。


235-6.JPG

いろんな地方のいろんなブルル


(冠ゆき)

(9月お題"アクティビティ")

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り スポーツ・観戦 文化・芸術・美術
2015年9月22日
« 前の記事「No.234まだ続きます、トゥルコアンの「ヨーロッパ遺産の日」」へ
»次の記事「No.236フランス・リールを飾る「ルネッサンス2015」」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.14フランス人のお気に入り:ラピシーヌ工芸美術館へ行こう!
No.13【コラム】或る一兵士の記録―100年目の命日に
No.12 アムステルダムで、ボートに泊まろう!
No.11 いよいよ今週末(9/20-21)!「ヨーロッパ遺産の日」トゥルコアン周辺ならどこへ行く?
No.10 ノルマンディー上陸ビーチの見どころ案内
No.9【コラム】1914-1944-2014:その弐
No.8 フランス北部で揚げ物といえば、いわずと知れた××!
No.7 九月第三週末「ヨーロッパ遺産の日」をお見逃しなく!
No.6【コラム】1914-1944-2014:その壱
《注意》フランス国鉄、切符の有効期限が変わりました!
No.5 今週末(9月6-7日)はリールの蚤の市です!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集