海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トゥルコアン特派員ブログ > No.371今日からパリ―リル間に無料Wifi!T...

フランス/トゥルコアン特派員ブログ 冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月31日

No.371今日からパリ―リル間に無料Wifi!TGVのサービスInOui


No.371今日からパリ―リル間に無料Wifi!TGVのサービスInOui

フランスの鉄道網を使うのは、言わずと知れたフランス国鉄SNCF(エス・エヌ・セー・エフ)。鉄道のうち、フランス国土を走る高速列車はTGV(テー・ジェー・ヴェー)と呼ばれます。日本でいう新幹線のようなもので、基本的にパリと主要都市を結びます。


371-1.JPG

今日から使えるパリ―リル間の無料Wi-Fi


フランス北部に来るには、パリ―リル間のTGVが一番ポピュラーです。250kmの距離を約1時間で結びます。実は、今日(2017年5月31日)からこの路線のTGV内で、無料Wi-Fiが使えるようになりました。


すでにパリ―リヨン間では使えるようになっていた無料Wi-Fi。今後も使える路線は増えて、2017年末までには、国内80%のTGV路線で使用可能となる見通しだそうです。


7月2日開通パリ―ボルドー間TGVサービスはInOui


ところでTGVと言えば、7月2日には、パリ―ボルドー路線が開通します。これにより、現在約3時間半かかるパリ―ボルドーが、2時間5分で結ばれることになります。


実は、先日5月27日に発表された写真を見ると、パリ―ボルドーを結ぶ高速列車は色もデザインも一新されており、車体には、InOui(イヌイ)の文字が!
同時にSNCFは、今後、従来のTGVサービスを改良し、これをInOuiと名付けると発表しました。


この発表は、ネット上でかなりな反響を呼びました。どうやら、フランス人の「TGV(テージェーヴェー)」への愛着はかなり強いようで、ほとんどは反発の声。それを受けて、かどうかは知りませんが、そのあと、SNCFは「TGVの名前はそのまま残るけれど、TGVに関するサービス名をInOuiと名付けるのだ」と、改めて発表しなおしたくらいです。


フランス国鉄、3年がかりのサービス改良計画


5月29日のRTLのラジオインタビュー によれば、InOuiについての要点は次の通り。


*7月2日以降、SNCFは高速列車に2つのサービスを準備する。


*ひとつはローコスト高速列車であるOuigo(ウイゴ)(Ouigoについては、No.249 をご覧ください)


*もうひとつがInOui。


*InOuiの特徴は、3点:
(1)より快適に
(2)ネットサービス(無料Wi-Fiなど)
(3)乗務員によるサービスの充実。


*乗務員のサービスを可能とするため、検札(今までは車内検札)を、乗車前に行うようにする。


*列車を徐々に新しくしたり、ホームでの検札場を作ったりする予算は、3年で25億ユーロ。

TGV路線のSNCF独占使用は2021年まで


TGV内の無料Wi-Fiに限って言えば、


・すでに利用可能なのがパリ―リヨン間。
・今日から利用可能なのがパリ―リル間。
・次に7月2日から利用可能となるのがパリ―ボルドー間。
・2017年末には80%の路線で利用可能。
・100%のTGVで利用可能となるのは、18か月後と見込まれています。


SNCFが、従来のサービスを向上しようと頑張っている裏には、TGV路線のSNCFによる独占使用が、2021年までであることと関係します。ライバル会社が参入してくるまえに、利用客をなんとか確保しようという算段なわけです。目標は、それまでに、乗客を1500万人増やす!というもの。


理由はどうあれ、利用客としては歓迎したいサービス向上。反発の多いInOuiという呼び名が、どのくらいフランス人に受け入れられるのかも興味深いところですが、とりあえずは、SNCFの努力に期待したいところです。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 交通・鉄道・航空 通信・携帯・インターネット
2017年5月31日
« 前の記事「No.370ただいま開催中第70回カンヌ映画祭にまつわるあれこれ」へ
»次の記事「No.372朗報!パリの日曜ショッピングが可能に!」 へ
トゥルコアン特派員 新着記事
No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!
No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて
No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中
No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会
No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県
No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?
No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!
No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!
1年前の同じ月に投稿された記事
No.314初夏は湖畔の美術館in千葉でチャイナ・ハンドクラフト!
No.313ダンケルクは今1940年のDunkirkとなっています
No.312今週末は美術館で夜更かししよう!
No.311大人も子供も楽しめるリールのZepオープンミュージアム
No.310連休の週末、リールでは巨人の洗礼式!
No.309フランス北部、連休を楽しむイベントいろいろ!
No.308フランスも五月は連休!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トゥルコアン特派員

    トゥルコアン特派員
    冠ゆき
    山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
    Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集