海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > クリムトが捧げるベートーベンへのオマージュ 1

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年11月18日

クリムトが捧げるベートーベンへのオマージュ 1


クリムトが捧げるベートーベンへのオマージュ 1

完全武装の勇者横長-c.jpgグスタフ・クリムトと言えば、日本でも人気を博す代表傑作Der Kuss(接吻)を描き、浮世絵や日本の家紋からも作風に多大な影響を受けたことで有名な20世紀のウィーンの画家ですが、そんなクリムトがベートーベンの第九へのオマージュとして作成したのがBeethoven Frieze(ベートーベン・フリーズ)。


------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆Secessionsgebaude(ゼツェシオンスゲボイデ/分離派館)
ゼセッション外観3-a.jpgそのクリムトのベートーベン・フリーズが見られるのがこちら、Secessionsgebaeude(分離派館)。1897年から1898年に掛けて、ウィーン分離派の展示施設として建設されました。
このセセッション館はカールスプラッツとナッシュマルクトの丁度中間に位置し、白い建物の上には"金色のキャベツ"との愛称を持つ月桂樹のドームが戴かれているのが何よりの特徴です。
(オーストリアの50セント・コインのモティーフにもなっているので、要チェック!)


ゼセッション外観2-b.jpg他の建物群とは一線を画し、神秘的な雰囲気を醸し出すセセッション館に近付くと、白い外壁に金色で施された美しい植物の装飾や、ゴルゴン三姉妹の頭部彫刻が明らかになって来ました。
(三姉妹はそれぞれ「絵画、彫刻、建築」を表すのだそうです)
更に上を見上げると、
"DER ZEIT IHRE KVNST
DER KVNST IHRE FREIHEIT"
 
とありました。訳すと、
「時代にはその芸術を、芸術にはその自由を」
となります。


◆ベートーベン・フリーズ(帯状装飾)の小部屋

ベートーベンフリーズの小部屋2-b.jpg入口でチケット買い、階段を下って地下へと向かいます。
内部は意外に小さくシンプルな構造で、1階入り口にチケット売り場とお土産ショップ、そして地下にセセッション館の模型とベートーベン・フリーズの小部屋があるのみ。
フリーズが「帯状装飾・装飾帯」等と称されるように、ベートーベン・フリーズも白く塗られた壁の上部にのみ、ぐるりと小部屋を囲んた帯状に描かれています。


◆場面1: 幸福への憧れ

精霊と完全武装の勇者-c.jpg

左から順に絵を見て行きましょう。
上空には精霊たちが連なって浮遊しており、このモティーフを辿ると、「幸福への憧れ」という場面に行き当たります。
人生の苦悩を象徴した裸の男女が「完全武装の勇者」(黄金の鎧の騎士)に助けを請い、この騎士は人類を代表する者として、幸福を探求しています。また勇者を包み込むようにそっと寄り添う二人の女性は、それぞれ「同情」と「功名心」を偶像化したもの


◆場面2: 敵対する力

場面2敵対する力大-a.jpg

次に現れるのが「敵対する力」というシーン。
ここでは、人類が敵対する力、すなわち危険や誘惑といった世の中に潜在する敵に立ち向かう状況が描写されています。
絵の左手に見られる熊のような様相の獣は、神話の怪物テュフォーン
画像右手、テュフォーンが大きく広げた羽の中にうずくまる痩身女性は、「我々の心を蝕む悲しみ」の象徴。

ゴルゴン三姉妹拡大版-a.jpgゴルゴン三姉妹-b.jpg

テュフォーンの左側に悩ましげなポーズで立つのは(上左写真では二人)テュフォーンの娘にして、セセッション館の入り口にも登場したゴルゴン三姉妹
上に気持ちのワル~い女性がいますが、これは「病気・狂気・死」との寓意が込められています。
更にテュフォーンの右側に佇む艶やかな三人の女性(右写真)。これもまた「淫欲・不貞・不節制」の具現像。
一人、おデブちゃんがいますよね?この肥え太ったお腹が「不節制」の表現だそうですが、著者は"突き出たお腹とまわしの様な服装"から、てっきり角界の人気力士かと思いましたよ。(少し上のテュフォーンの写っている写真で確認して下さいね!)


◆場面3: 詩

詩-b.jpgまたもや浮遊する精霊たちに導かれ、辿りついた次のシーンは「」。竪琴を手にした女性は詩そのものを象徴。人類の幸福への憧れが詩に慰めを見出し、癒されるというのがテーマです。
とても美しい表現ではありますが、絵や音楽などの芸術において、「説明されるまで意味がさっぱりわからなかった」という事態が著者にはよく起こります。
そう云えば、中学や高校の美術の時間でも、著者は何を表現しているのか不明瞭な絵を描いておきながら、「これは心の奥底に潜む深い闇を表している」、「自然崩壊を嘆き悲しむ姿だ」などと、後付けの立派な注釈とともに担当教師に提出したところ、毎回高得点が貰えたのを忘れません。

でもそれと天才画家クリムトさんの傑作を一緒にしちゃいけませんよね?(笑)
もっと学究的人生を送れば、いずれ解説なしでも絵画が面白いように読み解ける日がくるかも知れません。

話の途次で逸れてしまいましたが、お次はいよいよ最後のクライマックス・シーン、「この接吻を全世界に」が登場します!長くなってしまったので、次回掲載しますね。お楽しみに!

<続編: クリムト傑作「この接吻を全世界に」2
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
デコバナークリムト敵対する力-c.gif もし今回のクリムト記事を興味深く読んで貰えましたなら、
ぜひ左のゴルゴン三姉妹クリックにご協力お願いします!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2010年11月18日
« 前の記事「へんてこ兜満載!の武器庫博物館 2」へ
»次の記事「クリムト傑作「この接吻を全世界に」2」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンde大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    1年前の同じ月に投稿された記事
    12月13日からウィーン南駅が閉鎖になります!
    ウィーンのクリスマスマーケット
    ガチョウ料理を楽しむMartini Gansl
    オーストリアの新型インフルエンザ情報

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集