海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 名誉挽回?カフェ・オバラーのリンツァートルテ

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年2月16日

名誉挽回?カフェ・オバラーのリンツァートルテ


メール プリント もっと見る

名誉挽回?カフェ・オバラーのリンツァートルテ

先週、ウィーン市内のスイーツ店・カフェオバラーを訪れた時のこと。
用事ついでにザッハートルテ購入を思い立ったのですが、その横に陳列された「とあるトルテ」に目が釘付けに!!!
店員さんの勢い込んだ"Bitte schoen!"(ビッテシェーン/ご要望は?)の圧迫商法 掛け声に急かされ、考えを巡らせる間もなく決断を迫られたので、ザッハートルテと共に、件のトルテも思わず注文に入れてしまいました。
それがこちら。

Oberlaa-linzerschnitte-201302-b.jpg

リンツァーシュニッテ by カフェオバラー。
リンツァートルテとは、オーストリアにおけるアッパーオーストリア地方州都、リンツ発祥の焼き菓子。
「世界一古いレシピの残るトルテ」とも称され、リンツの博物館にはそのレシピが堂々と展示されるとともに、リンツの人々が非常に誇りに思っているスイーツ。
トルテの詳しい説明と著者が初めて食べた際の所感とは以前の記事、「リンツの街を歩けば ~リンツァートルテを食べよう~ 」に記されているので、そちらをご参照いただければと思います。
ただ、お時間のない方のためにリンツァートルテの偉大さを一言で表現するならば、
「あのトルテを一口食べた時の目の前が暗転するさまは、落馬した時以来の衝撃だった」
とだけ伝えておきましょう。一口で人をノックアウトにするとは、凄いケーキもあったものです。


(※シュニッテとは四角いケーキ、トルテは丸いケーキのこと)


そのような曰くつきのトルテを、たとえオバラーの店員に急かされたからとはいえ、なぜオーダーしてしまったのか?
リンツといえば、オーストリア第三番目の都市であり、オーストリアで二番目に指定された欧州文化都市。とはいえ、やはりウィーンに比べるとまだまだのどかな田舎といった風情の街。
そのリンツで食べるオリジナルのリンツァートルテと、皇室御用達のスイーツ店が日々しのぎを削るウィーンの菓子店の洗練されたものとでは、味の質が違うだろうと(失礼ながらも)期待したわけです。
帰宅する道すがら、リンツで文字通り"味わった"悪夢のような思い出が幾度も胸に去来しましたが、カフェ・オバラーのリンツァートルテならば、都会の人々のために、さぞやうまいインタープリテーションが施されているはずだと、思わずトルテを否定しそうになる自分を戒め続けました。


そして夕食後のデザートに、遂に実験開始!
一口食べたところ、リンツで味わった岩に噛みつくようなごつい食感、砂漠の食べ物と間違いそうなぱさぱさとした乾燥感、そして既にもとのフルーツの味を留めていない、人間の感知しうるあらゆる味覚を超えた超絶的な甘さなどの危険要素は、いずれも感じられず!!!
ただこの時点で気付いたのが、著者はナツメグやらシナモンやらをアーモンドとクルミの生地に練り込んで、ジャムを挟んで焼き上げた、このリンツァートルテそのものが、好みでなかったということ。
極甘加減や極度の乾燥感以前の、嗜好の問題だったようです。
ということで、この度も一口食べた後に夫にすべて寄付してしまいましたが、夫も元来リンツァートルテを好いてはいなかったので、しぶしぶ処分するといった体で、食べ進めていました。
とはいえ、以前は完食のまるで叶わなかったリンツ発のリンツァートルテですが、オバラーのものは味が自分の好みでさえあれば、完食可能であるわけです。ナッツやアーモンド、シナモン等に目のない著者の母親などであれば、ひょっとして「美味しい」と言ってくれるかもしれません。
いやぁ、偉大なカフェ・オバラーのインタープリテーションのお陰で、遂に歴史的なリンツァートルテも日本人が食べることが可能なものとなりました!全くめでたいことです。


ご興味のある方は、ウィーン各地にあるカフェ・コンディトライ・オバラーにてぜひご試食下さいね!


Kurkonditorei OBERLAA Wien / クアコンディトライ・オバラー・ウィーン
・1区のケルントナー通りそば: 1010 Wien, Neuer Markt 16
・ナッシュマルクト内: Naschmarkt 175

デコバナーいつかはお空を飛びたい藤子-a.gif藤子ちゃんに応援クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2013年2月16日
« 前の記事「ウィーンの危険区域、および犯罪」へ
»次の記事「オリジナルに勝てるか?カフェ・オバラーのザッハトルテ」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"
    1年前の同じ月に投稿された記事
    頭上の雪にご注意を!
    え、こんなお土産ありですか!?
    チロルのケーキ屋さん
    緑溢れるガーデンで、オーストリアの朝食を
    大氷穴とマンモス洞窟に入場!
    ウェイターにご注意!
    アルトミュンスターでの、ある夏の一日
    お洒落ダイニング ~番外編~
    ワサビのリゾット!? お洒落ダイニング2日目レポート 2
    寒がり必見!ウィーン観光用の防寒対策
    天ぷらにマンゴ!?お洒落ダイニング 2日目レポート
    ダイヤモンドダストの舞うウィーンの街
    ガーデニング・ブティック併設のスタイリッシュなレストラン
    マロングラッセとメレンゲのイガイガ・モンブラン

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集