海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ベラージオ・秋のボタニカルガーデンは「園芸の達人」...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月19日

ベラージオ・秋のボタニカルガーデンは「園芸の達人」たちも登場


メール プリント もっと見る

ベラージオ・秋のボタニカルガーデンは「園芸の達人」たちも登場



記録的な暑さだったラスベガスの夏も終わり、今月始めのレイバーデーを境に秋の気配が深まってきました。
まだまだ日中は30度を越すものの、吹き抜ける風は少しひんやり。

季節の変わり目にいつもお伝えしているベラージオのボタニカルガーデンでは、
今月17日から秋のディスプレイが始まりました。


収穫祭がテーマの今回のディスプレイは、秋の野原を駆け回る子馬たちがお出迎えしてくれます。



Bella_garden_091811_05.jpg
草で覆われたボディに、つんつんのたてがみがかわいい子馬たち。楽しそうな雰囲気が伝わってきます。


いつもながら、効果的に使われている噴水のアーチは見ていてあきません。
Bella_garden_091811_06.jpg
Bella_garden_091811_07.jpg



お喋りをする木の精もまた登場です。
Bella_garden_091811_11.jpg
Bella_garden_091811_12.jpg
愛嬌たっぷりの顔は、まぶたや目じりの筋肉(?)が動いて、表情が変わるんですよ。
そして、低いもっそりした声で、「・・・ウェール・・カム・・トゥ・・ベーラージオ~」なんて声をかけてくれます。


Bella_garden_091811_08.jpg
秋ですね。。。

Bella_garden_091811_09.jpg
収穫祭を象徴するカボチャやとうもろこしがそこら中にディスプレイされていますが、
ほんもののカボチャに混じって、カーネーションの花で作られたカボチャもありました。

Bella_garden_091811_10.jpg
そしてこちらは、とうもろこしで覆われて作られた巨大とうもろこし!すごい発想。


さて今回は、このボタニカルガーデンに、"Mr. and Mrs. Green Thumb" (ミスター・ミセス グリーン・サム)
なる人たちが登場しています。
「グリーン・サム」は緑の親指ということになりますが、親指が緑色になってしまうくらい植物を いじっている、
つまり「園芸の達人」のことを言うんだそうです。
彼ら・彼女らはいわゆる案内役といいましょうか、ボタニカルガーデンに関するどんな質問にも答えてくれる達人たちです。

Bella_garden_091811_02.jpg
ガーデンにさらっと溶け込む色合いのシャツと麦藁帽子が目印のミセス グリーン・サム。
さすがベラージオ、ステキなユニフォームです。

Bella_garden_091811_01.jpg
今日の「ミセス園芸の達人」お二方。 シャツの胸に輝くネームプレートも「Mrs. Green Thumb」なんですよ。
(真ん中の方は、植物に水やりをしていたメンテナンスマン)
毎日10:30amから11:30amの1時間、2名のGreen Thumbがガーデン内にスタンバイして
皆さんの質問に答えてくれます。


そして、ベラージオ・ギャラリー・オブ・ファインアート(ベラージオ美術館)の風景画展
「 Sense of Place: Landscapes from Monet to Hockney」も引き続き開催中ということで、
展示作品の中から、今回花や葉っぱで作り出されたのは、Vik Munizの作品、
"Montagne Saint Victoire, seen from Montbriand, after Cezanne"。
Bella_garden_091811_03.jpg

オリジナルの作品はこちら。
Bella_garden_091811_04.jpg
http://www.vikmuniz.net/より。

ということで、何度訪れても新鮮で楽しいボタニカルガーデン、これからラスベガスへいらっしゃる方は、
ぜひ一度のぞいてみて下さいね。

Bella_garden_091811_13.jpg

いつ来ても、ガーデンを楽しむ人でいっぱい。



■これまでのボタニカルガーデンはこちらからどうぞ

○ベラージオ・この夏のガーデンはリバティ・ベル、白頭ワシ、そしてカーニバル  
○いよいよ春!ベラージオのボタニカルガーデン(2011)  




【Bellagio Botanical Garden】 
- べラージオホテル内(宿泊していなくてもガーデンに入れます) 
   *べラージオ正面入り口から入ってチェックインカウンターを左に見ながらまっすぐ進むと、
    つきあたりがボタニカルガーデン。
- 24時間オープン・無料 
- 通常クリスマス前には、ホリデーシーズのディスプレイに変わりますが、
  日にちがわかったら追記します。

View Larger Map


人気ブログランキングへ   Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2011年9月19日
« 前の記事「フリーモント・イーストの元気なフードトラック・イベント」へ
»次の記事「ミラージュに 2頭の赤ちゃんイルカがお目見え♪ ドルフィン・ハビタット」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識
    1年前の同じ月に投稿された記事
    小さくて静かな町:ブルーダイヤモンド
    スプリングス・プリザーブで初めてのムーンフェスティバル(中秋節のお祭り)
    ベラージオ・今年の秋の顔は・・・
    隠れた名所かも?ロストシティ博物館-Lost City Museum

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集