海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > ご当地カレーを楽しもう!お肉の老舗が作った「甲州信...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年10月 6日

ご当地カレーを楽しもう!お肉の老舗が作った「甲州信玄豚カレー」&「富士山黒牛ビーフカレー」


ご当地カレーを楽しもう!お肉の老舗が作った「甲州信玄豚カレー」&「富士山黒牛ビーフカレー」

CIMG5744.JPG
こんにちは。北杜・山梨特派員の水月です。はや10月。ここ北杜市は都心よりも早く冬を迎えます。もうすっかり温かいものが恋しい季節に突入しました。
ということで、山梨みやげにぴったりのご当地カレーを紹介します。創業70年を誇るお肉の老舗「ミートデリおおた(オオタ総合食品)」が作ったカレーなんですよ。
これまで紹介したご当地カレーの記事はこちら。
【お家でフォトジェニック!「青い富士山カレー」&「赤い富士山カレー」】
【ご当地カレーを楽しもう!シャインマスカットの「シャインカレー」&きみひめの「黄金三日月カレー」】
CIMG5770.JPG
ではさっそく「甲州信玄豚カレー」(税込594円)からいってみましょう。
袋のままお湯で3分温めます。ご飯にかけてラップして電子レンジでチンしてもOKです。
*価格は、双葉サービスエリア下り線で購入した金額です。双葉サービスエリアを紹介した記事はこちら。
【富士山の展望抜群!中央自動車道「双葉サービスエリア(下り線)」】
CIMG5782.JPG
ジャーン! できました。あ、いい香り。隠し味に「ワインペースト」を入れているそうです。
箱には、こうあります。
「山梨特産・ワインの搾りかすから生まれた、ワインの力をギュっと閉じ込めた"食べるワイン"です」
豚肉が口のなかでとろける~ワインペーストたっぷりで煮込んでいるからこそのやわらかさなんでしょうね。ほどよい中辛の辛さはどなたでも食べやすい感じ、クセのない豚肉の旨味がたっぷり詰まっています。信玄豚、ゴロゴロ入っています。10個くらいありますね。そのひとつひとつが、さすが「甲州信玄豚」というおいしさです。
「甲州信玄豚」は、飼料の配合から豚舎の環境までとことんこだわって飼育した甲斐の自然に育まれたブランド豚なんですよ。
CIMG5786.JPG
北杜市明野町産のマイクロトマトのピクルスを添えてみました。
カレーに手がかからない分、サラダに手をかけるのもまた楽し。
CIMG5745.JPG
では「富士山黒牛(くろうし)ビーフカレー」(税込918円)にいってみましょう。こちらも3分ボイルします。レンジでチンでもOKです。
CIMG5753.JPG
おお! ビーフカレーだあ、という牛肉の大きさ。存在感ばっちり。うん、こちらの方がスパイシーですね。中辛ですが信玄豚カレーよりちょっと辛目かな。赤身の旨味が自慢だという「富士山黒牛」ならではのあっさりしたカレーに仕上がっています。箸が、いえ、スプーンが止まらない。これ、いくらでも食べられそう。
「富士山黒牛」は、富士河口湖町の標高1000mもの自然豊かな高原地帯で富士山の雪解け水を飲み育ったブランド牛なんです。あっさりなのにジューシーで旨みたっぷりと評判の牛肉です。
CIMG5758.JPG
山梨県産の大塚人参のピクルスを添えてみました。


なかなか旅に出られないという方も多いかと思います。
そんなときに、ご当地カレーをお取り寄せして旅の気分を味わうのもまた楽しいですよね。
お肉の老舗が作ったご当地カレー、おいしいですよ!
********************
■ミートデリおおた(オオタ総合食品株式会社)
・URL: http://www.smile-ohta.jp/
*カレーの味については特派員の個人的な感想です

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2020年10月 6日
« 前の記事「東日本最大121mの落差が圧巻!日本の滝百選「精進ヶ滝」と「石空川渓谷」」へ
»次の記事「おいしい秋を満喫しよう!風味豊かな自家栽培きのこ~「白州・山の水農場きのこ専門店」」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
ご当地カレーを楽しもう!山梨の大自然が生んだ「甲州ワインビーフカレー」&「甲州ワインビーフシチュー」
八ヶ岳、富士山、南アルプス連峰を望む絶景スポット!紅葉に彩られた「八ヶ岳高原大橋」へ
疲れを癒やす山梨土産~「ももっこぶどう酢漬け」&「大塚にんじんぶどう酢漬け」
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~小さい秋みつけた
真っ白に初冠雪しました!「八ヶ岳」&「南アルプス連峰」
ふらりと立ち寄りたくなる駅前通りのコーヒースタンド「PEI COFFEE(ペイコーヒー)」産直野菜もあるよ!
おいしい秋を満喫しよう!風味豊かな自家栽培きのこ~「白州・山の水農場きのこ専門店」
ご当地カレーを楽しもう!お肉の老舗が作った「甲州信玄豚カレー」&「富士山黒牛ビーフカレー」
1年前の同じ月に投稿された記事
そろって初冠雪! 雪化粧した富士山、八ヶ岳、南アルプス連峰の山々
田舎暮らし&野菜作り・庭造りを体験しよう~「南アルプスクラインガルデン」
パノラマリフトで空中散歩~標高1900mで珈琲タイムしよう! 「サンメドウズ清里」&「清里テラス」
四季折々の花にハーブに癒される~勝沼「ハーブ庭園・旅日記」

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集